せとうち夢虫館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

せとうち夢虫館(せとうちむちゅうかん)は、香川県にあった昆虫博物館である。水槽メーカーとして知られる日プラの子会社であるせとうち夢虫博物館株式会社が運営していた。

最初は丸亀市旧レオマワールド内にあり、現在のニューレオマワールドに引き継がれなかった大西美術館の建物を使用して2006年4月29日に開館した。このためニューレオマワールドとは無関係であった(ただし、当館とニューレオマワールドはどちらも加ト吉が関係していた)。

その後入場者が当初の見込みを下回ったことから、2007年8月31日限りで閉鎖された。運営会社が同じである高松市新屋島水族館の隣接地へ移転することになり、同年9月1日開業予定だった[1]が、駐車場の問題があることが判明したため一般公開を見送られ[2]2008年3月29日に開館した[3]

しかし、所在地が瀬戸内海国立公園内に位置しているため建築物への規制が厳しく、当初見込んでいた建物外観の変更や企画展示方法が困難であったことなどから、2009年3月31日限りで閉館した。移転オープンからわずか1年での閉館となった。

アクセス


脚注

  1. ^ 四国新聞2007年7月3日
  2. ^ 四国新聞2007年11月9日
  3. ^ 四国新聞2008年3月25日。この記事では新屋島水族館の開館で屋島ドライブウェイや連絡道路の渋滞が頻発したことがわかる。

今日は何の日(9月18日

もっと見る