だいもん孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

だいもん 孝之(だいもん たかゆき、本名:大門孝之、1962年 - )は、日本放送作家

来歴[編集]

東京都荒川区町屋出身で、聖学院中学校・高等学校へ進学。その後ワシントン州スノホミッシュ高校へ留学・卒業。

ビートたけしが義弟・松田秀士を擁するレーシングプロジェクト「たけしプロジェクト」で修行後、業界入りを果たした。シン西川(妻はトップコート代表の渡辺万由美)や豊田俊一を師と仰ぐ。

日本テレビ系「スーパージョッキー」をはじめ、バラエティーから情報系まで手がける。

フジテレビの深夜番組「超V.I.P.」では、4人のビジュアルクィーンを主人公に、初めてとなるドラマの脚本にも挑戦。

恩人として、フジテレビの木村忠寛(現在映像企画部部長)、深瀬雄介プロデューサー、古江学D、そして日本テレビの藤井淳プロデューサー、の渡辺弘(現在、制作局局長)、藤田育男の名を挙げている。

サンミュージックの『GETライブ』のネタ見せ作家を担当。「ダンディのつまらないところが面白い!」と、ことあるごとに会議で発言して、第3次ダンディ坂野ブームの後押しをした。

また、だいもんの名古屋進出をお膳立てしてくれたマスタマクスのさいば社長にも感謝しているとのこと。さいばとだいもんは一時、名古屋の街で話題となった、逆上がり番組「スパイスベータ」を仕掛けた間柄。

みなと六本木テレビジョン株式会社を設立。テレビ番組中心の活動から、インターネット、携帯のコンテンツ企画など守備範囲を広げて活動中である。現在、東京と名古屋のコラボレート企画を進行中で、また、新人タレントの発掘やイベント・テレビの企画も計画して六本木フェローズを立ち上げている。

新生BS放送局「日本BS放送(BS11)」での番組企画も始めた。タレントの上原ちえの後見人でもある。芸能界を引退した飯島愛さんの復帰を願って番組企画を計画しているといわれていた。

過去担当した主な番組[編集]

月曜日「つんくちゃん。」出演:つんく♂
火曜日「AX Music Factory -Music Site-」

<BS>

  • BS日テレ「スーパースポーツマガジン」出演:宮本和知 ほか
  • BS11「Why?」出演:篠田めぐみ、ゲスト多数(毎週土曜日朝10:00〜10:25)
  • BS11「大人の自由時間」スペシャル「桑名正博 Tracks on The 35th anniversary〜神の国から〜」出演:美勇士桑名正博下田逸郎桑名晴子、ほか
  • BS11「大人の自由時間」日本の社長 城咲 仁、鮎川りな武藤静香、喜田邦彦、上原ちえ、 ほか

DVD[編集]

CD[編集]

雑誌[編集]

モバイル企画[編集]

  • 2000年12月26日/27日 " LUNA SEA THE FINAL ACT TOKYO DOME " 東京ドーム2DAYSLUNA SEA終幕コンサートの模様をモバイルで生配信。

関連項目[編集]