それでも好きだよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
それでも好きだよ
指原莉乃シングル
B面 初恋ヒルズ
恋愛総選挙〜指原莉乃 solo ver.〜(Type-A)
愛しきナターシャ(Type-B)
Yeah!めっちゃホリデイ(Type-C)
リリース
規格 マキシシングル
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 秋元康(作詞)
渡辺和紀(作曲)
プロデュース 秋元康(総合)
磯野久美子(Artist、太田プロ
中島千寿(Co、太田プロ)
松村匠AKS
窪田康志(EP、AKS)
磯野勉(EP、太田プロ)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • デイリー1位(オリコン)
  • 2012年4月度月間5位(オリコン)
  • 2012年度上半期27位(オリコン)
  • 登場回数15回(オリコン)
  • 1位Billboard JAPAN Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 27位(Billboard JAPAN Top Hot Airplay)
  • 18位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
  • 6位RIAJ有料音楽配信チャート
指原莉乃 シングル 年表
- それでも好きだよ
(2012年)
意気地なしマスカレード
(2012年)
テンプレートを表示

それでも好きだよ」(それでもすきだよ)は、日本の女性アイドル指原莉乃の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、渡辺和紀により作曲されている。指原が当時所属していた女性アイドルグループ・AKB48からのソロデビューシングルとして、2012年5月2日avex traxから発売された。

背景とリリース[編集]

2012年1月8日、アイドルグループ・AKB48の24枚目のシングル「上からマリコ」の劇場盤発売記念大握手会イベントにおいて、当時メンバーであった指原莉乃[注 1]のソロデビューが発表された[1]。AKB48のメンバーで本格的なソロデビューが発表されるのは指原で5人目となった[1][注 2]。またソロデビューについては、発表されるまで指原本人にも知らされていなかった。この発表がされた段階ではデビュー曲のタイトルは未定であったが、発表と同時にデビュー曲が指原主演のドラマ『ミューズの鏡』の主題歌になることが明らかにされた[1]。その翌日である1月9日から楽曲のレコーディングが行われる予定であったが[2][3]、デビューが発表される直前に指原はのどを痛めており、これを理由にレコーディングが延期となった[4]。このため楽曲の完成が1月14日深夜に放送された『ミューズの鏡』第1話におけるオンエアの予定に間に合わず、「それでも好きだよ」の初披露は1月21日に開催されたAKB48のライブイベント『リクエストアワー セットリスト ベスト100』(開催3日目)のアンコールにおいて行われた[2][3][4]

「それでも好きだよ」の発売時期について、デビュー決定時には2012年3月の予定[1]、ライブイベントでの初披露時には同年春の予定[4]とされていたが、同年2月22日に行われたファッションブランド「サマンサタバサ」プロモーショナルモデル契約記者会見において、5月2日と発表された[5]。その後同年3月13日に、乃木坂46が2枚目のシングル(「おいでシャンプー」、当時はタイトル未定)を「それでも好きだよ」と同日の5月2日に発売することを公式サイトでアナウンスした[6]。これにより、シングルを通して指原と乃木坂46による「直接対決」がなされることになった[7]

2012年3月下旬、「それでも好きだよ」のジャケット写真およびミュージック・ビデオが初公開された(公開日は、複数のスポーツ紙が21日と報じる[8]一方、オリコンは22日としている[9])。2012年3月28日からは「それでも好きだよ」の着うたレコチョクから配信された[10]。この着うたは切り出し箇所の異なる6種類があり、同年4月3日までに限り購入者全員に全6種類のオリジナル待受画像が特典としてプレゼントされている[10]

「それでも好きだよ」のシングルCDは、Type-A、B、C、Dの4種類がリリースされた。Type-Dは劇場盤ともよばれる販路限定盤で、サイト「mu-moショップ」を通して販売された。Type-A、B、Cの3種にはそれぞれ収録内容の異なるDVDが付属しており、「おいでシャンプー」のシングルの特典DVDに収録されている疑似デート映像に対抗して「33人の指原莉乃疑似デート」が収録されている。CDの収録曲およびジャケットは4種類それぞれで異なっている。特典として、Type-A、B、Cの3種それぞれの初回製造分にはジャケットサイズカード(全5種のうちランダムで1種)および全国イベント応募券が封入されている。劇場盤には発売記念握手会参加券が封入されているが、これとは別に握手会参加券がなく代わりに生写真が封入されているバージョンも販売されている。

