じゃっぱ汁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じゃっぱ汁

じゃっぱ汁青森県津軽地方郷土料理である。

「じゃっぱ」とは、津軽弁「雑把」の意味であり、通常は三枚おろしにした際に出る内臓、身の付いたなどの(あら)」を指す。

じゃっぱ汁は、ブツ切りにした「じゃっぱ」を野菜(主にネギ大根)などと共に煮込んだ汁物で、タラのじゃっぱ汁が一般的である。(等で作ることもある) 多くは味噌のみの味付けが多いが、塩味のものもある。

具に肝などの内臓を加えることで(魚肉)だけよりも、非常にコクのある味わいとなり、地元では人気の高い郷土料理である。 入れる具は家ごとに微妙に異なり、鮭のじゃっぱにじゃがいもネギを用いれば、北海道三平汁と同様となる。

飲食店で出されるじゃっぱ汁は、じゃっぱだけでなく身も入れられることが多い。

関連項目[編集]