そば屋梅吉捕物帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

そば屋梅吉捕物帳』(そばやうめきちとりものちょう)は、1979年(昭和54年)9月26日から1980年(昭和55年)3月26日東京12チャンネルで放送された時代劇中村梅之助主演。全26回。

概要[編集]

1977年の『達磨大助事件帳』(テレビ朝日系)以来、『若さま侍捕物帳』(テレビ朝日系、主演:田村正和)、『伝七捕物帳(テレビ朝日版)』と、国際放映前進座とタッグを組んで梅之助出演のテレビ時代劇を送り出したが、レギュラーシリーズとしては本作が最後となった。「捕物帳」と銘打っているが、中村梅之助演じる梅吉は、着流し姿で秘密裏に悪人たちを闇に葬る。また、伝七同様、梅之助が「北町奉行・遠山左衛門尉景元(金さん)」との二役を見せる。

あらすじ[編集]

元町奉行所の同心で、今はそば屋の梅吉が、3人の仲間と共に悪人を斬り捨てる物語

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:神山安平(東京12チャンネル)、神谷吉彦(国際放映)、鈴木潔(前進座)
  • 制作担当:江津兵太(東京12チャンネル)、駒井憲二、戸井公平
  • 脚本:放映リスト参照
  • 監督:放映リスト参照
  • 音楽:土橋啓二
  • 殺陣:山口博義
  • 現像:東京現像所
  • 資料提供・技術指導:野川康昌、新島繁、鈴木啓之
  • 協力:日本麺類業組合連合会
  • 制作協力:前進座
  • 制作:東京12チャンネル、国際放映

放映リスト(サブタイトルリスト)[編集]

主題歌[編集]

関連項目[編集]

CSチャンネルでの再放送[編集]

  • 2014年4月 - 時代劇専門チャンネル
  • 2016年5月 - 時代劇専門チャンネル

脚注[編集]

東京12チャンネル 水曜21時枠
前番組 番組名 次番組
そば屋梅吉捕物帳