たけむら光一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たけむら 光一
たけむら 光一の画像
プロフィール
リングネーム たけむら 光一
たけむら こういち
ドン・たけむら こういち
竹村 光一
ニックネーム 微笑みのバトルレフェリー[1]
闘うレフェリー
身長 170cm[2]
体重 82kg[2]
誕生日 (1973-08-20) 1973年8月20日(45歳)
出身地 鹿児島県南島原市
所属 打撃武道我円
王子キツネ空手軍
スポーツ歴 キックボクシング
空手
テンプレートを表示

たけむら 光一(たけむら こういち、1973年8月20日 - )は、日本空手家キックボクサープロレスラーキックボクシングプロレスレフェリー鹿児島県南島原市出身。

来歴[編集]

中学時代にレスリング九州大会で3位。ボクシングで2戦2勝。2000年にK-1主催「モンスターチャレンジ2000」で超K‐1賞獲得[3]。2007年11月25日、R.I.S.E. 41に参戦し、高瀬大樹に判定勝ち[4]

2008年、ガッツワールドプロレスリングでデビュー。ヒール軍団「デビルワールド」を結成していた。2009年2月10日、「新春!DEEPCMAファン感謝祭」にガッツワールド所属として出場し、窪田幸生&坂口征夫組と対戦した(パートナーは松井大二郎[5]

2009年9月27日、DEEP OFFICIAL GYM IMPACT所属として静岡・アクトシティ浜松でヤン・カシューバと対戦。その後、DEEP OFFICIAL GYMインストラクターに就任。2010年2月21日、新日本キックボクシングディファ有明大会での國吉戦にて立ち技デビュー。その後も総合格闘技グラップリングキックボクシングの試合を並行して闘い、2010年12月には後楽園ホールで行われた掣圏大会で佐藤光留戦を行う。

その後、プロレスリングHEAT UPで空手家として再びプロレスのリングに上がり、中川達彦と王子キツネ空手軍を結成。対プロレス、対相撲など多くの異種格闘技戦を行った。2015年7月18日には両国国技館で行われた「巌流島 Staging tournament 公開検証2 "オープニングファイト"」に参戦[6]

2016年にシアタープロレス花鳥風月に入団[7]。所属初試合は2月14日、東京タワースタジオでのムエタイマシン2号&ムエタイキング中川達彦戦(パートナーはHAMATANI)。あえてアマレスタイツで試合しムエタイマシン軍を翻弄。ムーンサルトプレスで勝利で飾った[8]。3月13日、無我伝承旗揚げ戦ではレフェリーを務め、選手とレフェリー兼任所属となる。

10月23日、超戦闘プロレスFMW・奈良清和物流駐車場特設リング大会に参戦。奥田啓介佐藤恵一組に敗北[9]

2018年11月発売の週刊プロレス増刊「プロレスラー選手名鑑2019」では花鳥風月所属選手から外されており、この年までに退団扱いとなっている[10]

レフェリー[編集]

  • ニュージャパンキックボクシング連盟ではNJKF公認レフェリーとして本名で登録。主に主審として出場している。
  • また、前述のように、2016年からは「無我伝承」でもレフェリー活動を開始。
  • 立ち技系異種格闘技戦を謳う「巌流島」では、レスリング、空手などと書かれる出身格闘技名に「レフェリー」と書かれている[11]
  • 2016年7月31日、有明コロシアムで行われた「巌流島WAY OFTHE SAMURAI公開検証Final」では審判を担当[12]
  • 2016年11月、WBCムエタイ公認レフェリーになったことを発表[13]

得意技[編集]

戦績[編集]

空手[編集]

  • 第15回全国武道空手道交流大会 グローブ空手一般重量級の部・準優勝(東京・代々木体育館)[14]

総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 片瀬慎治 1R1:44 CMA - Octagon Challenge 1997年12月8日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ たこ焼きマシン.COM刊「ローカルプロレスラー図鑑++2016」2016年10月1日発行、0頁
  2. ^ a b 竹村光一”. 巌流島. 2016年2月15日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ http://www.boutreview.com/report/k1/00/0402/
  4. ^ 【ライズ】11・25四連勝中の歌川暁文が出場、元PRIDEファイター高瀬大樹も初参戦”. GBR. 2007年10月31日閲覧。
  5. ^ 勝者鈴木みのる、敗者ミノワマンを「プロレスラー」と認め握手! DJ taikiはボコボコ同門対決を制す 2・10 DEEP&CMA感謝祭 (ファイト!ミルホンネット お知らせ)”. 週刊ファイト!ミルホンネット. 2016年2月15日閲覧。
  6. ^ 巌流島 Staging tournament 公開検証2”. 巌流島. 2016年2月15日閲覧。
  7. ^ 【ご報告】たけむら光一 花鳥風月所属”. シアタープロレス花鳥風月. 2016年2月15日閲覧。
  8. ^ a b 花鳥風月2・14スターライズタワー大会 ロビン&勝村vs梅沢&宮本 服部&三尾&山本vsブラックタイガー&リアルブラックタイガー&ウルフスター”. バトルニュース (2016年2月16日). 2016年3月12日閲覧。
  9. ^ ベースボールマガジン社「週プロモバイル」10月23日付け熱戦譜
  10. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」2018年12月9日増刊号
  11. ^ 【巌流島】実験検証道場マッチで激闘続出”. eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日更新! (2015年5月16日). 2016年4月9日閲覧。
  12. ^ 巌流島”. たけむら光一の格斗日記! (2016年8月1日). 2016年8月1日閲覧。
  13. ^ 後楽園”. たけむら光一の格斗日記! (2016年11月27日). 2016年12月17日閲覧。
  14. ^ 全国交流大会”. 世界武道連盟 風林火山 (2016年1月10日). 2017年1月8日閲覧。