プラチナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プラチナイト
ジャンル 深夜バラエティ番組
出演者 各番組の項目を参照
エンディング 各番組の項目を参照
製作
制作 日本テレビ(月・火・土曜〈金曜深夜〉)
中京テレビ(水曜)
読売テレビ(木曜)
放送
音声形式 番組状況による
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年4月 -
放送時間 放送時間を参照
放送分 55分
公式サイト
夜は別バラ22:54
放送期間 2002年9月30日 - 2004年3月31日
放送時間 月曜 - 木曜 22:54 - 23:24
放送分 30分
夜は別バラ
放送期間 2004年4月1日 - 9月
放送時間 月曜 - 木曜 23:40 - 翌0:10
放送分 30分
しんバラ
放送期間 2004年10月4日 - 2005年3月31日
放送時間 月曜 - 木曜 23:40 - 翌0:20
放送分 40分
バリューナイト
放送期間 2005年4月4日 - 2012年3月29日
放送時間 放送時間を参照
金曜プラチナイト
放送期間 2019年5月4日 -
放送時間 土曜 0:30 - 0:59
放送分 29分

特記事項:
金曜プラチナイトの初回は0:40 - 1:09に放送。

プラチナイト』は、日本テレビ読売テレビ中京テレビの曜日代わり制作により、系列月曜日から木曜日の深夜に放送されている番組であり、土曜日の未明に日本テレビをはじめとする同系列局の一部で放送されている番組の総合キャッチフレーズである。

概要[編集]

コンセプトとしては「夜の別冊バラエティー」。ゴールデンタイムとはまた違った趣で楽しむバラエティー番組ゾーンを作る事を目指した。2002年9月30日に「夜は別バラ22:54」としてスタート、『NNNきょうの出来事(以下きょう出来)』との枠交換に伴い、このタイトルとしての放送は、2004年3月25日に放送終了。

スペシャル番組やプロ野球中継延長などの都合で放映開始時刻が日本時間の22:54(カウキャッチャー含む)より遅くなった場合はロゴマークの「22:54」の部分は消去されることがあった。

なお、「夜は別バラ」は日本テレビのみ『きょう出来』と入れ替わる形で2004年3月29日から23:40 - 翌0:10(JST)に移り(番組そのものは原則として全国ネット)、2004年10月4日から『しんバラ』と名称を変えたが、さらに2005年4月からは『バリューナイト』に名称を変え、10分拡大。2005年10月からは『スポーツMAX』から引き継いだスポーツニュースの新番組『スポんちゅ』と枠を入れ替えて、従来より10分短い23:25 - 23:55に放送される。

そして2006年10月からは『きょう出来』・『スポんちゅ』の2番組が統合され『NEWS ZERO』へ移行するため、23:55 - 翌0:26の放送となり、さらに、2007年10月から『NEWS ZERO』の3分拡大に伴い、23:58 - 翌0:29に繰り下がった。

2011年7月4日から3ヶ月間は月曜版が深夜ドラマの放送枠になったことで、バリューナイト枠で週に2本深夜ドラマが放送された。2012年1月10日から3ヶ月間は火曜版がドラマ枠となった。

2012年4月改編により、当枠は『プラチナイト』へと改題し、放送時間も31分間から55分間へと拡大した[1]。木曜日の読売テレビ制作枠『木曜ミステリーシアター』は『プラチナイト』枠に含まれなかったが、2013年4月から『木曜ドラマ』に改題され、「木曜版」として再び組み込まれることになった。

また、これ以降、改編期を中心に、通常の番組を休止し、『プラチナイト』のレーベル付きのまま、単発番組や3夜連続ドラマ[注 1]を放送することがある。この場合、当時一部曜日版に限って時差ネット局であった中京テレビ(後述)でも臨時でキー局同時ネットに変更することがある。

2013年9月30日以降、前座番組『NEWS ZERO』が月 - 木曜日が23:59終了に変更となったため、当番組の開始時刻は23:59に繰り下がった[2][3]

