そして愛に至る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
そして愛に至る
Après la réconciliation
監督 アンヌ=マリー・ミエヴィル
脚本 アンヌ=マリー・ミエヴィル
製作総指揮 アラン・サルド
ルート・ヴァルトブルゲール
出演者 アンヌ=マリー・ミエヴィル
ジャン=リュック・ゴダール
クロード・ペロン
ジャック・スピセール
音楽 レスター・ボウイ
キース・ジャレット
アルヴォ・ペルト
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
トマシュ・スタンコ
カミーユ・サン=サーンス
撮影 クリストフ・ボーカルヌ
編集 アンヌ=マリー・ミエヴィル
製作会社 アッヴェントゥーラ・フィルム
ヴェガ・フィルム
ペリフェリア
テレヴィジオン・スイス・ロマンド
ヴォー州基金
カナル・プリュス
フランス国立映画センター (CNC
配給 フランスの旗 ヴェガ・プロデュクシオン
日本の旗 プレノン・アッシュ
公開 フランスの旗 2000年12月27日
カナダの旗 2001年8月27日 モントリオール世界映画祭
カナダの旗 2001年9月10日 トロント国際映画祭
日本の旗 2002年4月27日
上映時間 74分
製作国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
英語
テンプレートを表示

そして愛に至る』(-あいにいたる、仏語: Après la réconciliation、「和解の後で」の意)は、2000年(平成12年)製作・公開、アンヌ=マリー・ミエヴィル監督によるフランススイス合作の長篇劇映画である。

略歴・概要[編集]

1973年(昭和48年)以来、映画作家ジャン=リュック・ゴダールの公私にわたる長年のパートナーとして、ゴダールとともに数々の共同監督作品を生み出し、製作会社ペリフェリアを経営してきたミエヴィルが、ゴダールとともにメインキャストとして出演し、単独で監督したのが本作である。本作はミエヴィルの単独監督作第4作である。

1970年(昭和45年)に、当時アンヌ・ヴィアゼムスキーを妻とし、ジガ・ヴェルトフ集団ジャン=ピエール・ゴランとともに主宰していたゴダールと出逢ったミエヴィルは、歌手から写真家に転身した[1]人物であり、1975年(昭和50年)にゴダールと共同監督した『うまくいってる?』には主演しており、本作では、100本になんなんとする出演作をもつゴダールと互角に女優をつとめた。

本作では、さまざまな主題が語られるが、ストーリーの感情の焦点に、パートナーの他者との恋愛問題が置かれている。1996年(平成8年)に振り切られる形で終止符を打った、『フォーエヴァー・モーツアルト』に出演した女優ベランジェール・アローへのゴダールの恋愛的執着との関係が伺われる[2]

日本では、ゴダールが同時期に発表した映画『愛の世紀』(1999年)が2002年(平成14年)4月13日に公開され、そのちょうど2週後の同年4月27日に公開された。同年10月18日には、紀伊國屋書店から『愛の世紀』と2枚組でDVDが発売されたが、現在はすでに廃盤である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

女(アンヌ=マリー・ミエヴィル)がパリに戻ってくる。友人のカトス(クロード・ペロン)、女の夫であるロベール(ジャン=リュック・ゴダール)と3人で、さまざまな主題についての議論をする。女は買い物に出かけ、つかの間の不在の隙に、カトスはロベールを誘惑するが、ロベールはそれに応じなかった。

女は、帰ってくるが、アルチュール(ジャック・スピセール)という男といっしょだった。4人で再び会話を始めるが、やがて口論となり、アルチュールはその場を立ち去る。カトスが去って、夫婦2人きりとなったとき、女はアルチュールとの恋を告白する。ロベールは泣いてしまう。女はロベールを抱きしめる。

女とロベールが劇場に行くと、偶然、カトスとアルチュールがいっしょに来ているところに出遭う。4人はまた、議論を始めるのであった。

[編集]

  1. ^ コリン・マッケイブ『ゴダール伝』、堀潤之訳、みすず書房、2007年6月9日 ISBN 4622072599, p.240.
  2. ^ 『ゴダール伝』、p.403.