たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たとえばラストダンジョン前の村の少年が
序盤の街で暮らすような物語
ジャンル ハイ・ファンタジー
小説
著者 サトウとシオ
イラスト 和狸ナオ
出版社 SBクリエイティブ
レーベル GA文庫
刊行期間 2017年2月 -
巻数 既刊7巻(2019年7月現在)
漫画
作者 臥待始
出版社 スクウェア・エニックス
掲載サイト ガンガンONLINE
レーベル ガンガンコミックスONLINE
発表期間 2017年9月28日 -
巻数 既刊4巻(2019年9月現在)
アニメ
原作 サトウとシオ
監督 migmi
シリーズ構成 赤尾でこ
キャラクターデザイン 飯野まこと
音楽 未知瑠
アニメーション制作 ライデンフィルム
放送局 未定
放送期間 未定 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学・漫画・アニメ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』(たとえばラストダンジョンまえのむらのしょうねんがじょばんのまちでくらすようなものがたり)は、GA文庫から刊行されているサトウとシオのライトノベル。イラストは和狸ナオが担当。第8回GA文庫大賞優秀賞受賞作。魔王を倒した勇者たちの子孫が暮らす村から軍人を志望して都会に出てきた主人公と、彼をとりまく人々が巻き起こす騒動を題材とする物語である。シリーズ累計は100万部(2019年7月時点)[1]。略称は『ラスダン』。

2017年9月からは臥待始作画によるコミカライズ版が『ガンガンONLINE』(スクウェア・エニックス)にて連載されている。

あらすじ[編集]

とある辺境の村、コンロン村の少年ロイドは、物語で読んだ軍人にあこがれ、王都に出て軍人になることを決心。村で最も弱いロイドのことを心配した村人らは反対するが、村長の許可を得て、王都に出発。王都では村長の弟子である魔女マリーの家に居候しながら、士官学校入学試験に備えるのだった。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優

主要人物[編集]

ロイド・ベラドンナ
声 - 花守ゆみり[2][3]
軍人になることを目指してコンロン村から出て来た少年。
魚も獲れず、樵も時間がかかり、回復も遅い村内最弱の男と言われているが、実際は村から王都まで汽車などを使って六日ほどかかる距離を走って六日で辿り着いたり、大型のモンスターをあっさり倒すことが出来るほどの身体能力と、どんな呪いも解く『解呪』や雨を自在に降らせることが出来る古代魔法の遣い手。
素直でお人好しな反面、村のせいで自分は弱いと思い込んでいるため自信が持てない性格。家事が得意で『解呪』を使ってピカピカに掃除したり、作る料理も絶品に仕上がるほど。
王都に辿り着くと、アルカの推薦でマリーの雑貨屋に訪れて居候させてもらう。試験ではメルトファンやリホからその潜在能力を見抜かれていたが、不運が重なって落ちてしまい、クロムが営む食堂でバイトとして雇われる。
魔王アバドンを倒した後、アランの推薦によって候補生となる。
マリー/マリア・アザミ
声 - 茅野愛衣[2][3]
アザミ王国の王都のイーストサイドで雑貨屋・情報屋を営む15歳の魔女。アルカの弟子。アルカの依頼でロイドを居候させる。
その正体はアザミ王国の王女。
アルカ
声 - 日岡なつみ[2][3]
コンロン村の村長。見た目は12歳前後の少女。ロイドへの愛情が深く、しばしば村から転移して王都に出没する。

アザミ王国[編集]

士官学校関係者[編集]

