たぬきさん大当り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たぬきさん大当り
The Raccon Get Lucky
監督 ジョージ・M・リード、熊川正雄(「演出」名義)
製作 山本早苗(「企画」)
出演者 富士山竜
沢彰謙
轟謙二
福地悟郎
山本緑
田中知子
三升家小勝
音楽 服部公一
撮影 佐倉紀行
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗1959年7月7日
上映時間 15分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

たぬきさん大当り』(たぬきさんおおあたり)は、1959年に制作された東映動画製作の短編アニメーションである。15分。

概要[編集]

東映動画の設立目的の一つに、「海外輸出」があった。人種や言語の壁から実写では難しい作品輸出をアニメーションで実現しようという目論見である。そのため、当時アメリカから映画研究に来て日本滞在中の映画青年ジョージ・M・リードを東映動画に迎え、戦前からのベテランアニメーター熊川正雄と組ませて演出に当たらせた。なぜを主人公にしたかというと、アメリカでは「ラクーン(アライグマ)」として通用するからだという。

内容は貧乏なたぬきさんが、制作当時流行のマンボコンテストで偶然から優勝するというもの。日本文化に対するリードの理解が浅かったこともあり、ストーリーはかなり珍妙な仕上がりになっている。また、作画レベルも同時期の短編作品の中では低いものだった。

ストーリー[編集]

人間社会に住むたぬきさんは目下失業中の身、家賃も滞納中で、大家に催促された狸は一念発起して仕事につこうとするも、気弱な性格が災いしてうまくいかない。すっかり気落ちしたたぬきさんが街を歩いていると、公会堂でマンボコンテストが開かれていた。気晴らしにと、群集に紛れて只入りするたぬきさん。ところが席には蟻のたかったチョコレートが置いてあり、気づかずその上に座ってしまったたぬきさんは、お尻を蟻に嫌というほど噛まれ、思わず飛び上がってもがきながら舞台にまで上ってしまう。だがその動きがマンボのリズムとよく合っていたため、観客から好評を得てコンテストで1等となり、賞金10万円をもらった。狸は家賃を払えて大喜び、その上コンテストの司会者から、今後もダンスパーティーに出るよう頼まれる。狸はようやく職にありつけ、本来の明るさを取り戻した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:東映動画
  • 企画:山本早苗
  • 構成:ジョージ・M・リード
  • 演出:ジョージ・M・リード、熊川正雄
  • 原画:熊川正雄
  • 動画:山室正男
  • 背景:六郷僚一
  • 撮影:佐倉紀行
  • 音楽:服部公一
  • 録音:森武
  • 進行:山本寛己

公開ほか[編集]

参考文献[編集]

  • 「日本アニメーション映画史」(洋泉社)136頁・258頁 1978年
  • 「悔いなきわが映画人生 岡田茂」(財界研究所)2001年

なお「日本アニメーション映画史」の方は、本作が1959年に上映された事は記載されてない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「悔いなきわが映画人生 岡田茂」(財界研究所)388頁 2001年


関連項目[編集]

NET(現:テレビ朝日 大丸ピーコック劇場」前半枠(1965年1月11日
前番組 番組名 次番組
かっぱのぱあ太郎
たぬきさん大当たり