それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アンパンマン > それいけ!アンパンマン > それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫
えいが それいけ!アンパンマン
きらめけ!アイスの国のバニラ姫
監督 矢野博之
脚本 米村正二
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
榮倉奈々
ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん)
平野綾
音楽 いずみたく
近藤浩章
主題歌 『ドレミファ アンパンマン』
配給 東京テアトル
公開

日本の旗 2019年6月28日

中華民国の旗 2019年11月22日
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億66万円[1]
前作 それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星
次作 それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国
テンプレートを表示

それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(それいけアンパンマン きらめけ!アイスのくにのバニラひめ)は、2019年6月28日公開の日本アニメ映画。『それいけ!アンパンマン』映画シリーズ通算第31作[2]。キャッチコピーは『アイスの国が大ピンチ! みんなを救って笑顔を取り戻せ![3]

全日本私立幼稚園連合会、社会福祉法人日本保育協会推薦作品。

概要[編集]

原作者であるやなせたかしの生誕100周年記念。

本作のキーワードは「笑顔」。バニラ姫がアンパンマンや仲間達と共に「アイスの国」を救うべく奮闘する姿が描かれる。

ゲスト声優として、女優の榮倉奈々、お笑いコンビのANZEN漫才(みやぞん・あらぽん)が出演。榮倉はヒロインのバニラ姫役を、みやぞんはバニラ姫の教育係・ジェラート大臣役を、あらぽんはバイキンメカのバイキンアイスロボ役をそれぞれ演じる[4]

前作までは土曜日に公開されていたが、本作は劇場版シリーズでは初の金曜日公開となった。

あらすじ[編集]

魔法のスプーンを使ってアイスを作る「アイスの国」のお姫様・バニラ姫。しかし彼女には「アイスの国の姫なのにアイスが作れない」という悩みがあった。

結果、アイスが無くなった国は寒々しく寂れた地へ変わり果ててしまう。そして、何度練習を重ねてもアイスが作れず堪りかねたバニラ姫は、城を抜け出してしまった。

その道中、アンパンマン、コキンちゃんと出会ったバニラ姫。自分がアイスを作れない理由や自身に足りないものをアンパンマンや仲間達と交流を深める中で学んでいく。

一方、ばいきんまんはバニラ姫がいなくなったアイスの国で大暴れ。果たしてアンパンマン達はアイスの国を救うことが、そしてバニラ姫は自分の力でアイスを作ることができるのか[5]

登場キャラクター(キャスト)[編集]

詳細はアンパンマンの登場人物一覧を参照。

レギュラーキャラクター[編集]

アンパンマン
声 - 戸田恵子
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
本作の悪役。序盤からイカロボットの上に乗って登場。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
過去の映画では自己紹介する時自分を「ジャム」と呼んでいたが、本作で初めて「ジャムおじさん」と呼んだ。
増岡は2019年8月5日に同役降板を発表したため、本作が劇場版最後の担当となった。
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
クリームパンダがパンダ呼ばわりされた時はを持っていた。
ドキンちゃん
声 - 冨永みーな
終盤での騒動前には帰ってしまったため、強制変身を逃れた。
ホラーマン
声 - 矢尾一樹
前作・前々作では登場するたびに退場していた(前者ではばいきんまんの作ったブラックホールに吸い込まれ、後者は登場直後にドキンちゃんに殴り飛ばされたため)が、本作では退場せず通常通りばいきんまん達に同行していた。バニラ姫のことを知っていた。
コキンちゃん
声 - 平野綾
第27作『ミージャと魔法のランプ』以来、メインとなっている。ばいきんまんの仲間だが、バニラ姫の味方をした。
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
キャンプにカレーを作った。
しょくぱんまん
声 - 島本須美
キャンプではパン料理を振る舞った。
メロンパンナ
声 - かないみか
クリームパンダ
声 - 長沢美樹
本作でも相変わらずパンダ呼ばわりされる。
みみせんせい
声 - 滝沢ロコ
カバオくん
声 - 山寺宏一
ちびぞうくん
声 - 坂本千夏
ピョン吉
声 - 原えりこ
ウサ子
声 - 中村ひろみ
かびるんるん
声 - 藤井恒久

ゲストキャラクター[編集]

バニラ姫
声 - 榮倉奈々
アイスの国のお姫様。最初は、アイスクリームが作れなくて匙を投げたことから、アイスの国を飛び出してアンパンマンワールドにやって来た。途中知り合ったコキンちゃんと仲良くなるが、物語中盤で魔法のスプーンを投げ捨てられたことから口論になってしまう。アンパンマンたちからは「バニラ」ちゃんと呼ばれる。
その後終盤でアイスの国に里帰りした後にアイスクリームを作れるようになり、これがばいきんまんとの戦いで勝利するきっかけになった。
ジェラート大臣
声 - みやぞん(ANZEN漫才
バニラ姫の執事。潔癖かつどんな些細なことにもこだわりがあるので、姫の悩みのタネでもある。「ジェラート」が口癖。
レインボーアイスクリームアンパンマン
声 - 金魚わかな(オレンジアイスアンパンマン)
イチゴ、オレンジ、バナナ、メロン、グレープの5色のアイスアンパンマン。アンパンマンたちに加勢した。

