すき・すき・だいすきっ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「すき♥すき♥だいすきっ」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

すき♥すき♥だいすきっ』は、中原杏漫画作品。

概要[編集]

本作は、2002年の春から秋にかけて小学館の漫画雑誌『ちゃお』とその増刊枠『ちゃおDX』と『ChuChu』(当時は『ちゃお』の増刊だった)に発表された。なお、中原にとっては初の連載作でもあった。

ストーリー[編集]

高校1年生の相原つぐみ(もうすぐ16歳)のあこがれの人は、自分のクラスの担任教師の西崎拓人だった。ところが、つぐみの父親がドイツに5年ほど赴任することになった。「家族みんなで行こう」という父親に対し、つぐみはもちろん反対。こうなると、西崎と顔を合わせられなくなる。そこでつぐみが取った手段は、西崎と結婚することだった。

登場人物[編集]

相原 つぐみ(あいはら つぐみ)
主人公。高校1年生で担任の西崎拓人のことを愛している。タコ料理が得意。
西崎 拓人(にしざき たくと)
つぐみを受け持つ担任教師で、社会科の担当。1978年7月8日生まれ。(設定上)熱血感が強く真面目な性格で、大学時代は軟派を多く行っていたが後につぐみと同居する。
遠山 亮太(とおやま りょうた)
続編から登場の人物。つぐみが魚屋でタコを買っているところを見て一目惚れし、執拗につぐみを追尾している。
佐伯 あづさ(さえき あづさ)
続編から登場の写真部に所属する生徒。美人だが陰険な性格でつぐみと西崎との付き合いに不信感を抱き、西崎のプライベートな写真をばらまいたり陰険な行動に走っている。

余談[編集]

  • 『ちゃお』連載の第2話での主人公のつぐみの裸エプロンは多くの読者から顰蹙を買い、抗議を受けた。これには『快感フレーズ』の作者の新條まゆもあきれ果て、単行本がリリースされた際にそのような主旨の文を帯に寄せた。
  • 作品中に料理の材料としてやたらタコが出てくる、という特徴があった。