全国イベント応募券に関連したイベントは2種類あり、ひとつは2012年5月26日・27日にサンシャイン水族館にて開催の「アシカとさしこの歌謡トークショー」[11]。もうひとつは、同年6月25日に日本武道館にて開催の「指原莉乃プロデュース『第一回ゆび祭り〜アイドル臨時総会〜』[12]。このゆび祭りにはアイドリング!!!私立恵比寿中学SUPER☆GiRLS東京女子流ぱすぽ☆渡り廊下走り隊7ももいろクローバーZ[13]Buono![14][注 3]などの女性アイドルグループが事務所やレコード会社の垣根を超えて集結する。

チャート成績[編集]

表: オリコンチャート成績
(枚数の単位: 万枚)
日付・曜日
(2012年)
それでも好きだよ おいでシャンプー
順位 枚数 順位 枚数
5月1日(火)[15] 2 5.7 1 11.1
5月2日(水)[16] 1 3.0 2 2.2
5月3日(木)[17] 1 1.2 2 0.8
5月4日(金)[18] 1 0.8 2 0.5
5月5日(土)[19] 1 0.6 2 0.4
5月6日(日)[20] 1 0.5 3 0.3
デイリー合計[21] 11.8 15.3
週間チャート[22] 2 12.4 1 15.6

AKB48に関連するアーティスト同士がシングルを同日にリリースするということで、オリコンのサイト「ORICON STYLE」では発売初週のオリコンデイリーシングルチャートを毎日発表する特集記事[23]が用意された。そして、Techinsightの記事は、このデイリーランキングが話題になったという旨を記している[24]

「それでも好きだよ」のシングルCDは発売前日(集計初日)の2012年5月1日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約5.7万枚を記録し、初登場で2位にランクインした。同日付では乃木坂46「おいでシャンプー」が約11.1万枚で初登場1位となり、デイリーチャート初日の売上ではライバル同士による「直接対決」で敗れる結果となった。集計2日目の翌5月2日付においては約3.0万枚を記録し、「おいでシャンプー」を逆転して1位に上がった。本作はそれ以降の5月3日付から6日付にかけても1位を維持した。しかし6日間のデイリーチャートにおける推定売上枚数の合計は、本作が約11.8万枚であるのに対し「おいでシャンプー」が約15.3万枚であり、初日についた差をすべて埋めることができなかった。この6日間それぞれのデイリーチャートにおける両者の順位と推定売上枚数については、表中に記す。

2012年5月14日付オリコン週間シングルチャート(上記6日間のデイリーチャートが反映されている)では約12.4万枚の売上を記録し、初登場で2位にランクインした。1位は「おいでシャンプー」であり、週間チャートでも同作との「直接対決」で敗れる結果となった。一方、2012年に発売されたソロアーティストのデビュー作の中では最も高い初動売上を記録した。また、AKB48からのソロデビュー作が週間チャートで初登場で3位以内に入ったのは指原で4人目となった[22]

なおオリコンチャートにおいては、シングルチャートの集計対象となるCDシングルはその収録曲が4曲以下でなければならないという「対象規定」が存在する[22]。「それでも好きだよ」の劇場盤はこれを上回る5曲を収録しているが、エイベックスは劇場盤について「カバー曲の『Yeah!めっちゃホリデイ』はボーナストラック扱いとして曲数カウントされず、ランキング換算対象になる」と誤認していた[25]。結果として劇場盤はオリコンシングルチャートに反映されず[22]、エイベックスはこの件について指原のオフィシャルサイトでお詫びの文章を掲載した[25]。なおエイベックスによると、劇場盤の枚数は約12,000枚である[25]

ミュージック・ビデオ[編集]

「それでも好きだよ」のミュージック・ビデオロケーション撮影は指原の出身地である大分県に所在する学校[注 4]や、大分市中心部の商店街ガレリア竹町[注 5]などで行われた[26]

メディアでの使用[編集]

