その道・オリジナル14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
その道・オリジナル14
研ナオコベスト・アルバム
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル 東宝レコード
研ナオコ 年表
㐧三の女
1974年
その道・オリジナル14
(1975年)
愚図
(1975年)
テンプレートを表示

その道・オリジナル14』(そのみち・オリジナル14)は、1975年に発売された研ナオコの初のベスト・アルバム。発売元は東宝レコード。オリジナルLP規格品番:AX-6035。

解説[編集]

  • 研ナオコの東宝レコード在籍時代唯一のベスト盤LPにして、唯一全曲オリジナル作品(オリジナルシングル楽曲)でまとめたアルバムである[1]
  • 本作がリリースされた1975年、研ナオコは東宝レコードを離れキャニオンレコードへ移籍する。故に本作が東宝レコードで発表した最後のアルバムとなる。
  • 東宝時代のシングルA・B面作品をほぼ全て網羅しているが、「御免遊ばせ」と「月がのぼれば」の2曲については収録されていない(いずれもB面曲、未収録となった経緯や理由は不明である)。
  • 研ナオコが当時大ヒット歌手ではなかった[2]ことに加え、後に東宝レコードが業績不振により1980年に事業の停止を決定、翌1981年に親会社の東宝に吸収合併されて消滅した(1980年7月頃には同月中にそれまで発表されたレコードが廃盤となった)ことから、本作は長らく「知る人ぞ知るアルバム」と化していた。
  • アルバム全体としての復刻は為されていないが、本作収録曲はシングルA面曲とB面曲が別々ではあるものの『研ナオコ シングルA面コンプリート』と『研ナオコ シングルB面コンプリート』の2作品でポニーキャニオンよりCD化された。『A面コンプリート』発売(2013年)と『B面コンプリート』発売(2014年)により、それまで未CD化作品が大部分であった研ナオコの東宝レコード時代のシングル音源は全てCD化が達成された。

収録曲[編集]

Side A[編集]

  1. 何をしようかな (2:55)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:高田弘
  2. 屋根の上の子守唄 (3:23)
    作詞:阿久悠、作曲:井上かつお、編曲:馬飼野俊一
  3. 二人で見る夢 (2:41)
    作詞:阿久悠、作曲:筒美京平、編曲:高田弘
  4. 嘆きのブルーレディー (2:01)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:高田弘
  5. Bと言うスナック (3:11)
    作詞:阿久悠、作曲:井上かつお、編曲:馬飼野俊一
  6. うわさの男 (2:29)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:高田弘
  7. 㐧三の女 (3:16)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:鈴木宏昌

Side B[編集]

  1. 大都会のやさぐれ女 (3:26)
    作詞:坂口宗一郎、作曲:中山大全、編曲:竹村次郎
  2. 女心のタンゴ (2:45)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:前田憲男
  3. ボーイフレンド (3:14)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:森田公一
  4. 小さな願い (3:01)
    作詞:阿久悠、作曲:筒美京平、編曲:高田弘
  5. 家へおいで (3:33)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:鈴木宏昌
  6. こんにちは男の子 (3:34)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:高田弘
  7. 京都の女の子 (2:57)
    作詞:阿久悠、作曲:森田公一、編曲:森田公一

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 既発アルバムであった『女ごころ』と『㐧三の女』は、カバー曲も多数収録されていたため厳密にはオリジナル作とは云えない。
  2. ^ オリコンチャートでは初のベスト10位以内にランクされるのは、皮肉にもキャニオン・レコード移籍第一弾シングル「愚図」(オリコン週間9位)である。