2019年4月からは、水曜版が中京テレビ制作枠となり[4]、『バリューナイト』時代の『サルヂエ』ゴールデン進出に伴う制作枠消滅以来約14年ぶりに中京テレビ制作枠が復活する格好となる。なお、中京テレビはこれと引き換えに、自社制作2番組への差し替えに伴う「プラチナイト」火曜版(2019年3月時点では日本テレビ制作『ウチのガヤがすみません!』)の翌日未明での時差ネットを解消し、日本テレビと同時ネットに変更する[5]。さらに、翌月の5月からは『夜は別バラ22:54』時代から通じて史上初めて土曜になってからの開始とはなるものの、「金曜版」が他の4曜版と同レーベルでバラエティ番組が放送されることとなった[6]。なお、「金曜版」は同年3月までの『プラチナプラス』枠(土曜 0:30 - 0:59(金曜深夜)、全編ローカルセールス枠)を放送日時・放送のセールス形態を変えず、そのまま置き換える形で『金曜プラチナイト』として、中居正広出演の新番組『新・日本男児と中居』を開始した[7](同年4月中の「金曜版」相当枠〈旧:『プラチナプラス』枠〉は毎週異なる単発番組で穴埋め)。

なお、月 - 木曜版に限り、全編ネットワークセールス枠であるものの、水曜版の中京テレビ制作枠と木曜版の読売テレビ制作枠『木曜ドラマF』は一部がナショナルスポンサー[注 2]、それ以外の日本テレビ制作枠は全編ローカルスポンサーである。

放送時間[編集]

放送期間 放送時間(JST
総称 月曜版・火曜版・水曜版 木曜版 金曜版
(土曜未明に放送)
2002.09 2004.03 夜は別バラ22:54 月 - 木曜日 22:54 - 23:24(30分) (枠設置なし)
2004.04 2004.09 夜は別バラ 月 - 木曜日 23:40 - 翌0:10(30分)
2004.10 2005.03 しんバラ 月 - 木曜日 23:40 - 翌0:20(40分)
2005.04 2005.09 バリューナイト
2005.10 2006.09 月 - 木曜日 23:25 - 23:55(30分)
2006.10 2007.09 月 - 木曜日 23:55 - 翌0:26(31分)
2007.10 2008.09 月 - 木曜日 23:58 - 翌0:29(31分)
2008.10 2012.03 月 - 水曜日 23:58 - 翌0:29(31分) 木曜日 23:58 - 翌0:38(40分)
2012.04 2013.03 プラチナイト 月 - 水曜日 23:58 - 翌0:53(55分) 廃枠
2013.04 2013.09 月 - 木曜日 23:58 - 翌0:53(55分)
2013.09 2019.04 月 - 木曜日 23:59 - 翌0:54(55分)
2019.05 現在 土曜日 0:30 - 0:59(29分)

放送された番組[編集]

ここでは前身の『夜は別バラ22:54』・『しんバラ』・『バリューナイト』も含め放送された番組を紹介する。なお、特記事項の無い番組はいずれも日本テレビ製作。

夜は別バラ22:54[編集]

(2002.9 - 2004.3、22:54開始)

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日

※特番編成で22:54に開始できない日は『夜は別バラ』のみのタイトル(「22:54」を外す)で放送されていた。但し、野球延長で結果的に22:54に開始できなくなった日はそのまま『夜は別バラ22:54』として放送。

夜は別バラ[編集]

(2004.4 - 9、23:40開始)

  • 月曜日 - サルヂエ(中京テレビ制作)
  • 火曜日 - サバコン
  • 水曜日 - おすぎとピーコの金持ちA様×貧乏B様 ※曜日を火曜日から移動
  • 木曜日 - アフリカのツメ(読売テレビ制作 ドラマとバラエティーのコラボレート番組)

しんバラ[編集]

(2004.10 - 2005.4、放送時間10分延長)

  • 月曜日 - サルヂエ(中京テレビ制作)
  • 火曜日 - カミングダウト ※土曜深夜から移動
  • 水曜日 - 不幸の法則
  • 木曜日 - アフリカのツメ(読売テレビ制作)

バリューナイト[編集]

(2005.4 - 2012.3)

