たかもちげん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

たかもち げん(本名:南波 省三1949年4月15日 - 2000年7月5日)は、日本の漫画家新潟県三島郡出雲崎町出身。

概要[編集]

下積み期間が15年間と長く、望月三起也井上コオなど数多くの漫画家のアシスタントを経験し、1980年『輪が跳ぶ』(『少年マガジン』増刊)にてメジャー誌へのデビューとなる。その後もいくつかの打ち切りを経験している。若くして婚約しており、妻子を養うために相当苦労したと話した。その後は『週刊モーニング』に移った。

2000年7月5日、がんのため51歳で亡くなった。遺作となった『警察署長』は、アシスタントやぶうちゆうきに引き継がれた。

代表作に『祝福王』、『代打屋トーゴー』、『警察署長』など。 テレビドラマこちら本池上署」でのオープニングテーマでは、たかもちの作画が取り入れられている。

□□□で、音楽ライターの南波一海は子息[1]

作品リスト[編集]

脚注[編集]