その他本作の登場キャラクター[編集]

シドロ&モドロ
声 - ドリーミング
妹の寺田嘉代が2019年1月31日に死去した事に伴い、本作より姉の寺田千代による1人2役となるが[6]、名義は引き続き「ドリーミング」となっている。
やなせうさぎ
本作では複数で登場。オープニングとエンディングに登場。
ゆきだるまん
本作ではアイスの国でアイス運びを手伝う。また、魔法のスプーンから生まれたアイスだけあって、頭にアイス用コーンを被っている。
チャーハン王子
ギョーザくん
王宮の召使い
ナキウサギ
ナキウサギの母
ストーンマン

エンディングのみ登場したキャラクター[編集]

アイスの国から送られたアイスクリームを笑顔で食べている。中には、普段アイスクリームを食べないキャラクターも交ざっている(あかちゃんまん、ゴミラ、アンコラなど)。

SLマン
ダテマキマン
ナガネギマン
やきそばパンマン
ブリキッド
サラダ姫
おむすびまん
こむすびまん
てんどんまん
カツドンマン
かまめしどん
あかちゃんまん
ハンバーガーキッド
かつぶしまん
鉄火のマキちゃん
鉄火のコマキちゃん
おくらちゃん
ゴミラ
へどろまん
かぜこんこん
いわおとこ
しらたまさん
ニガウリマン
ドーナツマン
ハニー
アリンコキッド
らーめんてんし
アンコラ
コアンコラ
ハッパちゃん
フランケンロボくん
ドリアン王女
だいこんやくしゃ
だいこん座長

用語[編集]

アイスの国
雪山の中にある国。アイスクリームで作られた城がそびえ立つ。

乗り物と道具[編集]

アンパンマン号(アンパンマンごう)
ドキンUFO(ドキンユーフォー)
ブルーティアーズ号(ブルーティアーズごう)
バニラ姫とぶつかったことで壊れてしまうが、ジャムおじさんに修理されて直った。
魔法のスプーン
本作のキーアイテム。バニラ姫の魔法の源。「アイスマイル・ユースマイル・アイスクリーム」と唱えることでアイスクリームが作れる。大きくして箒のように飛ぶことも可能。
ジュラート大臣の気球
ジェラート飛行船

バイキンメカ[編集]

バイキンUFO(バイキンユーフォー)
バイキンアイスロボ
声 - あらぽん(ANZEN漫才)
アイスの国に現れたばいきんまんのロボットで、相手をアイスクリームやアイスキャンディーに変える光線を発射する。
小型ロボ
声 - 鈴木琢磨
分離して空を飛ぶ。相手をアイスクリームやアイスキャンディーに変える光線を発射する。
イカロボット
OPに登場したばいきんまんのロボットで、かつて『恐竜ノッシーの大冒険』で大暴れをした潜水メカと同一の形をしている。本作では、頭部が巨大なミサイルになっている。
ゴロンゴロ
もぐりん
カッパラス
ジャイアントベアリングロボ
バイキン山猫ロボ
以上が、ばいきんまんの秘密基地にいたロボットで、コキンちゃんに全て壊されてしまった。なお、ジャイアントベアリングロボは、かつて『勇気の花がひらくとき』で破壊された後、前作の『かがやけ!クルンといのちの』でバイスターによって再生されているが、本作に登場したこのジャイアントベアリングロボは、その同一のものかは不明。
ビックUFO
ばいきんまんが作ったが、コキンちゃんとバニラ姫が勝手に乗ってしまった。
ジャイアントだだんだん
ビックUFOから変形ロボットで、相手をアイスクリームやアイスキャンディーに変える光線を発射する。

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

オープニング『アンパンマンのマーチ』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
エンディング『勇気りんりん』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
挿入歌
本作の挿入歌は、ドリーミングがソロユニットとなってからの初レコーディングとなる[7]
『ドレミファアンパンマン』
作詞:やなせたかし、作曲:TSUKASA、編曲:TSUKASA & 陶山準、歌:ドリーミング
アイスクリームのうた
作詞:佐藤義美、作曲:服部公一、編曲:佐藤由理、歌:ドリーミング
劇場版では珍しく、やなせの関与していない楽曲のカバーを使用している。
アンパンマンシリーズとしては本作以前にもばいきんまん(中尾隆聖)とドキンちゃん(鶴ひろみ)によるカバーが存在している。

脚注[編集]