すばらしき映画音楽たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すばらしき映画音楽たち
Score: A Film Music Documentary
監督 マット・シュレーダー[注釈 1]
脚本 マット・シュレーダー
製作
  • ロバート・クラフト
  • トレヴァー・トンプソン
  • ケニー・ホームズ
  • ネイト・ゴールド
  • ジョナサン・ウィルバンクス[注釈 2]
製作総指揮 マット・シュレーダー
戸田信子[1]
出演者
音楽 ライアン・トーバート[注釈 3]
撮影 ケニー・ホームズ
ネイト・ゴールド
編集 マット・シュレーダー
ケニー・ホームズ
製作会社 エピクレフ・メディア (Epicleff Media)
配給 アメリカ合衆国の旗 グラヴィタス・ヴェンチャーズ英語版
日本の旗 アンプラグド[2]
公開 2017年6月16日(北米)
2017年8月5日(日本の旗 日本[3]
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $70,120[4]
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:Score Poster.jpg
? アメリカでの劇場公開ポスター

すばらしき映画音楽たち[3](すばらしきえいがおんがくたち、: Score: A Film Music Documentary)は、2016年アメリカ合衆国で製作された、映画音楽を題材とするドキュメンタリー映画である。ハンス・ジマーダニー・エルフマンクインシー・ジョーンズレイチェル・ポートマンなどの映画音楽作曲家がインタビュイーとして登場したほか(→#出演者)、ジョン・ウィリアムズなどが資料映像で登場し、また脚本家・映画監督のジェームズ・キャメロンや研究者など、作曲家以外の映画関係者も出演した。北米ではグラヴィタス・ヴェンチャーズ英語版配給で2017年6月16日に劇場公開され[5]、その後Blu-ray Discとデジタル配信で2017年9月5日にリリースされた。日本では新宿シネマカリテの「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(カリコレ)で2017年8月5日に公開され[3]、その後全国展開したが、これに先立つ2017年7月20日にWOWOWシネマで初放送されている。

作品概要[編集]

映画音楽を題材とするドキュメンタリー映画で、映画音楽作曲家へのインタビュー、また資料映像(メイキング映像や、取り上げた作品のワンシーン[6])を中心に構成されている。作曲のきっかけを掴むためにすることや、作曲時の苦悩が明かされるほか[7][8][9]サイレント映画時代に始まる映画音楽の歴史や[8]、モチーフを繰り返す曲構成[10]、近年のバンドマンによる映画音楽作曲[11]などが解説される。作曲やサウンドトラック収録の風景も取り扱われ[12][13][14][11]、作曲家が各々のスタイルを持って取り組んでいることも明かされる[15]。また映画音楽史の転換点となった大作曲家が数人取り上げられている[8][16]。作品は作曲家たちのみならず、映画音楽の収録に関わる技師や演奏家、ジェームズ・キャメロンなど作曲家以外の映画関係者、さらに映画音楽の効果を研究する心理学者なども登場し、製作の舞台裏や科学的効果についても扱われている[10]

製作[編集]

監督のマット・シュレーダーは、CBSニュースグループのKOVR-TV英語版NBCグループのKNBC-TV英語版で働く調査ジャーナリストだったが、映画音楽作曲家に関するドキュメンタリー映画を撮影したいと思い、2014年秋に退職した[17][18]。シュレーダーは「“どうやって映画作曲家たちは映画音楽を作っているのか”についてのドキュメンタリーを観たかった。なので、ハリウッドのプロダクションに頼み込んでいたけれども、数年経っても実現されなかったため、とうとう自分で撮ろうと決めた」と述べている[19]:引用元[8]。シュレーダーは、カメラのレンズや編集機材を自分の貯金で賄い、大学時代からの友人を誘ってチームに引き入れた。シュレーダーの誘いに応じた中には、プロデューサーのトレヴァー・トンプソン、ジョナサン・ウィルバンクス、ネイト・ゴールド、またKOVR-TVの元ニュースカメラマンのケニー・ホームズなどがいる。また作曲家の戸田信子が製作総指揮として加わったが、この経緯について「近年素晴らしい作品が日本で公開しないことが多いので、私がこの作品に関われば日本で公開できると思い、私自身も出資し、制作として参加させて頂きました」と回想している[1]

2015年2月、クラウドファンディングサイト・Kickstarterでキャンペーンが始まり、国際的に広く注目を集めたこのプロジェクトには、わずか30日で目標だった4万ドルの3倍以上に当たる120,930ドルが集まった[20]。製作には計画を聞きつけたフォックス・ミュージックの前代表であるロバート・クラフト(英: Robert Kraft)が参加し、2016年初めまでには、シュレーダーは作曲家、監督、オーケストレーター、エージェントなど、映画音楽業界人に迫る60本以上のインタビューを完了させていた。制作の上で、シュレーダーはハンス・ジマーと相談を重ねたという[11]

