seeeeecun

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
seeeeecun
しーくん
別名 しらさぎP[1]
生誕 (1990-01-08) 1990年1月8日(31歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県[2]
学歴 早稲田大学法学部[3]
ジャンル ロック
ポップ
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2014年6月 -
レーベル ルサンチマン・レコード
共同作業者 みつきさなぎ
宮下遊
Doctrine Doctrine
公式サイト seeeeecun (しーくん) Official Web Site

seeeeecun(しーくん、1990年1月8日 - )は、日本シンガーソングライター新潟県出身、東京都在住。

経歴[編集]

親子3人の家庭で育つ[3]。少年時代は体があまり強くなく、小学3年生から野球を始めたが得意ではなかった[3]埼玉県に移住して全寮制の中学校に入り、ギターを弾き始め[4]、歌詞をルーズリーフに沢山書いては適当なメロディーをつけて口ずさむという事をしていた[5]弁護士を志して勉強し早稲田大学法学部に進学するも、その間バンドを組んで音楽を続け、法科大学院には落第[5]。音楽を封印してサラリーマンとなった[5]。しかし、従兄弟(ため、叫べP)がVOCALOIDを使ってオリジナル曲を投稿しているという話を聞き、従兄弟からその使い方などを教えてもらったのち、曲づくりを始めたという[5]

2014年6月9日、動画共有サイトニコニコ動画に、VOCALOIDの初音ミクを用いたオリジナル曲「4℃」を投稿し、ボカロPとしての活動を開始[5][6]。なお、最初に自身の歌声を披露したのは同年9月3日投稿の"歌ってみた"動画で、曲はカラスヤサボウの「共犯者」だった[1]。その後、2016年に投稿した「テイクアウト・スーサイド」がヒットして視聴回数10万回を記録[7]。同年4月に1stアルバム『ドリトル教授の処方箋』、2017年12月に1stフルアルバム『BOYS SEE BOYS』をリリースする。

2018年、歌手の宮下遊とともに音楽ユニット「Doctrine Doctrine」を結成。アルバム『Darlington』を発表し、東京WWW Xで初ライブを行った[8]

2019年1月に「ケモサビ」のミュージックビデオを公開してシンガーソングライターとしてデビュー[9]。同年6月には音楽活動5周年を迎え、初のワンマンライブ『Life Is Rubbish』を敢行した。同年8月、自身歌唱版としては初のフルアルバム『Bohemian Bloom』をリリースし、11月にはレコ発ライブ『SHE MEETS Bloom』を行う[10]

人物[編集]

  • 小学生の頃はV6しか聴いていなかったが、中学生になると周囲が邦楽に詳しかったため、様々な曲を聴くようになった[7]。その後、大学時代に友人から勧められたUKロックには多大な影響を受けている[7]
  • Mr.Children桜井和寿を尊敬している[11]。プロデューサーと呼ばれることに抵抗を感じ、アーティストであることを主張するためにシンガーソングライターデビューした際にも、桜井の影響を受けたという[4]
  • 歴史が好きで、Doctrine Doctrineの曲「ヌギレヌ」はケネディ大統領暗殺事件をモチーフとしている[11]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1st 2016年4月30日 ドリトル教授の処方箋 THE VOC@LOiD 超 M@STER34にて頒布。
2016年7月に通販開始。
2nd 2017年4月30日 Ressentiment Club THE VOC@LOiD 超 M@STER37にて頒布。
2017年5月に通販開始。

フルアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1st 2017年12月29日 BOYS SEE BOYS SE1390402558 コミックマーケット93にて頒布。
2018年2月21日に全国流通開始。
2nd 2019年8月7日 Bohemian Bloom SE1390402559 自身歌唱としては初のアルバム。

シングル[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1st 2018年4月29日 KITCHEN ダウンロードカードとしてイベント限定で販売された。

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
2016年11月5日 One Room Industry 4.0 THE VOC@LOiD M@STER36にて頒布。

楽曲提供[編集]