楽曲は以下のメディアで使用された。

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「それでも好きだよ」 秋元康 渡辺和紀 渡辺和紀
2. 「初恋ヒルズ」 秋元康 伊藤心太郎 武藤星児
3. 「恋愛総選挙〜指原莉乃 solo ver.〜」 秋元康 平野友義 原田ナオ
4. 「それでも好きだよ (off vocal ver.)」        
5. 「初恋ヒルズ (off vocal ver.)」        
6. 「恋愛総選挙〜指原莉乃 solo ver.〜 (off vocal ver.)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「それでも好きだよ (Music Video)」    
2. 「33人の指原莉乃×中村太洸〜Part I〜」    
3. 「それでも好きだよ -「ミューズの鏡」特別編集版-」    

Type-B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「それでも好きだよ」 秋元康 渡辺和紀 渡辺和紀  
2. 「初恋ヒルズ」 秋元康 伊藤心太郎 武藤星児  
3. 「愛しきナターシャ」 秋元康 吉野貴雄 田口智則、稲留春雄
4. 「それでも好きだよ (off vocal ver.)」        
5. 「初恋ヒルズ (off vocal ver.)」        
6. 「愛しきナターシャ (off vocal ver.)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「それでも好きだよ (Music Video)」    
2. 「33人の指原莉乃×中村太洸〜Part II〜」    
3. Everyday、カチューシャ / ものまねAKB」    

Type-C[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「それでも好きだよ」 秋元康 渡辺和紀 渡辺和紀  
2. 「初恋ヒルズ」 秋元康 伊藤心太郎 武藤星児  
3. Yeah! めっちゃホリディ つんく つんく 伊東大和
4. 「それでも好きだよ (off vocal ver.)」        
5. 「初恋ヒルズ (off vocal ver.)」        
6. 「Yeah! めっちゃホリディ (off vocal ver.)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「それでも好きだよ (Music Video)」    
2. 「33人の指原莉乃×中村太洸〜Part III〜」    
3. 「指原莉乃本人解説による 指原莉乃1stソロシングル「それでも好きだよ」ライブ時における美しいMIXおよびコール講座」    

Type-D[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1. 「それでも好きだよ」 秋元康 渡辺和紀 渡辺和紀
2. 「初恋ヒルズ」 秋元康 伊藤心太郎 武藤星児
3. 「恋愛総選挙〜指原莉乃 solo ver.〜」 秋元康 平野友義 原田ナオ
4. 「愛しきナターシャ」 秋元康 吉野貴雄 田口智則、稲留春雄
5. 「Yeah! めっちゃホリディ」 つんく つんく 伊東大和

