たかじん・ナオコのシャベタリーノ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
たかじん・ナオコのシャベタリーノ!
Mainichi Broadcasting System.JPG
番組の収録が行われていた毎日放送本社
(大阪・茶屋町
ジャンル トーク番組
出演者 やしきたかじん
研ナオコ
ナレーター 畑中フー
製作
プロデューサー 三村景一(MBS)
中山利郎(x1
制作 毎日放送
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1994年10月2日 - 1997年3月
放送時間日曜 23:00 - 23:30
放送分30分
テンプレートを表示

たかじん・ナオコのシャベタリーノ!』(たかじん ナオコのシャベタリーノ)は、1994年10月2日から1997年3月まで、(テレビ山口テレビ高知を除く)TBS系列局で毎週日曜日 の23:00 - 23:30 (JST)に放送された毎日放送制作のトーク番組である。

やしきたかじん研ナオコ冠番組として放送を開始。2人は、番組のタイトル(『シャベタリーノ!』)とタイトルロゴを変更した1995年10月以降も、番組を終了するまで司会を務めていた。

概要[編集]

やしきたかじん研ナオコが、茶屋町大阪市北区)にある毎日放送本社のスタジオにゲストを迎えながらトークを展開した番組。一時は昭和レトロを意識したセットがスタジオに組まれたほか、ゲストによっては2週分を1回で収録することもあった。

毎日放送を含む在阪民放テレビ局では、当番組を開始する前にも、たかじん単独の冠番組を関西ローカル向けに多々制作していた。たかじん自身はそのような番組をハイテンションで仕切っていたが、当番組の収録ではテンションを抑えていて、トークの進行を研に任せることや聞き役に徹することも多かった。また、1995年1月15日放送分には、研の親友である明石家さんまがスペシャルゲストとして出演。放送ライブラリーでは、同年放送の1本(2時間スペシャル版)の映像を閲覧できるようになっている。

スタッフ[編集]

備考[編集]

新聞ラ・テ欄などでは『たかじん・研ナオコのシャベタリーノ!』と表記されることが多かった。番組タイトルの通りに表記すると、2行目の文頭に拗音が来ることによる禁則処理が発生するため、これを防止する目的で「研」を挿入したことによるものである。1行の文字数が10文字ではないテレビ情報誌においては、番組タイトル通りの表記であった。

1995年4月9日放送分は第13回統一地方選挙前半選挙の開票特番を編成した系列局と一部系列局は『世界ウルルン滞在記』を放送したため、23:30 - 24:00に放送され、1995年10月22日放送分はプロ野球日本シリーズにおいてのオリックス・ブルーウェーブヤクルトスワローズ戦中継の延長オプションで24:30 - 25:00に放送された。

プロ野球中継(TBS系列局制作の横浜ベイスターズ中日ドラゴンズ広島東洋カープ主催の巨人戦中継)の延長オプションで最大23:30 - 24:00まで放送された。

毎日放送製作・TBS系 日曜23時台前半枠
前番組 番組名 次番組
優雅なエゴイズム
(1994.07 - 1994.09)
たかじん・ナオコのシャベタリーノ!

シャベタリーノ!
(通算:1994.10 - 1997.03)
1×1
(1997.04 - 1998.03)