せん子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「嫥子女王」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

嫥子女王(せんしじょおう、寛弘2年(1005年) - 永保元年6月16日1081年7月24日))は村上天皇第7皇子具平親王の三女。母は為平親王の次女。後一条天皇時の斎宮、後に藤原教通の正室。弟に源師房、姉に隆姫女王藤原頼通室)、敦康親王妃がいる。

略歴[編集]

長和5年(1016年)2月19日、後一条天皇の即位に伴い、斎宮に卜定される。寛仁2年(1018年)伊勢に群行。万寿2年(1025年)、勅使を迎えて裳着が行われた。長元4年(1031年)、酒乱に乗じて伊勢神宮の荒魂と称して託宣を下し、斎宮権頭藤原相通夫妻の不正、また朝廷の斎宮祭祀軽視を非難する(斎王託宣事件)。長元9年(1036年)4月17日、後一条天皇の崩御により退下。

永承6年(1051年)、3年前に禔子内親王三条天皇皇女)を亡くした藤原教通の継室となった。教通との間に子はなかった。永保元年(1081年)、77歳で薨去。

斎王託宣事件[編集]

長元4年6月17日、月次祭に奉仕中に神がかりの状態となり、神宮祭主大中臣輔親に託宣を下した。斎宮権頭藤原相通とその妻藤原小忌古曾の不正を糾弾し、また斎宮の冷遇は天皇の失政であると朝廷を非難した。 (後述の『後拾遺集』の歌の詞書によると、託宣の際に何度も酒杯をあおったとあり、酒乱状態であったようである。) 朝廷で対応が話し合われ、藤原実資は『小右記』に「斎王が託宣を告げるなどということは、前代未聞」と記している。藤原相通夫妻はそれぞれ流罪となった。

託宣の際に大中臣輔親と交わした和歌が『後拾遺集』に載せられている。
「さかづきにさやけき影のみえぬれば ちりのおそりはあらじとをしれ」 (盃に冴えた月の光が映って見えた。不逞の輩の罪は、神の目にくっきりとお見通しだ。だから、塵ほどの心配も必要ないことを知れ。)
輔親の返歌「おほぢちゝむまごすけちかみよまでに いたゞきまつるすべらおほんがみ」 (祖父の頼基、父の能宣、孫のわたくし輔親と、三代までもお仕え申し上げる皇祖神さま。御託宣は謹んで承りました。)

関連項目[編集]