それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンパンマン > それいけ!アンパンマン > それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星
えいが それいけ!アンパンマン
かがやけ!クルンといのちの星
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖

アンジャッシュ児嶋一哉渡部建
配給 東京テアトル[1]
公開 日本の旗 2018年6月30日
上映時間 60分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億4900万円[2]
前作 それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!
次作 それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫
テンプレートを表示

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』(それいけアンパンマン かがやけ!クルンといのちのほし)は、2018年6月30日公開の日本アニメ映画。『それいけ!アンパンマン』映画シリーズ通算第30作。キャッチコピーは、『いけ! みんなのゆめ まもるため[3]

概要[編集]

『それいけ!アンパンマン』TVシリーズ・劇場版シリーズ共に30年目の2018年に公開された本作は、アンパンマンの誕生、そして生命の根源となる「いのちの星」が作品の本筋に大きく関与する。『アンパンマン』の原点となる『アンパンマンのマーチ』をメインテーマに、好奇心旺盛で不思議な子・クルンとアンパンマン達が、いのちの星の故郷を救うべく奮闘する物語が描かれる[1]

前作同様、観客参加型のシーンも挿入されている。

ゲスト声優として、女優の、お笑いコンビのアンジャッシュ児嶋一哉渡部建)が出演。杏はクルン役、渡部はバイキンメカのだだんだん役、児嶋はゴロンゴロ役をそれぞれ演じる[4][5]。30周年記念で試写会には普段は出演することがなかった戸田や中尾もゲスト声優の3人と一緒に登場した。

本作は、2018年4月1日に、バンダイビジュアルランティスを吸収合併してバンダイナムコアーツになったことから、主にディズニー作品とは異なり、『それいけ!アンパンマン』TVシリーズ・劇場版シリーズ共に2018年4月1日以降のバンダイナムコアーツの映像レーベル「バンダイビジュアル」が関わるようになった[6]

また、これまでのシリーズでテーマソングや挿入歌を担当したドリーミングの寺田嘉代の最後の出演となった。

本作が平成時代に公開された最後の劇場版アンパンマンとなった

あらすじ[編集]

参考:[1]

アンパンマン達の住む町では、年に一度開かれる『星祭り』の準備が進められていた。

ある日、どんな物でも吸引してしまうばいきんまんのゴミ箱から謎の黒い卵が突然飛び出した。そして卵の中から「クルン」という元気な子供が現れた。

自分がどこからやって来たのかを覚えていないクルンは、毎日楽しく仲間達と過ごしていた。ところがある日、大量の黒い星がアンパンマンワールドに降り注ぎ、草木が枯れてしまう大事件が発生する。

いのちの星」の故郷への悪影響を懸念したアンパンマン達は、故郷となる地を目指し宇宙へと飛び立つ。

登場キャラクター(キャスト)[編集]

詳細はアンパンマンの登場人物一覧を参照。

レギュラーキャラクター[編集]