2005年4月11日スタート。当初は23時25分からの放送だったが、『NNNきょうの出来事』が『NEWS ZERO』へと改編された影響で、2006年10月2日より放送時間が30分繰り下がり、23時55分からとなった。その後、3分繰り下げて23時58分になる。

また、2005年4月から2006年9月末までは日曜0:50 - 1:50(土曜深夜)に関東ローカルで『バリューナイトフィーバー』という単発特別番組枠があり、バリューナイトへの昇格、ひいてはゴールデンタイムの新番組を狙う週替わりの新企画の番組を放送していたが、2006年10月に終了(後番組は『黄金の舌』)。これを引き継ぐ形で『サタデーバリューフィーバー』と改題し土曜昼の時間帯に移動している。

2008年9月当時、地上デジタル放送では月〜水曜日(日本テレビ制作)はハイビジョン制作(HD))、木曜日(読売テレビ制作)は4:3標準画質で放送されていたが、木曜日も10月からの『木曜ナイトドラマ』よりハイビジョン制作になった。2010年度からアナログは全てレターボックス16:9サイズでの放送になった。

また木曜日のみ放送時間も9分拡大の40分番組に変更された(月曜 - 水曜まではこれまで通り31分番組である)。

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日

木曜は読売テレビ制作。

プラチナイト[編集]

(2012.4 - )

2012年4月よりスタート。月曜 - 水曜の放送時間を翌0時53分まで拡大し55分番組となった。2012年7月12日未明(11日深夜)までは、前日放送分の本編に引き続き、0:53 - 0:59に関東ローカルで関連ミニ番組『外伝』が放送されていた。木曜の読売テレビ制作枠は『プラチナイト』開始から1年間のみ、同枠外での放送となっていた。

2016年3月まで平日19時枠で放送された『1900』と同様に各番組冒頭には画面右上に『プラチナイト』のロゴが数秒間表示される[9]

2013年4月から、木曜の読売テレビ制作連続ドラマ枠が『木曜ミステリーシアター』から『木曜ドラマ』に改題・放送時間拡大され、『プラチナイト』枠に新たに組みこまれた[10](『バリューナイト』廃枠時と同体制に復した)。

現在[編集]

2019年5月現在。月 - 木曜版に限り、字幕放送切替対応。土曜未明の放送の金曜版である『金曜プラチナイト』は前番組『プラチナプラス』と同様、字幕放送非対応。

曜日 番組名 MC・主演 放送開始日 備考
月曜版 月曜から夜ふかし 村上信五関ジャニ∞)、マツコ・デラックス 2012年4月9日 枠開設時から唯一放送を継続している。
火曜版 ウチのガヤがすみません! ヒロミ後藤輝基フットボールアワー 2017年4月4日
水曜版 それって!?実際どうなの課 生瀬勝久博多華丸・大吉森川葵 2019年4月3日 中京テレビ制作。
週により前夜の「水曜ドラマ」枠が枠拡大になる場合は繰り下げとなり、
木曜になってから放送。
木曜版 木曜ドラマFわたし旦那をシェアしてた 小池栄子 2019年7月4日 読売テレビ制作。
本枠で唯一のテレビドラマ枠。データ放送あり。
金曜版
※土曜未明になってからの放送
新・日本男児と中居 中居正広後呂有紗(日本テレビアナウンサー) 2019年5月4日 週により前夜の「金曜ロードSHOW!」枠が枠拡大、
または一部の特別番組が放送される場合は繰り下げ。
金曜版のみ全編ローカルセールス枠。

変遷[編集]

月曜版
火曜版
※2013年4月から中京テレビに限り、66分遅れで放送。
※番組自体は2017年4月以降も継続されるが、ゴールデンタイムに昇格したため、『プラチナイト』火曜版としては同年3月28日をもって終了した[12]
水曜版
木曜版
金曜版
※土曜未明の放送の上、全編ローカルセールス枠。

『プラチナイト』レーベルで放送された特別番組[編集]

2012年[編集]
2013年[編集]
2014年[編集]
2015年[編集]
2016年[編集]
2017年[編集]
2018年[編集]
2019年[編集]

番組の移りかわり[編集]

