そうりゅう (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
そうりゅう
SS-501 そうりゅう (1).jpg
基本情報
建造所 三菱重工業神戸造船所
運用者  海上自衛隊
艦種 AIP通常動力型潜水艦
級名 そうりゅう型
建造費 598億円
母港
所属 第1潜水隊群第5潜水隊
艦歴
計画 平成16年度計画
発注 2004年
起工 2005年3月31日
進水 2007年12月5日
就役 2009年3月30日
要目
排水量 基準 2,900t
満載 4,200t
全長 84.0m
最大幅 9.1m
深さ 10.3m
吃水 8.5m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式および非大気依存推進方式
ディーゼルエンジン × 2基
川崎/コックムス 4V-275R MkIIIスターリングエンジン × 4基
電動機(交流同期電動機) × 1基
蓄電池 × 480個
出力 水上 3,900PS
水中 8,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 1軸
速力 水上 13kt
水中 20kt
潜航深度 不明
乗員 65名
兵装 533mm魚雷発射管 × 6門
89式長魚雷およびハープーン対艦ミサイルを発射可能)
C4ISTAR ZYQ-31 指揮管制支援ターミナル
情報処理装置(TDBS)
ZQX-11 潜水艦戦術状況表示装置
ZYQ-51 潜水艦発射管制装置
レーダー ZPS-6F 水上
ソナー ZQQ-7 統合式
探索装置・
その他装置
潜望鏡
電子戦
対抗手段
ECM
テンプレートを表示

そうりゅうローマ字JS Sōryū, SS-501)は、海上自衛隊潜水艦そうりゅう型潜水艦の1番艦。艦名は四神の一つ青竜の別名である蒼竜に由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては、旧海軍の御召艦「蒼龍」、航空母艦蒼龍」に続き3代目にあたる。

艦歴[編集]

「そうりゅう」は、中期防衛力整備計画に基づく平成16年度計画2900トン型潜水艦8116号艦として、三菱重工業神戸造船所で2005年3月31日に起工され、2007年12月5日の命名・進水式において、「そうりゅう」と命名され進水、2008年10月4日に公試開始、2009年3月30日に就役し、第1潜水隊群第5潜水隊に編入されに配備された。

2008年7月9日、三菱造船所の作業員5名が感電し火傷をする事故が発生した。

2012年10月8日午前7時前に定期検査後の確認運転のため、由良港を出港後、午前8時47分に潜航を開始。午後2時18分頃、潜航中の「そうりゅう」で3曹が当直に表れず行方不明になり、浮上して捜索したところ、艦橋セイル内浸水部で溺死しているのが発見された[1]。事故調査委員会は3曹が自殺したものと結論づけた[2]

2013年9月2日、呉基地で停泊中の「そうりゅう」艦内の寝室で、2等海尉が艦内の格納庫から持ち出した拳銃で自殺を図った。2等海尉に命に別状はなかったが、重い障害が残っている。海自は2015年に自殺の原因を上官の暴行と断定し、上官と暴行を黙認していた関係者を停職数日程度の懲戒処分を実施した。しかし、海自は2等海尉との協議が続いているという理由で処分を公表していなかったことが2016年1月12日に各メディアで報道された [3][4]。2等海尉の両親は2016年1月中に国を相手に3000万円の損害賠償を求める裁判を山口地方裁判所に起こすことを明らかにしている[5]

現在も第1潜水隊群第5潜水隊に所属し、定係港は呉である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
- 加納雅人 2007.12.5 - 2009.3.30 防大26期 そうりゅう艦長
そうりゅう艦長
1 加納雅人 2009.3.30 - 2009.11.30 防大26期 そうりゅう艤装員長 第5潜水隊司令 就任時2等海佐
2009.7.1、1等海佐昇任
2 笹木雅仁 2009.12.1 - 2011.3.24 防大31期 ふゆしお艦長 艦艇開発隊潜水艦科長
3 岡氏進一 2011.3.25 - 2012.6.24 防大35期 潜水艦隊司令部 ちはや副長
4 竪山博幸 2012.6.25 - 2013.11.14 潜水艦教育訓練隊 潜水艦隊司令部幕僚
5 渡邊秀樹 2013.11.15 - 2014.11.30 潜水艦隊司令部幕僚 潜水艦教育訓練隊学生隊長
6 佐藤直幸 2014.12.1 - 2016.11.20 防大38期 潜水艦教育訓練隊 潜水艦教育訓練隊学生隊長
7 野村親永 2016.11.21 -   潜水艦教育訓練隊  

脚注[編集]

  1. ^ 「海上自衛隊ニュース 航海中の「そうりゅう」で乗員1名が死亡」 『世界の艦船』第770集(2012年12月号)海人社 P.100
  2. ^ 「そうりゅう」死亡事故 海幕「事件性認められず」”朝雲新聞、2013年2月19日
  3. ^ 海自潜水艦で拳銃自殺図る 広島の呉基地 47news 2013年9月2日
  4. ^ 海自2尉の自殺未遂、上官の暴力原因…3人処分 読売オンライン 2016年1月13日
  5. ^ 「上官の暴力で自殺未遂」…家族が国提訴へ”. 毎日新聞 (2016年1月13日). 2016年1月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

関連項目[編集]