それはキッスで始まった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
それはキッスで始まった
ジャッキー吉川とブルー・コメッツシングル
B面 あじさい色の恋
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 作詞:なかにし礼
作曲:井上忠夫
チャート最高順位
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ シングル 年表
海辺の石段
1969年
それはキッスで始まった
1970年
泣きながら恋をして
1970年
テンプレートを表示

それはキッスで始まった」(それはキッスではじまった)は、1970年2月20日に発売されたジャッキー吉川とブルー・コメッツの楽曲である。作詞はなかにし礼、作曲は井上忠夫による。曲の構成としては非常に短いイントロとサビのコーラスから入り、井上忠夫と三原綱木が間奏でトランペットを演奏するというインパクト重視の今までにない構成となった。

B面は「あじさい色の恋」(あじさいいろのこい)。サビにオペラ風の女性コーラスが入った歌謡曲風の楽曲となっている。

レコードのディスクジャケットはメンバーの集合写真で、井上忠夫と三原綱木がトランペットを持っている。

1970年にフジテレビ系列で放送されたバラエティ番組『祭りだ!ワッショイ!』のワンコーナー「おたのしみアニメ劇場(歌謡アニメ劇場)」において、ブルー・コメッツの歌う「それはキッスで始まった」が使用された[1]

収録曲[編集]

※全編曲:森岡賢一郎

#タイトル作詞作曲時間
1.「それはキッスで始まった」なかにし礼井上忠夫
2.「あじさい色の恋」万里村ゆき子小田啓義
合計時間:

脚注[編集]

  1. ^ 幻の歌謡アニメついに発掘! その6、WEBアニメスタイル、2007年8月22日。

関連項目[編集]