アンパンマン
- 戸田恵子
今作ではクルンが黒い星を浄化する瞬間を一人目撃したり、終盤に於いて黒い星が放つスクラップの塊に呑まれいのちの星が抜けていくといったトラブルに見舞われた。
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
偶然にもゴミ箱に入っていた、クルンを見つける。「クルン」という名前を決めたのも彼である。前作までは直接アンパンマン達の前に立ちはだかっていたが、今作では直接アンパンマン達の前に立ちはだかる訳ではないものの、自分の発明したブラックホールがトラブルの原因となった。黒い星のパワーを利用してアンパンマンをやっつけることを企てるも黒い星のエネルギーを自分の手で制御できない上に黒い星のパワーでアンパンマンが窮地に陥ってからはアンパンマンの救出に協力する。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
ドキンちゃん
声 - 冨永みーな
前作まで声を担当した鶴ひろみが死去したため、テレビアニメ同様本作からは冨永が鶴の役を引き継いで担当することになった。ばいきんまんがクルンに話す武勇伝、自画自賛する内容を過去のVTRを交えて否定したり注意する事が多い(いのちの星の故郷上に漂うスクラップ状態のバイキンメカを見たばいきんまんがここには自身の長年の歴史が詰まっていると話すのに対し「失敗作」の歴史だと振り返り、クルンに話した)。
ホラーマン
声 - 矢尾一樹
今作では途中でばいきんまんの作ったブラックホールに吸い込まれてしまい、いのちの星の故郷でばいきんまん達からゴミの中から発見されるまで退場していた為、前作同様直接ばいきんまん達に同行するわけではなかった。発見された直後は黒い星の影響で記憶喪失状態だったがドキンちゃんの放った張り線のショックで即座に回復し、ばいきんまんの作ったブラックホールといのちの星の故郷が繋がっていることを2人に伝えた。
しょくぱんまん
声 - 島本須美
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
街に落下してきた黒い星を避けようとカレーパンチを繰り出すも黒い星の放つ電流を帯びて痺れてしまった。
メロンパンナ
声 - かないみか
ロールパンナ
声 - 冨永みーな
劇場版では第25作以来、5年ぶりに登場し、台詞付きでの登場は第20作以来10年ぶりとなった。メロンパンナやクリームパンダ、コキンちゃん、クルン達と花畑で戯れたりアンパンマンの素晴らしさをクルンに語ったり、街に黒い星が降った際は黒い星に襲われそうになったたぬきの子供を救出しながらアンパンマンを応援したりと登場シーンは比較的多かった。
クリームパンダ
声 - 長沢美樹
自分が何のために生まれたかわからなそうだとコキンちゃんを挑発したため、コキンちゃんの青い涙を浴びてしまい涙が止まらなくなってしまった。
どんぶりまんトリオ
今回はカメオ出演のような形で数秒登場するが、トリオでセリフを発するシーンがある。
てんどんまん
声 - 坂本千夏
カツドンマン
声 - 三ツ矢雄二
かまめしどん
声 - 山寺宏一
コキンちゃん
声 - 平野綾
今作では第26作のような表立った活躍や前作のような冒頭のみの出演ではなく、メロンパンナやクリームパンダの遊び友達のような形で随所に登場。終盤ではカバオ達と共にアンパンマンの応援をするよう街の人々に働きかけた。
みみせんせい
声 - 滝沢ロコ
歌の指導をしたり、弱気になったキャラクターに優しいことばをかけたりした。
カバオくん
声 - 山寺宏一
黒い星の影響で悪夢を見た際、「おバカじゃないよ、カバオだよ〜」と寝言を言いながらうなされていた。
ピョン吉
声 - 原えりこ
ウサ子
声 - 中村ひろみ
ちびぞうくん
声 - 坂本千夏
かびるんるん

ゲストキャラクター[編集]

クルン
声 -
性別 - 女
ばいきんまんのゴミ箱に入っていた卵から出た謎の少女。顔は人間で星のような髪型と首に巻いたマフラーが特徴。好奇心旺盛な性格。飛行能力がある。
黒い星とブラックホールの影響で記憶喪失になっており、ばいきんまん達やアンパンマン達と過ごしていたが、そうしている間に発生したいのちの星の故郷の危機で自分の役目を思い出していく。
街の住人
声 - 藤井恒久岡田結実
街で黒い星に襲われ体中が黒くなってしまったキャラクターたち。緊迫した状況で力を合わせて頑張ろうとする子供達に対して「自分達はアンパンマンとは違う」などネガティヴな発言をする。

その他の登場キャラクター[編集]

シドロ&モドロ
声 - ドリーミング
序盤に登場。
えんぴつぼうや
ノートくん
スケールちゃん
ケシゴムせんせい
りんごちゃん
うめぼしばあや
うめこちゃん
アンコラ
コアンコラ
きのこブラザーズ
はみがきまん
おそうじトリオ(おそうじまん、タワシくん、バケツくん)
SLマン
やきそばパンマン
やきそばかすちゃん
ハンバーガーキッド
ピクルス
チャーハンおうじ
せいろくん
ちゅうかどんまん
とんこつだいじん
ギョーザくん
らーめんてんし
パイナップルマン
パインちゃん
パイナップルダンサーズ
パイナップル村長
ヤーダ姫
それいけ!アンパンマン ゴミラの星』のヤーダ姫と同一人物。本作ではドレス姿で登場し、頭に王冠を載せている。星の子ルルンたちとおなじ星にいる様子。
星の子ルルンと仲間たち(多数)
こてつちゃん
こてつじいさん
クロワッサン姫
クロワッサン王子
おむすびまん
こむすびまん
やなせうさぎ
あかちゃんまん
ペンギンぼうや
ペン子
ナンドバット
すなおとこ(複数)
くじらのクータン
イルカのベソ
サニー姫
ヌラ
マイマイの親子
フラワー姫
フラワーさん
やまねこ大王
ニャンコック
ひなた村の人々
たこやきまん
わたあめじいさん
アイスマントリオ(ソフトクリームマン、アイスキャンディーマン、フラッペちゃん)
でんでん一座
以上、バイスターの被害にあったキャラクター。

用語[編集]

いのちの星(いのちのほし)

乗り物と道具[編集]

ドキンUFO(ドキンユーフォー)
宇宙船アンパンマン号(うちゅうせんアンパンマンごう)
しょくぱんまん号

バイキンメカ[編集]

