じゃがバター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じゃがバター

じゃがバター(もしくはじゃがバタ)は、加熱調理したジャガイモバターマーガリンで代用されることもある)を添えた料理

概要[編集]

茹で焼く蒸すの加熱調理を施したジャガイモに、バターを添えた簡易な料理。飲食店によっては、バターの上にパセリが振られていることもある。

居酒屋または屋台などで供されており、レトルト食品もある。屋台で売られる場合には、コストの関係からバターの代わりに業務用の缶入りマーガリンが用意され、必要量をジャガイモの上に取るセルフサービスが採られていることもある。

ジャガイモの一大生産地であり、バターの原料である乳牛の飼育数も豊富な北海道の各家庭では、おかずおつまみおやつとして供される。付け合せにイカ塩辛醤油砂糖などが添えて食される。居酒屋では、焼いたサケのほぐし身や加熱調理されたトウモロコシなどを一緒に挟み供することもある。

代表的な作り方[編集]

  1. ジャガイモをよく洗い、竹串が抵抗無く通る程度まで軟らかく加熱調理する。調理の方法は塩茹で・焼く・蒸すなど、さまざまである。
  2. 加熱したジャガイモに、バターを添える。

皮は付いたままの場合も、剥く場合もある。また、加熱調理の後は好みにより、フライパンオーブンなどで焼いて焦げ目を付けることもある。他にも電子レンジラップを用いた方法など、調理方法は多様である。