映画の配給権はグラヴィタス・ヴェンチャーズ英語版が取得し、アメリカ合衆国では2017年6月16日に封切られて70,120ドルの興行収入を得た[21]Blu-rayDVDの発売、またデジタル配信 開始日は2017年9月5日で、iTunesのドキュメンタリー部門では4週連続で1位を獲得した[22]。アメリカ合衆国やカナダでは、2017年10月に入っても独立系映画館による限定公開が行われている。また公式サイトによれば、エストニアフィンランドアイスランド日本ラトビアリトアニアノルウェースウェーデンスペインオーストリアオーストラリアデンマークドイツイタリアリヒテンシュタインルクセンブルクオランダ韓国スイスイギリスイスラエルなどでも上映が行われている。日本では、新宿シネマカリテの「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(カリコレ)で2017年8月5日に公開され[3][23]、カリコレで全回満席を達成した後、全国展開した[1][24][19]WOWOWシネマでは、これに先立つ形で2017年7月20日に放送されている[19][18]。また日本版のDVD・Blu-ray Discは、キングレコードから同年11月22日に発売される[25]

出演者[編集]

制作陣は作曲家、監督、オーケストレーター、エージェント、取締役、ドキュメンタリー製作の専門家など60名以上にインタビューを行った[26]。シュレーダーは撮影した映像のほとんどを映画に使ったため、何人かのインタビュイーはごく短時間の登場に留まっている。シュレーダーの原案はたった3人の作曲家に焦点を当てるものだったが、映画作曲の世界では音楽観の多様性が見られると気づき、方針転換した[27][26]。(*)はパンフレットを参照したが[28]、インタビュイーとして登場した人物、資料映像で登場した人物が混在している。米印(※)を付けた人物は作曲家以外の出演者である。

取り上げられた人物

取り上げられた主な映画[編集]

以下はパンフレット掲載作品(年代順)で[31][32]、かっこ内に音楽を担当した作曲家を示した。

評価[編集]

作品は批評家から圧倒的な好評価を得た。映画評を蓄積してスコアを出すサイト・Rotten Tomatoesでは、26件のレビューに基づき92%支持という結果となった[33]。『ロサンゼルス・タイムズ』紙のゲイリー・ゴールドスタインは、映画を「目と耳の肥やし」(英: "a feast for the eyes and ears")と呼び[34]、『シカゴ・サンタイムズ』紙の映画評論家、リチャード・ローパーからは「私たちが愛する映画に、音楽という鼓動を吹き込む芸術家に対する賞賛」(英: "a celebration of the artists who create the musical heartbeat of the movies we love.")との讃辞が贈られた[35]。批評家で歴史家のレナード・マルティン英語版は、「引きつけられて魅了的な映画」(英: "a cohesive and fascinating film")を撮影した監督のシュレーダーを賞賛し、映画は「拍子を違えていない」(英: [the film] "doesn’t miss a beat.")と述べた[36]。『ニューヨーク・タイムズ』紙では、批評家一押しの作品を選出する2017年6月の "Critics Pick" でこの作品を取り上げた[37]

トークイベントに参加した映画監督樋口真嗣は、「よくこんな素晴らしいインタビューを引き出せたなととにかく感心しました!続きがとても観たいですね!」と絶賛した[38]。また映画・音楽ジャーナリストの宇野維正は「監督が純粋に映画音楽を好きな方なんだなと伝わってきて、オーソドックスな作りですけど純粋に楽しめました」と述べた[16]:引用元[15]。一方で、作品がハリウッドの映画音楽、さらにハンス・ジマー門下を中心に構成されていることに関しては、「このあたりの賛否両論や、現在のハリウッドの映画音楽はステレオタイプなのでは、など批判意見、欲を言えばもう少し踏み込んだ内情にも少々触れて欲しかったところではあります」(加藤広大)との意見も存在する[39]

作品は2016年10月にハンプトンズ国際映画祭英語版でワールド・プレミアを迎えた[40]。作品は以下の映画祭などで賞を獲得した。

  • ボウルダー国際映画祭英語版(最優秀新人制作者賞)[41][42]
  • シカゴ批評家映画祭(英: the 2017 Chicago Critics Film Festival、最優秀ドキュメンタリー映画賞[43]
  • クリーヴランド国際映画祭英語版(音楽映画コンペティション部門)[44]
  • ガスパリラ国際映画祭英語版(観客賞・最優秀ドキュメンタリー部門)[45]
  • ナッシュビル映画祭英語版(音楽映画/音楽都市コンペティション・選外佳作)[46]
  • ニューポート・ビーチ映画祭英語版(シュレーダー監督への名誉賞)[47]
  • セドナ国際映画祭英語版(マリオン・ハーマン映画製作優秀賞)[48]
  • タコマ映画祭(英: Tacoma Film Festival、長編映画部門観客賞)[49]