『夜は別バラ22:54』『夜は別バラ』『しんバラ』『バリューナイト』『プラチナイト』歴代番組一覧
放送期間 総称 月曜版
(表記のないものは日本テレビ制作)
火曜版
(日本テレビ制作)
水曜版
(表記のないものは日本テレビ制作)
木曜版
読売テレビ制作)
金曜版
(日本テレビ制作)[20]
2002年9月30日 - 2003年9月 夜は別バラ22:54 あんグラ☆NOW!
中京テレビ制作)
おすぎとピーコの
金持ちA様×貧乏B様
所さんの日本ジツワ銀行 キスだけじゃイヤッ! (枠設置前につき
放送なし)
2003年10月 - 2004年3月31日 マネーの虎 あんグラ☆NOW!
(中京テレビ制作)
2004年4月1日 - 9月 夜は別バラ サルヂエ
(中京テレビ制作)
サバコン おすぎとピーコの
金持ちA様×貧乏B様
アフリカのツメ
2004年10月4日 - 2005年3月31日 しんバラ カミングダウト 不幸の法則
2005年4月4日 - 9月 バリューナイト 不幸の法則・赤い女と黒い女 くりぃむしちゅーの
たりらリラ〜ン
抱きしめたいっ!
2005年10月 - 2006年3月 クイズ発見バラエティー
イッテQ!
落下女
2006年4月 - 9月 みのもんたの“さしのみ” 恋愛部活 NANA 嗚呼!花の料理人
2006年10月 - 2007年3月 嵐の宿題くん
2007年4月 - 9月 女神のハテナ カートゥンKAT-TUN
2007年10月 - 2008年9月 99プラス
2008年10月 - 2010年3月 木曜ナイトドラマ
2010年4月 - 9月 お笑いさぁ〜ん ショーバト! ジャック10
2010年10月 - 2011年3月 東野・岡村の旅猿
プライベートでごめんなさい…
ギブアップ嬢 新型学問 はまる!ツボ学
2011年4月 - 6月 バカなフリして聞いてみた 幸せ!ボンビーガール
(1st season)
木曜ミステリーシアター[8]
2011年7月 - 9月 ピースボート -Piece Vote-
この番組のみドラマ。
2011年10月 - 12月 芸能★BANG! KAT-TUNの絶対マネたくなるTV 5MEN旅
2012年1月 - 3月29日 ティーンコート
この番組のみドラマ。
2012年4月 - 7月18日 プラチナイト 月曜から夜ふかし 芸能★BANG+ ピロロン学園 (廃枠)
2012年7月23日 - 9月 今夜くらべてみました
2012年10月 - 2013年3月 ナカイの窓
2013年4月 - 2017年3月 木曜ドラマ

木曜ドラマF
2017年4月 - 2019年3月27日[14] ウチのガヤがすみません!
2019年4月 それって!?実際どうなの課
(中京テレビ制作)
2019年5月 - 新・日本男児と中居

番組制作局の変遷[編集]

期間 月曜版 火曜版 水曜版 木曜版 金曜版
※土曜未明に放送
2002.10 2003.09 中京テレビ 日本テレビ 日本テレビ 読売テレビ (放送なし)
2003.10 2004.03 日本テレビ 中京テレビ
2004.04 2005.09 中京テレビ 日本テレビ
2005.10 2012.03 日本テレビ
2012.04 2013.03 (廃止)
2013.04 2019.03 読売テレビ
2019.04 中京テレビ
2019.05 現在 日本テレビ

ネット局[編集]

月 - 木曜版[編集]

『プラチナイト』月 - 木曜版ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 月曜 - 木曜 23:59 - 翌0:54 (月・火曜版)制作局 [21]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) (水曜版)制作局 [注 3][22]
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) (木曜版)制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列
広島県 広島テレビ(HTV) 
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列

金曜版[編集]

開始時点では『プラチナプラス』の後枠扱いで『金曜プラチナイト』として、土曜未明に放送。
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 ネット 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 土曜 0:30 - 0:59
(金曜深夜)
2019年5月4日 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 金曜 1:29 - 1:59(木曜深夜) 2019年5月10日 遅れネット
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
土曜 15:55 - 16:25 2019年6月8日
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列 木曜 0:59 - 1:29(水曜深夜) 2019年7月4日