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年6月16日付けで、指原はAKB48から姉妹グループのHKT48に移籍している。
  2. ^ 秋元康が作詞を手掛けていないものや別名でのソロデビューを含めると指原は8人目である。板野友美の1stシングル「Dear J」を参照。
  3. ^ 本作購入者特典のイベント参加募集が締め切られた後の2012年5月28日に発表された。
  4. ^ 女子高生の指原が思いを寄せる男子生徒の彼女役で大分のローカルアイドルSPATIOの阿部華也子が出演。撮影場所は阿部が実際に通っている高校であることを大分放送『旬感!3ch』2012年4月18日放送分で阿部が発言している。
  5. ^ PVにおいてアーケードにかかる垂れ幕で確認できる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “AKB48・指原莉乃、3月ソロデビュー 初主演ドラマ『ミューズの鏡』主題歌に決定”. オリコン. (2012年1月8日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2005531/full/ 2012年4月3日閲覧。 
  2. ^ a b “さしこ、初ソロ曲でフリフリミニ!美脚も披露!”. スポーツ報知. (2012年1月22日). オリジナル2012年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120131212911/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120122-OHT1T00020.htm 2012年4月3日閲覧。 
  3. ^ a b “さしこ「緊張したぁ」ミニスカ姿でソロデビュー曲初披露!”. スポニチアネックス. (2012年1月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/22/kiji/K20120122002478930.html 2012年4月3日閲覧。 
  4. ^ a b c “AKBさしこ、美脚露わにソロデビュー曲初披露 「発売は…未定です」”. オリコン. (2012年1月21日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2006040/full/ 2012年4月3日閲覧。 
  5. ^ “AKBさしこ、ソロデビュー曲が5月2日に発売決定! 「いつ発売されるか不安だった」”. オリコン. (2012年2月22日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2007383/full/ 2012年4月3日閲覧。 
  6. ^ 乃木坂46 2ndシングル発売決定!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年3月13日). 2012年4月3日閲覧。
  7. ^ “乃木坂46、新曲で“ライバル”さしことガチ対決!”. オリコン. (2012年3月13日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2008369/full/ 2012年4月3日閲覧。 
  8. ^ ジャケット写真の公開を21日とするもの ミュージック・ビデオの公開を21日とするもの
  9. ^ “AKBさしこ、ライバル乃木坂46に先手! ソロデビュー曲MV&ジャケット初公開”. オリコン. (2012年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2008914/full/ 2012年4月3日閲覧。 
  10. ^ a b “指原莉乃、AKB48ソロデビュー曲がレコチョク着うた(R)ランキング初登場TOP3入り!”. MUSIC LOUNGE. (2012年3月29日). http://www.music-lounge.jp/v2/articl/news/detail/?articl=2012/03/29-17:10:00_17e6c89227bcaf6e00264ffd482cf971 2012年4月3日閲覧。 
  11. ^ “指原莉乃(AKB48)、ソロ・デビュー・シングルの全貌が明らかに! 武道館イベント開催も決定!”. CDJournal.com ニュース (音楽出版社). (2012年4月23日). http://www.cdjournal.com/main/news/sashihara-rino/44443 2012年4月23日閲覧。 
  12. ^ “AKB48・指原莉乃プロデュースのアイドルイベントを日本武道館で開催決定”. BARKS (グローバル・プラス). (2012年4月21日). http://www.barks.jp/news/?id=1000078981 2012年4月23日閲覧。 
  13. ^ “ももクロライブにAKBさしこ登場!”. 日刊スポーツ. (2012年4月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120422-938035.html 2012年4月23日閲覧。 
  14. ^ “指原莉乃プロデュース「ゆび祭り」にBuono!追加”. ナタリー. (2012年5月28日). http://natalie.mu/music/news/70107 2012年5月28日閲覧。 
  15. ^ 2012年05月01日のCDシングルデイリーランキング”. オリコン. 2012年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
  16. ^ 2012年05月02日のCDシングルデイリーランキング”. オリコン. 2012年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
  17. ^ 2012年05月03日のCDシングルデイリーランキング”. オリコン. 2012年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
  18. ^ 2012年05月04日のCDシングルデイリーランキング”. オリコン. 2012年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
  19. ^ 2012年05月05日のCDシングルデイリーランキング”. オリコン. 2012年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
  20. ^ 2012年05月06日のCDシングルデイリーランキング”. オリコン. 2012年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
  21. ^ 2012年5月1日付から5月6日付までの両者の推定売上枚数を合計したもの。算出にあたってはオリコンが公表している一の位までの数値を使用し、一万の位で四捨五入した。
  22. ^ a b c d “【オリコン】乃木坂46、AKB指原との同門対決制す 今年初の新人首位”. オリコン. (2012年5月8日). オリジナル2012年5月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120521210259/http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2011204/full 2012年5月12日閲覧。 
  23. ^ 指原莉乃 VS 乃木坂46『毎日更新!注目のランキング対決!勝敗は果たして……?!』”. ORICON STYLE (2012年5月2日). 2014年4月14日閲覧。
    なお、この特集記事に記載されている順位や枚数は、ORICON STYLEのデイリーチャートのページに記載されたものと一部異なっている。
  24. ^ 真紀和泉 (2012年5月13日). “【エンタがビタミン♪】指原デビューシングル1位に。“JCD”ランキングでは“指原VS乃木坂”に逆転現象。”. Techinsight. 2014年4月14日閲覧。
  25. ^ a b c ご報告とお詫び”. エイベックス・マーケティング (2012年5月3日). 2012年5月4日閲覧。
  26. ^ “指原莉乃、MV&ジャケ写完成!”. JIJIPRESS. (2012年3月22日). http://www.youtube.com/watch?v=rKKRuGnrorQ 2012年5月4日閲覧。