バイキンUFO
ハイパーゴミキエール
だだんだん
声 - 渡部健アンジャッシュ
ばいきんまんが作ったお馴染みのロボット兵器の一つ。
ゴロンゴロ
声 - 児嶋一哉(アンジャッシュ)
第25作『とばせ!希望のハンカチ』以来の登場。
スーパーもぐりん飛行型
ジャイアントベアリングロボ
声 - 山寺宏一
チェンジバードロボ
声 - 三ツ矢雄二
以上はスクラップにされたが、バイスターの力でよみがえった。ヨゴスゾウの破片らしきものもあったが、それはよみがえらなかった。
バイスター
本作の黒幕。その正体は黒い星によって生み出された謎の生命体。自我を持つが、言葉は話せない。目から発射するビームで相手を星に変える能力を持つ。バイキンメカに再生能力をあたえつつアンパンマンたちに襲う。しかし、しだいに捨てられた恨みのせいか、ばいきんまんにも襲いかかる。

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

オープニング『アンパンマンのマーチ』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
エンディング『勇気りんりん』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:戸田恵子(アンパンマン)、中尾隆聖(ばいきんまん)、増岡弘(ジャムおじさん)、佐久間レイ(バタコさん)、山寺宏一(めいけんチーズ)、冨永みーな(ドキンちゃん・ロールパンナ)、矢尾一樹(ホラーマン)、柳沢三千代(カレーパンマン)、島本須美(しょくぱんまん)、かないみか(メロンパンナ)、長沢美樹(クリームパンダ)、(クルン)
それいけ!アンパンマン ルビーの願い』同様、30周年記念のためアンパンマンたちとクルンが歌っている。

ミュージカル[編集]

2018年10月6日にて『それいけ!アンパンマン』30周年記念として、『それいけ!アンパンマン アニバーサリーフェスティバル ありがとう!みんなのキラキラパーティ』が公演。2019年でも再公演予定。アンパンマンを始め、30名のキャラクターが出演しており、本作にも登場したクルンも出演した。

ストーリー[編集]

アンパンマンはいつもみんなを助けてくれた。そこで仲間たちはアンパンマンに「ありがとう」を伝えるためにパーティーを開く。びっくりさせるために内緒にしようとする。一方で、ばいきんまんがパーティーを乗っ取ろうと悪だくみ。

キャスト[編集]

  • アンパンマン - 戸田恵子
  • ばいきんまん - 中尾隆聖
  • ジャムおじさん - 増岡弘
  • バタコさん - 佐久間レイ
  • めいけんチーズ - 山寺宏一
  • カレーパンマン - 柳沢三千代
  • しょくぱんまん - 島本須美
  • メロンパンナ - かないみか
  • ロールパンナ - 冨永みーな
  • クリームパンダ - 長沢美紀
  • ドキンちゃん - 冨永みーな
  • ホラーマン - 矢尾一樹、肝付兼太(歌)
  • コキンちゃん - 平野綾
  • てんどんまん - 坂本千夏
  • カツドンマン - 三ツ矢雄二
  • かまめしどん - 山寺宏一
  • しらたまさん - 伊倉一恵
  • みみせんせい - 滝沢ロコ
  • カバオくん - 山寺宏一
  • ナガネギマン - 大塚明夫
  • ドレミ姫 - 川澄綾子
  • プリンちゃん - 稀代桜子
  • エクレアさん - 三田ゆう子
  • ケーキちゃん - 丹下桜
  • フラワー姫 - 潘恵子
  • はみがきまん - 阪口大助
  • ハンバーガーキッド - 三ツ矢雄二
  • コロッケキッド - 田中真弓
  • 鉄火のマキちゃん - 勝生真沙子
  • 鉄火のコマキちゃん - 沖佳苗
  • クルン - 杏

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』劇場映画が6月30日より全国公開”. アニメイトタイムズ (2018年1月5日). 2018年1月5日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.41
  3. ^ 2018年えいが 『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』公式サイト”. 2018年5月31日閲覧。
  4. ^ 杏とアンジャッシュが「アンパンマン」新作映画にゲスト参加(コメントあり)”. 映画ナタリー (2018年2月22日). 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ アンジャッシュがアンパンマン映画の声優に、“アン”つながりのオファー”. お笑いナタリー (2018年2月22日). 2018年3月11日閲覧。 - なお杏と渡部は、佐々木希(杏の事務所同僚で渡部の妻)を通しての繋がりもある。
  6. ^ なお、主にディズニー作品としては、2018年4月1日以降のバンダイナムコアーツの映像レーベル「BANDAI VIDEO NETWORK」が関わるようになった。