たまごふわふわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たまごふわふわ
B-1グランプリ2010において撮影)

たまごふわふわは、静岡県袋井市で販売されているご当地卵料理である。愛Bリーグにも加盟している。

概要[編集]

起源は江戸時代にまでさかのぼり、1831年文化10年)に書かれた文献「仙台下向日記」には、大阪の豪商・升屋平右衛門重芳が袋井宿の大田本陣に宿泊した際、「玉子ふわふわ」が膳にのったと記されている。また「東海道中膝栗毛」にも、将軍家のもてなし料理として紹介された。袋井市観光協会が町おこしとして目をつけ、市内の飲食店主の協力のもと当時の文献をもとに再現した。

茶碗蒸しの原型と言う説があるが、茶碗蒸しと違いスフレ状であり、蓋をした状態で食器を直火に掛けて作る。

作り方[編集]

熱した出汁に、よく泡立てたを一気に流し入れ、蓋をして蒸らす。出来上がったものをだし汁ごと器によそい、飾り付けとして胡椒青のりを振る。

近藤勇の好物?[編集]

2004年に放送された大河ドラマ「新選組!」にて近藤勇の好物として作中で登場し、一躍世間に広まったが、2016年5月8日に行われた講演会「大河ドラマ『新選組!』と『あさが来た』秘話」において、ふわふわたまごが幕末にあった食べ物というのは事実だが、それが近藤勇の好物だったというのは創作であり、これは、スタッフとの話し合いの中で「近藤勇の好きな食べ物をなにか作ろう」ということになり、当時あった食べ物の中から選んだというエピソードが話された。

参考[編集]

関連項目[編集]