セレン・ヘムアエン
声 - 朝日奈丸佳[2][3]
中部地方の地方貴族の少女。
士官学校受験のため上京。美人なのだが、4歳時に呪いのベルト[注 1]に頭をまとわりつかれ、「ベルト姫」と呼ばれる。周囲の忌む物を見る目に耐え切れず引きこもるようになり、高名な僧侶が言った「呪いに打ち勝つ相応の力を持てば呪いを解くことが出来る」という言葉を信じてひたすら鍛錬を続けて来た。その結果、並みの戦士なら太刀打ちできないほどの実力を身に付けるが、実戦経験が無いためアランには劣る。また、引きこもっていたせいで世間知らずで、生米のまま食べたり買い物の仕方すらよく分かっていなかった。町中で会ったロイドに偶然解呪の呪文が書かれた布で顔を拭かれた際に呪いが解かれ、ベルトが外れる。そのことをきっかけにロイドにぞっこんになり、常軌を逸脱した言動をするようになる。
リホ・フラビン
声 - 津田美波[2][3]
女性の傭兵。
ミスリルの義手をしていて隻腕の傭兵と呼ばれる。犯歴の取り消しと引き換えに士官学校の入学試験を受ける。初対面でロイドの驚異的な潜在能力にいち早く気付き、慄きつつも彼を利用して儲けようと企てていた。だが、次第に彼の人柄に惹かれていき、気になっている。孤児院育ちでロールとは因縁がある。
アラン・トイン・リドカイン
地方貴族リドカイン家の長男。
士官学校受験のため上京。得意な武器は斧。実力は高いのだが、リホからは『試合巧者』で一対一なら良いが戦争向きではないと評価されている。実は、対人戦はともかくモンスターと戦うことに恐怖心を抱いており、出世すれば直接戦わなくて済むため、将校に出世することを目指している。貴族としての誇りは高く、地方貴族の評判を落とす「ベルト姫」のセレンを快く思っていない。王都動乱時はモンスターに怯えて物陰に隠れていたが、ロイドに勇気づけられたことで奮起して立ち向かい大いに手柄を立てた。軍上層部からは英雄扱いされるが、褒美に恩人であるロイドを候補生に推薦する。ロイドのことを「ロイド殿」と呼んで慕っており、弟子入りを志願しているが断られている。
メナ・キノン
小柄な金髪の少女。キノン傭兵姉妹の姉。
水魔法の遣い手で、ロクジョウ魔術学園の臨時講師としてアザミ王国を訪問。
フィロ・キノン
声 - 伊藤美来[2][3]
モデル体型の金髪の少女キノン傭兵姉妹の妹。
ピリド流武術の遣い手で、ロクジョウ魔術学園の臨時講師としてアザミ王国を訪問。自分より強い同門のロイドに感銘してプロポーズ。
メルトファン・デキストロ
アザミ王国軍の男性将校。階級は大佐。士官学校の教官も兼ねる。ロイドが入試に落ちたことに動揺する。
コリン・ストラーゼ
アザミ王国軍の女性将校。階級は大佐。士官学校の魔術教官も兼ねる。ロクジョウ魔術学園の出身で回復魔法の遣い手。関西弁を話す。入試の筆記試験を担当。ロールとは学園時代の同級生。
クロム・モリブデン
元アザミ王国王女付き近衛兵長の男性。
王やその周辺の変貌に不穏な空気を察し、王女のマリーを見失ったことによる責任を取る名目で近衛兵長を辞職し、現在は士官学校学生食堂の店主として働きながらマリーを探していた。メルトファン曰く「量が多くて安くて味が微妙」とのことで、料理の腕はあまり良くなく、店内も薄汚くて床が油でヌルヌルしている。入試に落ちて求職してきたロイドをバイトで雇う。
魔王アバドンを倒した後、士官学校の教官を兼任する。

その他[編集]

コバ・ミラン
ホテル・レイヨウカクのオーナー&支配人で、元近衛兵長。クロム・モリブデンの軍時代の先輩。ロイドにホテルでの調査を依頼した。
キキョウ
ホテル・レイヨウカクの女性従業員。ロクジョウ魔術学園出身で何でも屋を自称。リドカイン家に雇われてトレントに寄生された人物を捜している。
スレオニン・トイン・リドカイン
地方貴族リドカイン家当主。アランの父親。元は林業で財を成した。アランのお見合いとトレント違法栽培調査のため、ホテル・レイヨウカクに滞在。

コンロン村[編集]

ピリド
コンロン村に住む武道家。ピリド流の開祖。祖父代わりとしてロイドを育てる。
ショウマ
コンロン村出身の行商人・情報屋。ホテル・レイヨウカクに滞在。リドカイン家の代理と称して、ヘムアエン家にトレント製木材を販売した。

ロクジョウ王国[編集]

ロクジョウ魔術学園[編集]

ロール・カルシフェ
ロクジョウ魔術学園の理事長。リホと同じ孤児院出身で20代半ばの黒髪の女性。学生魔術大会出席のため、アザミ王国を訪問。

魔王[編集]

