たばこと塩の博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg たばこと塩の博物館
TOBACCO & SALT MUSEUM
Tobacco & Salt Museum (Tokyo).JPG
博物館の外観
Tobacco Culture Around the World.jpg
たばこと塩の博物館の位置(東京都区部内)
たばこと塩の博物館
博物館の位置
施設情報
正式名称 たばこと塩の博物館
愛称 タバシオ
専門分野 たばこ喫煙喫煙具
収蔵作品数 30,000点
事業主体 日本たばこ産業
管理運営 日本たばこ産業
建物設計 梓設計
開館 1978年日本専売公社
所在地 130-0003
日本の旗 日本
東京都墨田区横川1-16-3
位置 北緯35度42分20.9秒 東経139度48分30.7秒 / 北緯35.705806度 東経139.808528度 / 35.705806; 139.808528座標: 北緯35度42分20.9秒 東経139度48分30.7秒 / 北緯35.705806度 東経139.808528度 / 35.705806; 139.808528
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

たばこと塩の博物館(たばことしおのはくぶつかん)は、東京都墨田区にある博物館で、日本たばこ産業が運営する企業博物館である。

概要[編集]

1978年昭和53年)、日本専売公社(当時)によって、タバコに関する資料の収集や調査を行うことを目的に、東京都渋谷区神南渋谷公園通り沿いに開設された。開設は日本専売公社のタバコ製造販売70周年を記念する事業の一環であり、戦前から収集されていた様々なタバコや喫煙喫煙具、世界中の岩塩など多くの資料が展示された[1]

建物の老朽化や、収集資料の増加により手狭になったことなどを理由に、東京・渋谷の博物館は2013年平成25年)9月1日に閉鎖された[1]。博物館の跡地(敷地面積880平米の正形地)は売却される見通しである[1]。これに代わる博物館は、東京都墨田区横川にある、日本たばこ産業の敷地にある倉庫を改装し、2015年(平成27年)4月25日に開館した[1]

博物館のロゴは同公社のデザイナー(当時)田中晋が制作した[2]

博物館は現在、約30,000点の資料を収蔵しているほか、刊行物なども発行している。また、肉筆浮世絵83点、浮世絵版画1550点余、版本300点なども所蔵している。

タバシオという愛称(略称)もある[3]

  • 所在地:東京都墨田区横川1-16-3
  • 休館日:月曜日(祝日、振替休日の場合翌日)、年末年始
  • 開館時間:10:00〜18:00
  • 入館料:大人・大学生 100円、小・中・高校生 50円

展示[編集]

常設展示[編集]

※以下は渋谷時代のもの。

  • 1F(エントランスホール) - マヤの絵文書の壁画
  • M2F「たばこの来た道」 - 喫煙の発生とたばこの伝播、日本への伝来、世界のたばこなど
  • 2F 「日本のたばこ」 - 江戸時代・近現代の日本のたばこなど
  • 3F「日本の塩、世界の塩」

設備[編集]

  • 常設展示(1〜3F)
  • 特別展示室(4F)
  • 視聴覚ホール(1F) - 講演、講座などが行われる。

渋谷時代の博物館の画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 渋谷の「たばこと塩の博物館」9月閉鎖、墨田区に移転 『日本経済新聞』 平成25年3月22日朝刊 東京・首都圏経済面
  2. ^ 渋谷・公園通り たばこと塩の博物館物語 〜35年の感謝をこめて〜 - たばこと塩の博物館
  3. ^ ポスターで見る”タバシオ”の歩み  文化/たばこクロニクル  たばこジャーナル  たばこワールド 2008年10月

関連項目[編集]