すいすいバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
味舌橋(摂津市内)にて

すいすいバスは、大阪府吹田市内で運行しているコミュニティバス。また最寄りの鉄道駅との連絡のために、路線の一部は隣接している茨木市摂津市にも乗り入れている。

阪急バス吹田営業所が吹田市から運行を受託する。現在運行されている千里丘循環線は、2006年12月1日から2008年3月31日までの試験運行の予定だったが、試験運行期間を延長して運行している。

概要[編集]

  • 運賃は大人200円・小児100円。
  • PiTaPaHanica、(ICOCA)、グランドパス65も利用できるが、交通弱者を主たる対象利用者としているため学生定期スクールパスは使用できない。また、専用回数券(12枚綴り、大人2000円、子ども1000円)を車内販売している。
  • 阪急バス回数カードやスルッとKANSAI各種カードは2012年10月1日以降は使用できなくなった。
  • 身体障害者手帳・療育手帳の被交付者、及び介護者1名は半額になる。
  • 小学生以上に同伴する幼児(1歳以上6歳未満)は、2名まで無料。
  • 阪急バス路線との乗継割引がある(詳細)。
  • 平日は8時から19時まで、30分間隔で運行。土曜・日曜・祝日は概ね1時間毎に運行し、運行時間帯が若干狭まる。1月1日~3日は運休する。
    • 2008年10月1日からは、停留所を増設し、現行ルートを「ひまわりルート」、現行ルートの逆回りを「あおばルート」として運行、運転間隔も平日・土曜・日曜・祝日とも1時間間隔に統一された。「あおばルート」は「ひまわりルート」の逆回りではあるが、一部区間は「あおばルート」のみの新設区間・停留所を走り、山田樫切山を経由しないルートになっている。
    • 2010年4月1日、一部の停留所が廃止され、ルート変更の上で停留所が数カ所新設された。廃止された停留所の中には「千里丘出張所前」停留所も含まれており、両ルートの起点は新設された「JR千里丘駅前」停留所に変更となった。また、停留所の数が増えルート一周の所要時間が長くなったことからこれまでの1時間間隔の運行から70分間隔へと変更された。

路線[編集]

阪急バスの路線名は「千里丘循環線」となっている。 停留所番号通りに運行する「ひまわりルート」と、その反対方向で運行する「あおばルート」の2ルートがある。

  • あおばルート
    • JR千里丘駅前→長野東→長野公園北→千里ディアヒルズ前→尺谷→下山田→山田南→イズミヤ前→JR千里丘口→JR千里丘駅前→吹田徳洲会病院前→吹田東高校前→モノレール宇野辺→メゾン千里丘→ミリカ・ヒルズ前→JR千里丘駅前(循環)


各停留所には、それぞれのルートのバスが70分毎に到着する。ただし、JR千里丘駅前停留所では、ルート一周あたり2回通るため概ね毎時4本のバスが発着することになる。

運行車両[編集]