たむらしげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

たむら しげる(本名:田村 茂、1949年11月26日 - )は、日本絵本作家イラストレーター映像作家東京都大田区蒲田生まれ。

経歴[編集]

幼少期から青年期までを東京都八王子市片倉で過ごす。桑沢デザイン研究所修了。パッケージ・デザイナーとしてトッパン・アイデアセンターに入社。4年後、絵本「ありとすいか」を出版と同時に退社、イラストレーター、絵本作家の道に進む。

初期には漫画雑誌ガロに漫画作品を発表し、それらの作品が後に発表する幻想的な作品群の原点となる。宮澤賢治稲垣足穂などの影響を受けながらも、独自の世界を創作。

1990年代に入ると映像作品などメディアを超えて活動するようになった。CD-ROM「Amusement Planet PHANTASMAGORIA」の箱庭のような小さな惑星や、映像作品「銀河の魚」の不思議な郷愁を感じる水の中の町、「クジラの跳躍」の時が静止してガラス玉になった海のしずくなどに、たむらのセンスがよく現れている。

2000年以降は福音館書の雑誌絵本を中心に作品を発表している。

2017年に発表した「よるのおと」(偕成社)は、少年時代に体験した感動が結晶化したような絵本で、たむらの新境地と言える。

作品[編集]

絵本[編集]

うちゅうスケート(復刊ドットコム

画集、画文集[編集]

漫画作品集[編集]

映像作品[編集]

[編集]

受賞作品[編集]

Montreux, International Electronic Cinema Festival 特別賞

参考図書[編集]

  • 別冊太陽「絵本の作家たち (2)」 ロングインタビュー及び作品リスト掲載。
「たむらしげる世界展」2005年八王子市夢美術館 展覧会カタログ=初期作品、ラフスケッチなどを含む図版、インタビューなどを掲載。
「illustration」(玄光社)2018年12月号、No.220に、絵本を中心に近作、対談、インタビューなど約50ページの特集。

関連項目[編集]