たのしメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

たのしメールとは、かつてDDI-セルラーグループ(現在のau)が提供していた携帯電話におけるショートメッセージサービス(SMS)である。

概要[編集]

1999年1月頃、当時のDDI-セルラーグループにより、PDC方式のデジタル携帯電話サービスにおいて提供された。
当時のDDI(現在のKDDI)のPHS事業を展開する子会社(DDIポケット)のサービスであるPメールと互換性を持たせた事が大きな特徴。

初の対応端末はD201K(京セラ製)[1]

以後発売される全てのPDC端末に対応させていたが、2003年3月31日のPDC方式の携帯電話サービス終了と同時に本サービスも停止された。

料金・サービス・その他[編集]

  • 半角カナ・英数字20文字の送受信が可能。
  • 以下の端末との送受信が可能だった。
    • たのしメール対応 デジタルセルラーホン(PDC方式)
    • Pメール(DDIポケット)
    • きゃらトーク(NTTパーソナル)
    • Aメールプラス(アステル)
  • サービス開始当初はプランに関係無く1通10円であったが、後に1通3円に値下げされている。[2]
  • 本機能を使用するには「セルラーメッセージサービス」の加入が必要であった。(月額有料オプション)
  • 当時業務提携先であったIDOプチメール、後にCdmaOneで展開されるCメールとの送受信には対応していなかった。
  • 2000年4月1日からは、これまでのセルラーサービスエリア(関東・東海地区以外)の他、IDOサービスエリア(関東・東海地区)からも利用可能となっている。

注釈[編集]

  1. ^ http://www.nikkeibp.co.jp/archives/047/47907.html[リンク切れ]
  2. ^ http://www.watch.impress.co.jp/mobile/news/2000/03/22/tanoshi.htm

関連項目[編集]