  • 脳内雑居
『Supplication Hope Revelation』2016年11月15日
  • ルサンチマン・クラブ」(セルフカバー)
『THE "KUSEMONO" COMPILATION ALBUM VOL.3』2017年11月3日
  • 渦を巻く夕方」(アレンジ)
『tribute to mer』2018年4月28日
  • ファンタジア・マーケット
『星の詩 I - ホシノウタ -』2018年8月10日

ライブ[編集]

ワンマンライブ[編集]

公演年 公演日 公演名 会場 出典
2019年 6月9日 Life Is Rubbish 東京 高円寺HIGH [12]
11月10日 SHE MEETS Bloom 東京 青山月見ル君想フ [10]

その他出演[編集]

公演年 公演日 公演名 会場 共演者
2015年 11月21日 曲者ライブ vol.01 東京 高円寺HIGH
2017年 11月3日 曲者ライブ vol.03 東京 高円寺HIGH
2018年 1月14日 STIR FESTIVAL Vol.2 東京 両国橋SUNRIZE CLUB ressentiment
6月3日 チュルリィランドタイムズ 東京 大塚Hearts+ 和田たけあき、はるまきごはん
6月24日 チュルリィランドタイムズ追加公演 Zirco Tokyo 和田たけあき、はるまきごはん
9月9日 エモくてチュルリラでカッコいいタイムズ 東京 高円寺HIGH 和田たけあき、メル&mao sasagawa
キタニタツヤ、ツミキ
2019年 1月26日 Voca Nico 池袋ニコニコ本社 和田たけあき
2月2日 チュルリイタイムズ&デストロイ 東京 高円寺HIGH 和田たけあき、MI8k
3月10日 Live Fes “Vox Box” Tour 2019 名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL キタニタツヤ、和田たけあき
3月23日 LIVE SQUARE 2nd LINE
4月6日 Zirco Tokyo
9月13日 新世界秩序3 duo MUSIC EXCHANGE 有形ランペイジCIVILIANsajou no hana伊礼亮

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 共犯者 歌ってみた【しーくん】”. ニコニコ動画 (2014年9月3日). 2019年4月14日閲覧。
  2. ^ 杉山仁 (2019年8月7日). “seeeeecunが明かす、ボカロシーンへの感謝を胸に新たな場所へと踏み出した現在の想い”. Real Sound. 2019年8月7日閲覧。
  3. ^ a b c 滝田優樹 (2019年8月5日). “seeeeecun ( しーくん )インタビュー”. TOPPA!!. 2019年10月5日閲覧。
  4. ^ a b 小町碧音 (2019年3月3日). “和田たけあき×seeeeecun×キタニタツヤ、ボカロ文化発アーティスト鼎談 東名阪ツアー開催の理由 - 音楽におけるアーティスト=世間的には「歌っている人」”. Real Sound. 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ a b c d e seeeeecun、活動5周年の記念日に初ワンマン”. 音楽ナタリー (2019年4月11日). 2019年4月14日閲覧。
  6. ^ 4℃ / 初音ミク”. ニコニコ動画 (2014年6月9日). 2019年4月13日閲覧。
  7. ^ a b c 高岡洋詞 (2018年7月3日). “宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine”. CD Journal. 2019年5月4日閲覧。
  8. ^ 【ライブレポート】Doctrine Doctrine、満員のWWW Xで始まった2人の物語”. 音楽ナタリー (2018年7月24日). 2019年5月4日閲覧。
  9. ^ seeeeecun - ケモサビ (Official Music Video)”. YouTube. しーくん Official (2019年1月30日). 2019年6月9日閲覧。
  10. ^ a b seeeeecun、11月に再びワンマンライブ開催(コメントあり / 動画あり)”. 音楽ナタリー. 2019年8月12日閲覧。
  11. ^ a b 中川麻梨花 (2018年6月20日). “Doctrine Doctrine「Darlington」インタビュー|“変幻自在”のユニット誕生、2人だからできること (2/3)”. 音楽ナタリー. 2019年4月18日閲覧。
  12. ^ seeeeecun、活動5周年の記念日に初ワンマン”. 音楽ナタリー (2019年4月11日). 2019年5月21日閲覧。