またサンフランシスコ国際映画祭の公式セレクションにも選出された[50]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英: Matt Schrader
  2. ^ Robert Kraft, Trevor Thompson, Kenny Holmes, Nate Gold, Jonathan Willbanks
  3. ^ 英: Ryan Taubert
  4. ^ 英: Buck Sanders
  5. ^ 英: Jon Burlingame
  6. ^ 英: Richard Kraft
  7. ^ 英: Siu-Lan Tan
  8. ^ 英: Amos Newman
  9. ^ 英: Doreen Ringer Ross
  10. ^ 英: Robert Townson
  11. ^ 英: Mitchell Leib
  12. ^ 英: Paul Broucek

出典[編集]

  1. ^ a b c 「よくこんな素晴らしいインタビューを引き出せたな!!」樋口真嗣監督絶賛!? 映画『すばらしき映画音楽たち』特別先行上映トークイベント”. ムビッチ. p. 1 (2017年10月4日). 2017年10月8日閲覧。
  2. ^ 宇野維正氏が映画音楽の魅力を語る/『すばらしき映画音楽たち』トークイベント”. 試写会・映画情報のムービーハイウェイ. 2017年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e ドキュメンタリー「すばらしき映画音楽たち」がカリコレで上映決定”. 映画ナタリー (2017年7月1日). 2017年10月8日閲覧。
  4. ^ Score: A Film Music Documentary (2017)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2017年10月6日閲覧。
  5. ^ Brooks, Brian (2017年6月25日). “The Big Sick Nabs Year’s Highest Theater Average; The Beguiled is Sofia Coppola’s Best Debut Average – Specialty Box Office”. Deadline Hollywood. http://deadline.com/2017/06/big-sick-beguiled-specialty-box-office-1202119636/ 
  6. ^ すばらしき映画音楽たち”. シネマプレビュー. 産経新聞 (2017年10月6日). 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  7. ^ 作曲家たちは常に恐怖心と戦い続ける!? 映画『すばらしき映画音楽たち』本音を明かす貴重なインタビュー映像公開!”. ムビッチ (2017年8月7日). 2017年10月8日閲覧。
  8. ^ a b c d 加藤広大 (2017年8月28日). “「すばらしき映画音楽たち」全米が泣いた、巨匠ですら逃げ切れぬ締切”. 街角のクリエイティブ. p. 1. 2017年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  9. ^ 【特別映像】『ダークナイト』や『ライオン・キング』…名作曲家が明かす苦労とは?”. cinemacafe.net (2017年8月5日). 2017年10月9日閲覧。
  10. ^ a b 加藤広大 (2017年8月28日). “「すばらしき映画音楽たち」全米が泣いた、巨匠ですら逃げ切れぬ締切”. 街角のクリエイティブ. p. 3. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  11. ^ a b c 伊藤隆剛 (2017年8月9日). “【映画を聴く】なぜ、何度見ても『スター・ウォーズ』のオープニングは心が高ぶるのか? 音楽から解き明かすその理由”. ムビコレ. p. 後編. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  12. ^ 「E.T.」作曲風景や作曲家インタビューも、記録映画「すばらしき映画音楽たち」予告”. 映画ナタリー (2017年7月28日). 2017年10月9日閲覧。
  13. ^ 市川遥 (2017年7月28日). “『E.T.』『007』映画史に輝く名曲誕生の秘密に迫る!音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』予告編”. シネマトゥデイ. 2017年10月9日閲覧。
  14. ^ 伊藤隆剛 (2017年8月9日). “【映画を聴く】鳥肌モノの素晴らしさ! あの名曲が生まれた瞬間を追体験”. ムビコレ. p. 前編. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  15. ^ a b 『すばらしき映画音楽たち』トークイベント・レポート― ハリウッド映画音楽の舞台裏に迫るドキュメンタリーの魅力”. ミニシアターに行こう。 (2017年8月19日). 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  16. ^ a b 宇野維正が語る映画音楽の重要性とは? ドキュメンタリー映画『すばらしき映画音楽たち』トークイベント”. ムビッチ (2017年8月7日). 2017年10月8日閲覧。
  17. ^ “‘Score: A Film Music Documentary’ Spotlights An Essential — Yet Often Overlooked — Part Of The Filmmaking Process”. Decider.com. (2017年9月28日). https://decider.com/2017/09/28/score-a-film-music-documentary/ 
  18. ^ a b 記録映画『すばらしき映画音楽たち』WOWOWで放送、J・ウィリアムズら登場”. cinra.net (2017年6月29日). 2017年10月9日閲覧。
  19. ^ a b c ハリウッドを代表する作曲家たちの貴重なインタビュー映像満載!映画『すばらしき映画音楽たち』8月5日カリコレ2017ほか全国順次公開!”. ムビッチ (2017年7月1日). 2017年10月8日閲覧。
  20. ^ “SCORE: A FILM MUSIC DOCUMENTARY on Kickstarter”. Kickstarter. (2017年10月6日). http://kickstarter.com/projects/432767873/score-a-film-music-documentary/ 
  21. ^ Score: A Film Music Documentary (2017)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2017年10月6日閲覧。