魔王アバドン
原作一巻における黒幕でありラストボス。巨大なイナゴ型のモンスターを使役する魔王。アザミ国王に憑依し、国を支配しようとしていた。普段は国王の姿だが正体を現すと不気味な昆虫の容貌となる。その事実を知ったロイドの仲間たちを一方的に蹂躙するが、戦場に駆けつけたロイドから「国王の顔色が悪い」と勘違いされ、ルーンの効果が掛かったハンカチで顔を拭われたことで浄化され消滅した。

世界[編集]

コンロン村
大陸最果ての地にある村。伝説の英雄の子孫たちが住む。村外の人からは人外魔境と呼ばれる。村では魚と言えばキラーピラニア、木はトレントを指す。骨折は1時間で治し、王都までは走って2日で着くのが普通。
アザミ王国
大陸南端にある王国。
王都
政権中枢のある中央区、商店街のノースサイド、住宅地のウエストサイド、貿易港のサウスサイド、下町のイーストサイドの5区に分かれる。
ジオウ帝国
アザミ王国と敵対関係にあった大陸北部の国。僧侶学園などがある。
ロクジョウ王国
大陸西部にある王国。魔術学園がある。

既刊一覧[編集]

小説[編集]

  • サトウとシオ・和狸ナオ SBクリエイティブGA文庫〉、既刊7巻(2019年7月12日現在)
    1. 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』2017年2月15日発売[4]、ISBN 978-4-7973-9029-2
    2. 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語2』2017年6月15日発売[5]、ISBN 978-4-7973-9266-1
    3. 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語3』2017年9月15日発売[6]、ISBN 978-4-7973-9385-9
    4. 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語4』2018年2月15日発売[7]、ISBN 978-4-7973-9553-2
    5. 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語5』2018年7月14日発売[8]、ISBN 978-4-7973-9752-9
    6. 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語6』2019年1月15日発売[9]、ISBN 978-4-7973-9933-2
    7. 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語7』2019年7月12日発売[10]、ISBN 978-4-8156-0016-7

漫画[編集]

  • サトウとシオ(原作)・和狸ナオ(キャラクター原案)・臥待始(作画) 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』 スクウェア・エニックス〈ガンガンコミックスONLINE〉、既刊4巻(2019年9月12日現在)
    1. 2018年2月13日発売[11]、ISBN 978-4-7575-5620-1
    2. 2018年7月12日発売[12]、ISBN 978-4-7575-5778-9
    3. 2019年2月22日発売[13]、ISBN 978-4-7575-6002-4
    4. 2019年9月12日発売[14]、ISBN 978-4-7575-6290-5

テレビアニメ[編集]

2019年10月19日に制作が発表された[2]。放送時期は未定。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 実はかつてアルカがパスタを作ろうとしてエプロン代わりに使った聖獣ヴリドラの皮をパスタの生地を練っている時に誤って混ぜてしまい、それっぽい金具を付けて呪いのベルトとして商人に売った物。

出典[編集]

  1. ^ 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』がシリーズ累計100万部を突破”. ラノベニュースオンライン (2019年7月23日). 2019年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m “無自覚チート少年が無双「たとえばラストダンジョン前の村の〜」TVアニメ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年10月19日). https://natalie.mu/comic/news/352157 2019年10月20日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」TVアニメ公式サイト”. 2019年10月20日閲覧。
  4. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語”. SBクリエイティブ. 2018年7月29日閲覧。
  5. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語2”. SBクリエイティブ. 2018年7月29日閲覧。
  6. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語3”. SBクリエイティブ. 2018年7月29日閲覧。
  7. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語4”. SBクリエイティブ. 2018年7月29日閲覧。
  8. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語5”. SBクリエイティブ. 2018年7月29日閲覧。
  9. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語6”. SBクリエイティブ. 2019年1月15日閲覧。
  10. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語7”. SBクリエイティブ. 2019年7月15日閲覧。
  11. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 1巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2018年7月29日閲覧。
  12. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 2巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2018年7月29日閲覧。
  13. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 3巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2019年2月22日閲覧。
  14. ^ たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 4巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2019年9月12日閲覧。