すべてはこの夜に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すべてはこの夜に
沢田研二楽曲
収録アルバム NON POLICY
リリース 1984年6月5日
規格 LPCT
レーベル ポリドール(LP)
アポロン(CT)
作詞者 佐野元春
作曲者 佐野元春
プロデュース 加瀬邦彦、木崎賢二

吉川晃司(1986年)
チャート順位

NON POLICY収録順

シルクの夜
(6)
すべてはこの夜に
(7)
眠れ巴里
(8)

すべてはこの夜に」(すべてはこのよるに)は、佐野元春が作詞・作曲した楽曲。元は沢田研二のために書かれ、1984年に発売された沢田のアルバム『NON POLICY』に収録された。のち、吉川晃司がカバーして1986年にシングルを発売し、そのヒットにより吉川の曲として広く知られるようになった。

総説[編集]

この曲は、佐野元春沢田研二のために、沢田の作品を全部聴きこんだ上で、当て書きしたものである。佐野にとって沢田は、まだ自分が売れていない時期に楽曲提供という形で作品を発表する機会を作ってくれた、いわば恩人であった。一方、吉川晃司にとって沢田は当時、同じ事務所(渡辺プロダクション)に所属する先輩であった。

事務所スタッフは、この曲を沢田が発表する前から「吉川晃司に歌わせたい」と佐野に打診したが、佐野は「沢田研二が歌った後ならばいい」と返答し、沢田を差し置いて最初に発表することを許さなかった。結局この曲は、沢田のアルバム『NON POLICY』(1984年6月5日発売)に収録され、一方で当初予定していた吉川の1枚目のアルバム『パラシュートが落ちた夏』(同年3月1日発売)への収録は見送られた。代わって『パラシュートが落ちた夏』には急遽「I'M IN BLUE」を収録することとなった。こちらは沢田がアルバム『G.S.I LOVE YOU』(1980年)で、佐野のセルフカバーもアルバム『SOMEDAY』(1982年)で発表ずみであった。

その後、吉川のカバーは1986年にシングルとして発売された。

沢田のオリジナルがイ短調で歌っているのに対し、吉川は長2度下げてト短調となっている。

吉川晃司のシングル[編集]

すべてはこの夜に
吉川晃司シングル
B面 「無口なmoonlight」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロック
レーベル SMSレコード
作詞・作曲 作詞・作曲:佐野元春
チャート最高順位
吉川晃司 シングル 年表
NERVOUS VENUS
(1986年)
すべてはこの夜に
(1986年)
MARILYNE
(1987年)
テンプレートを表示

吉川晃司の「すべてはこの夜に」は、1986年9月30日に9枚目のシングルとしてリリースされた。

吉川版解説[編集]

  • このシングルの発売を記念し、ファンクラブ会員のみの特典として、ジャケットの「koji」マークを葉書に貼りファンクラブ宛に送ると、もれなく本人直筆のイラストが描かれた特製ステッカーが貰えた。
  • カップリング曲の「無口なmoonlight」のCD音源は、ソロ活動休止前の1988年12月に再発売された8センチCDでしか聴けず、長らく入手困難となっていたが、ベスト・アルバムBEST BEST BEST 1984-1988』(2005年)に初収録された。

シングルのリリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1986年1月1日 SMSレコード EP SM07-265 4位
2 1988年12月16日 SMSレコード 8センチCD MD10-9 -

シングル収録曲[編集]

  1. すべてはこの夜に
  2. 無口なmoonlight

シングル各曲の収録アルバム[編集]

その他のカバー[編集]

  • 1983年 - 葉德嫻(香港) - アルバム『天天都相見』(広東語版「請勿騷擾」)

関連項目[編集]