たてながHAMA大国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

たてながHAMA大国』(たてながはまたいこく)は、テレビ神奈川(TVK、現tvk)で1995年10月から1997年3月まで放送された生放送のワイド番組である。土日および年末年始、夏の高校野球神奈川大会放送時は放送休止。

概要・歴代出演者[編集]

1995年11月1日東京MXテレビ開局に危機感を持ったTVKが、社運をかけてスタートさせた生ワイドショー。「東京NEWS」の12時間には及ばないが、6時間45分というぶち抜き編成を行い、在京メディアをも驚かせた。キャッチフレーズは「きょう見新神(きょうみしんしん)・地元コネクション」。「東京NEWS」の「映像記者」に対抗し、「情報LANer」(情報ランナー)というビデオジャーナリストチームを組織した。

スタジオは旧放送センター3階の社長室跡地に建てられ(同時に内装工事も実施)、オフィスを見渡せるガラス張りのスタジオとなり、一般公募で「SEAスタジオ」と名付けられた。SEA(海)のほか「SEE」(見える)という意味がある。以後は放送期間に応じて解説してゆく。

1995.10-1996.3[編集]

11:45-18:30

MC

アシスタント

  • 草野ふみえ(月-金)

情報LANer

  • 田口彰男(月)
  • 坂本紅子(火)
  • 高橋麻緒(水)(当時tvk情報部ディレクター、主に中華街担当、現NHK制作局ディレクター)
  • 大谷英典(木)(-1996.2)
  • 田近朱里(金)(後に報道部に異動)
(金曜は毎日新聞のテレビニュース撤退に伴い「TVKニュース」を拡大放送)
※新聞社ニュース以外は、開始前に「たてながHAMA大国」のクレジットが流れた。

 

  • 司会者を含め中継を多用した構成だった。
  • FAX・生電話でトークテーマを募集した。これは今の1230アッと!!ハマランチョにまで受け継がれている。
  • 13:00〜、14:00〜、15:00〜から数分を「ハマたいむ」と呼び、トークテーマ紹介、TVKニュースや天気予報の時間に充てたが、この名称は次第に消滅する。
  • TVK初と思われる全国ニュース「TVK FLASH NEWS」(共同通信社から配信)があった。
  • コーナーは原則として「おしゃべりトマト」から引き継いだが、時間が長いためゆとりある進行であった。
  • 定時定時にコーナー開始予定時刻が流れていた。(1999年3月まで)。

1996.4-1996.9[編集]

12:30-15:30(金曜は12:30-15:40)

MC

アシスタント

  • 草野ふみえ(月-金)

情報LANer

  • 「カフェシティヨコハマ」打ち切りとナイターの関係で、3時間の放送となる。
  • コーナーは原則引き継ぎ。黒部は「カフェシティヨコハマ」から異動。

1996.10-1997.3[編集]

12:30-15:30(金曜は12:30-15:40)

MC・アシスタント

  • 志賀正浩・松本麻美(当時TVK契約アナウンサー)月・火
  • 黒部幸英・武田川彩子(当時TVK契約アナウンサー)水
  • 草野ふみえ・久保弘毅(当時TVKアナウンサー)木・金

情報LANer

関連項目[編集]