備考[編集]

  • クロスネット局であるテレビ大分は火・木曜22時台、同じくテレビ宮崎では22時台の編成によっては、いずれも時差放送となることがある。
    なお、テレビ宮崎においては自局で放送されない番組の番宣番組的な内容を放送する場合には、特例的に臨時非ネットとし、別番組への差し替えを行うことがまれにある。
  • 本枠の日本テレビ制作分の一部番組と中京テレビ制作の『それって!?実際どうなの課』は、沖縄県では系列外局の沖縄テレビ(OTV、フジテレビ系列)で遅れネットにて放送している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年2月放送の『So long !』が該当。
  2. ^ 但し、提クレ出し及び読み上げは制作局側で実施する。
  3. ^ 特定時期のみ、特定曜日版のレギュラー番組に限って、遅れネットとしていた時期あり。但しこの間でもプラチナイトレーベル特別番組放送の場合は、臨時同時ネットとしていた。

出典[編集]

  1. ^ 日テレ深夜帯強化! 目玉はブラマヨ&ハリセン&ロッチの新番組(スポーツニッポン、2012年2月17日)
  2. ^ ハクバノ王子サマ:ヒロイン“極秘”で10月にドラマ化 アラサー女子の恋愛事情描く 毎日新聞 2013年8月27日閲覧。
  3. ^ 平日後10時から「NEXTプライム」に 改編率G13・7%P24・9%全15・1% NTV、10月編成新番組決まる 連合通信ドットコム 2013年9月5日閲覧。
  4. ^ 生瀬勝久が日テレ系新バラエティーMC「はやらないこと目標に」華丸&大吉共演 スポーツ報知2019年3月6日閲覧。
  5. ^ 中京テレビでの差し替え該当番組2番組のうち、一方は3月をもって終了(NNS加盟全29局ネット番組の後枠としては、既存の別の自社制作番組を枠拡大の上、充当。)、他方は4月から30分繰り下げ。
  6. ^ 中居正広、日テレ新番組でMC抜てき…新設の金曜深夜枠、「ナカイの窓」は終了へ スポーツ報知 2019年2月25日閲覧。
  7. ^ 中居正広の日テレ新番組、改編会見でも詳細は明かされず デイリースポーツ 2019年3月14日発行、同日閲覧。
  8. ^ a b 同枠は2012年4月以降『バリューナイト』枠の後継の『プラチナイト』枠には含まれないが、2013年3月まで放送した。
  9. ^ 改編期に同枠で放送される特別番組でも同様に表示される。
  10. ^ 日本テレビ : ウッチャン、有吉、淳で3冠奪還へ プライム帯と日曜朝を強化
  11. ^ “日テレ「芸能★BANG+」打ち切り”. nikkansports.com. (2012年7月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120714-983143.html 2012年7月14日閲覧。 
  12. ^ UMKは番組自体が打ち切り。
  13. ^ IR説明会の資料」2012年8月10日閲覧
  14. ^ a b 「中居正広」のレギュラー番組が2つ同時に打ち切り 不可解な理由にテレビ業界は衝撃
  15. ^ 番組公式ホームページ 中京テレビ
  16. ^ a b 未明と深夜に1回ずつ計2回放送
  17. ^ UMKに於ける本番組の放送は、2017年3月28日(プラチナイト時代のレギュラー放送終了)をもって打ち切ったため。
  18. ^ 第2弾は『日曜ドラマ』の改編期休止代替特番として7月1日(日)の23:00-23:55に放送。
  19. ^ プロ野球・日本シリーズ』中継が延長したため、予定時刻より1時間15分遅れで木曜未明になってからの放送。(1:14 - 2:09)
  20. ^ ローカルセールス枠の上、土曜未明になってからの放送。
  21. ^ 2019年5月4日からは同年3月27日までの「水曜版」の代わりに土曜未明に放送の「金曜版」を制作。
  22. ^ 2019年4月3日から「水曜版」を制作。