たゆね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たゆね
性別 女性
身長 164cm
スリーサイズ B88 W60 H86
基礎霊力 2800漬け物石
好きな下着 動きやすいスポーツブラ
趣味 体を動かすこと全般(特にフリスビー)
誕生日 8月7日
年齢 17歳
序列 4位
指輪 左手人差し指
担当声優 森永理科

たゆねは、ライトノベル漫画アニメ作品『いぬかみっ!』に登場する架空の人物である。

人物[編集]

血液型はB型。川平薫犬神薫の犬神の中では、ともはねに次いで歳若い。体育会系の性格で、いわゆるボクっ娘天邪鬼で、ようこの怒り化

  1. を買うような川平啓太への暴言も言うが、勇敢というより単に精神'的和洋室がに子供であり、性根は臆病で怖がり。口よりも先に手が出るタイプ。

なでしこを除けば、薫配下の犬神の

  1. 無い
  2. ゆかなか
  3. 中で最も体力、戦闘力に秀でており、年齢から見て非凡な力を持つことから、せんだんをして「天才」と言わしめている。その戦闘力は、単純な打撃や突進では、ようこや「天に返した力」を使わない時のなでしこに匹敵するほどである。ただし幽霊怪談が大の苦手。

また、幼い頃にせんだんの趣味に振りまわされ、着せ替え人形扱いされていた事が原因で、せんだんへの反発心が強くなっている。同様に「女の子らしい服」への拒絶反応も非常に強く、デフォルトである露出の高いショート丈のTシャツにホットパンツ姿は平気であるが、ふりふりの服や女の子らしい衣装を着てしまうと、恥ずかしさのあまり萎縮してしまう。一応、料理も出来るが、カレーしか作れない。

少年ジャンプ』を購読している。最初ボーイズラブが何のことだかわからず、初めていぐさの同人誌を読んだ時にはしばし口も聞けないほどのショックを受けた。

劇中の活躍[編集]

第1部[編集]

登場初期から高い戦闘力を披露したが、同時にその実力に慢心していた。後先考えずはっきりものを言う性格が目立っており、薫に特別扱いされているなでしこやようこには、露骨な敵意を示し、啓太の事はクズと吐き捨てている。それが災いして、ようこの怒りを買い激突。自分達が絶対に勝つと信じて疑わなかったが、その慢心が仇となり、逆にようこによって完膚無きまでに叩きのめされた。

薫の屋敷でシスターの幽霊と遭遇した時は腰を抜かすほどに怯えた。逃げ回っていた際に啓太に助けられてからは、多少は啓太への嫌悪感が薄れたようで、啓太が死神に臆することなく立ち向かったり、自分が幽霊に絡まれているのを助けてもらって以降、認識を改めるようになり、次第に啓太に惹かれるようになっていく。本心では彼を認めてはいるが、そういう態度を素直に出したがらない、いわゆるツンデレである。

最初は嫌っていたようこに対しても認識を改めた節もあり、エセ霊能者達が啓太やようこに対して放った中傷に対し、涙を流して反論する場面も見られた。

第2部[編集]

当初は、いぐさてんそうの二人に付き合わされ、夏コミ新刊4冊製作のアシスタントをヘトヘトになるまで付き合わされた。

啓太達のいる日本には三番目に帰っており、薫の捜索に大きく関係しているという『春の精霊』を古びた壺に入れて持ち帰っている。ただし、日本に帰る途中で、何度も精霊に幻覚で悪戯されている。幻覚の中には啓太と駆け落ちしてしまうといったものまであった。しかし薫の幻覚の前では「主人が消されようとしていたのに身が竦んで動けなかった」と涙ながらに独白。今度こそ自分の力で薫を助けると決意する。

帰国後、啓太を取り巻く環境がガラリと変わってしまっている事(何人もの女の子にモテている)をどうにも信じられず、これも壷の精霊の悪戯ではないかと疑った。自身も啓太と起居を共にするうちに特別な感情を持つように至り、ついには啓太の前では、すっかりしおらしくなってしまっていたが、入浴中にようこと間違えて抱き付いて来た啓太を、たゆね突撃で吹き飛ばしてしまい、しばらくの間、啓太を包帯姿にしてしまっている。

薫消失の原因となってしまった川平カオルに対しての態度はかなり冷たくなっていたが、終盤ではカオルの勇気ある行動を認め、彼女の指揮の元で戦った。対3神戦においては、なでしこと共に主力として活躍し、精神的にも大きく成長する。

後日談[編集]

「いぬかみっ!EXわんわん!!」は、本編終了後の物語である。

さまざまな体験を経て本気で啓太に惚れている。しかしようこと啓太の仲に割り込む気はなく啓太の二番目でもいいと思っている事を、いまり・さよかの本心を白状するお酒を飲んで告白している。性的行為についても啓太が望むなら段階を踏めばいいと思っている。またいまり・さよかから愛人体質だと指摘を受ける。最後の川平家の選定式でも薫と啓太どちらにつくか最後まで迷っていた。