そっくりマネまね大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
そっくりマネまね大賞
TBS Hall.JPG
番組の収録が行われたTBSホール
ジャンル 視聴者参加型バラエティ番組
出演者 生島ヒロシ
酒井ゆきえ
宮川泰ほか
製作
プロデューサー 小松敬
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年10月10日1983年3月26日
放送時間 土曜12:00 - 13:00
放送分 60分

そっくりマネまね大賞』(そっくりマネまねたいしょう)は、1981年10月10日から1983年3月26日までTBS土曜12:00 - 13:00(JST)に放送された、視聴者参加型バラエティ番組である。

概要[編集]

有名人に似ていると自認する人が一堂に会し、そのものまねと目立ちたがり精神の中から、そっくりさんを決めようという視聴者参加番組。たとえそのまねぶりが下手でも、懸命に「本物」に似せようとする様子がわかれば、審査の第一ポイントで高い点が与えられる[1]

収録は『クイズダービー』と同じく、「TBSホール」で行われた。

出演者[編集]

司会
審査委員長
優勝者
  • 1981年10月10日(第1回放送)優勝者は、当時高校1年生の前島一仁(当時16歳)

スタッフ[編集]

  • 制作:青柳脩
  • プロデューサー:小松敬
  • 演出:神保泰宏、斉藤薫、鈴木宏義
  • 中継担当ディレクター:大場昴一
  • 構成:奥山侊伸

脚注[編集]

  1. ^ 1981年10月10日付の「東京新聞」ラジオ・テレビ欄。

関連項目[編集]

TBS 土曜正午枠
前番組 番組名 次番組
そっくりマネまね大賞
12時のスペシャル
(12:00 - 13:54)