  22. ^ “SCORE Holds at #1 Entering October, Awards Season”. SCORE News. (2017年9月28日). https://www.score-movie.com/single-post/2017/09/28/SCORE-Holds-At-1-Entering-October-Awards-Season 
  23. ^ 「カリコレ2017」でジョージ・A・ロメロ監督追悼企画 シークレット上映作品も発表”. 映画.com (2017年7月27日). 2017年10月9日閲覧。
  24. ^ 市川遥 (2017年10月7日). “鳴り響く太鼓!『マッドマックス』の音楽はこうして生まれた!裏側大公開”. シネマトゥデイ. 2017年10月8日閲覧。
  25. ^ すばらしき映画音楽たち”. キングレコード. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  26. ^ a b c d e 宍戸明彦 (2017年7月24日). “[516]『すばらしき映画音楽たち』: マット・シュレーダー監督が提示する5つのこと”. indietokyo. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  27. ^ 39 - Score: A Film Music Documentary”. The Score with Edmund Stone (2017年9月23日). 2017年9月23日閲覧。
  28. ^ (パンフレット) すばらしき映画音楽たち. アンプラグド. pp. 5-6. 
  29. ^ Biography - Jon Burlingame”. 2017年10月9日閲覧。
  30. ^ FILMS - Dr. Siu-Lan Tan”. カラマズー大学英語版. 2017年10月9日閲覧。
  31. ^ (パンフレット) すばらしき映画音楽たち. アンプラグド. pp. 8. 
  32. ^ ドキュメンタリー「すばらしき映画音楽たち」がカリコレで上映決定(画像ギャラリー 1/12)”. 映画ナタリー (2017年7月1日). 2017年10月15日閲覧。
  33. ^ Score: A Film Music Documentary - Rotten Tomatoes(英語)
  34. ^ Goldstein, Gary (2017年6月22日). “Score: A Film Music Documentary explores composers' art”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-mini-score-documentary-review-20170622-story.html 
  35. ^ Roeper, Richard (2017年7月28日). “Insightful Score profiles the people making music for the movies”. Chicago Sun-Times. https://chicago.suntimes.com/entertainment/insightful-score-profiles-the-people-making-music-for-the-movies/ 
  36. ^ Maltin, Leonard (2017年6月23日). “SCORE: A FILM MUSIC DOCUMENTARY”. LeonardMaltin.com. http://leonardmaltin.com/score-a-film-music-documentary/ 
  37. ^ Webster, Andy (2017年6月15日). “Score: A Film Music Documentary Gives Composers Their Due”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/06/15/movies/score-review.html 
  38. ^ 「よくこんな素晴らしいインタビューを引き出せたな!!」樋口真嗣監督絶賛!? 映画『すばらしき映画音楽たち』特別先行上映トークイベント”. ムビッチ. p. 2 (2017年10月4日). 2017年10月8日閲覧。
  39. ^ 加藤広大 (2017年8月28日). “「すばらしき映画音楽たち」全米が泣いた、巨匠ですら逃げ切れぬ締切”. 街角のクリエイティブ. p. 2. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  40. ^ Q&A: ‘Score’ Director Matt Schrader on the Cinematic Power of Music”. ハンプトンズ国際映画祭英語版 (2016年9月29日). 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  41. ^ BIFF 2017 Program”. ボウルダー国際映画祭英語版. p. 25. 2017年10月15日閲覧。
  42. ^ 2017 Awards”. ボウルダー国際映画祭. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  43. ^ 2017 Archives”. The Chicago Critics Film Festival. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  44. ^ Archive / Winners”. クリーヴランド国際映画祭英語版. 2017年10月15日閲覧。
  45. ^ 2017 Suncoast Credit Union Gasparilla International Film Festival AWARD WINNERS”. ガスパリラ国際映画祭英語版 (2017年3月15日). 2017年10月15日閲覧。
  46. ^ Archive - 2017 Festival”. ナッシュビル映画祭英語版. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  47. ^ 2017 Awards”. ニューポート・ビーチ映画祭英語版. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  48. ^ 2017 Festival Award-Winners”. セドナ国際映画祭英語版. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  49. ^ Tacoma Film Festival Archives - 2016 Awards”. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  50. ^ Score: A Film Music Documentary”. Screenings & Events. サンフランシスコ国際映画祭. 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。