だい好キッス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
だい好キッス
ジャンル クイズゲームミニゲーム集
対応機種 アーケードゲーム
開発元 コナミ(→コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ(→コナミデジタルエンタテインメント)
人数 1-2人協力プレイ
稼働時期 1996年
システム基板 SYSTEM-GX
テンプレートを表示

だい好キッス』(だいすキッス)は、1996年に当時のコナミ2006年3月31日持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移行)が発表した業務用ミニゲーム集クイズゲームである。当時のコナミは『ときめきメモリアル』など恋愛シミュレーションゲームがヒットしていたからか、本作にも恋愛シミュレーションゲームの要素が取り入れられている。

概要[編集]

プレイヤーはゲーム開始時に8人の生徒の中から1人を選ぶ。そして各ミニゲームもしくはクイズ開始前にアタックする相手を選ぶ。相手生徒の選択は自由で、自分が選んだキャラクターと同性の生徒を相手に選ぶことも可能である。また8人の生徒以外に4人の教師もゲームには登場し、教師と親交を深めることもできる。

ミニゲーム時に1Pと2P(あるいはCPU)で同じキャラクターを相手に選んだり、2Pが1Pの(あるいはその逆)キャラクターを選んだりすると三角関係状態となり、ボタン連打によるミニゲームが発生する。負けた方は相手を強制的に変更させられる。

ミニゲームやクイズでの成績によりハートが増減する。好成績を出すと得られるハートも多くなる。なお生徒の中の「さえ」はゲーム開始時は眼鏡をしているが、ハートを15個集めるとコンタクトレンズに変更する。卒業時にハートを一定数以上集めていればハッピーエンディングとなる。

ゲームの流れ[編集]

  • 1学期 - ミニゲーム×2→期末テスト
  • 夏休み - ミニゲーム→ボーナスゲーム(海)
  • 2学期 - ミニゲーム×2→期末テスト
  • 冬休み - ミニゲーム→ボーナスゲーム(神社)
  • 3学期 - ミニゲーム×2→期末テスト

ミニゲーム[編集]

あのコと保健室
やや性的な内容のクイズが出題され、それに回答する。
番長がでたー!
ブロックくずしのようにハート球を自分の体で撃ち返し、番長に当てて倒す。
たこやきくるりん
画面の指示通りにたこ焼きを順にひっくり返し、規定量(ステージ、設定の難易度(LEVEL)によって変わる。例.1学期-2は6個、2学期-2は18個)完成させる。
あのコはどこ!?
街の中から、表示された服装と同じ格好をしている相手を探し出す。
あのコにポケベル!
ポケベルに表示される数字の語呂合わせが何を意味するか、クイズに答える。
あのコを守れ!
画面中央にいる相手に寄って来る者たちを金槌を操作して撃退する。
ディスコでダンス!
画面に一定時間表示される操作を覚え、同じように入力する。
巨大パフェに挑戦!
レバーを上下に繰り返し早く動かすことでパフェを規定量食べる。
あのコと二人三脚
画面内に表示される掛け声に合わせレバーを左右に入れて進んでいく。

ミニゲームは通常は以上の9つだが、相手生徒選択時に"Kiss!"と表示されている相手を選ぶと「だい好キッス」という、本作のタイトルと同名のミニゲームとなる。ミニゲームの内容は相手のグラフィックが画面中央に表示されたらボタンを押すというもので、ゲーム成績によって大量(最大10個)のハートを獲得できる。

期末テスト[編集]

各学期の最後に行われる。「地理」「数学」「国語」「英語」の4教科の中から1教科を選んでクイズに答える。

ボーナスゲーム[編集]

夏休み・冬休みの2回ある。"YES"あるいは"NO"で答える質問が出され、その結果により特定の相手との親密度が高まる。

登場人物[編集]

以下役名不明の声優