だぅもありがと!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

だぅもありがと!』(どうもありがと)は、1986年4月18日[1]から1988年3月25日[2]までTBS系列局で放送されていたTBS製作のトークバラエティ番組である。花王の一社提供。放送時間は毎週金曜 23:00 - 23:30 (日本標準時)。

歌とトークと笑いを織り交ぜた内容の番組で、毎回様々な著名人をゲストに招いていた。タイトルは、司会を務めていた研ナオコのギャグ(極端に鼻にかけた発音)が由来である。

司会[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:秋元康遠藤察男、井辺清
  • 音楽:小野寺忠和
  • 演奏:パセリクラブ
  • TD:浜田泰生(TBS)
  • 映像:伊東修(TBS)
  • カラー調整:中村孝雄(TBS)
  • 照明:河合俊明(TBS)
  • 音声:阿蘇谷靖(TBS)
  • 音効:舘野忠之
  • 美術制作:河瀬洋男(TBS)
  • 美術進行:安川毅
  • 美術デザイン:西條実
  • スタイリスト:植原ゆかり
  • 編集:IMAGICA
  • 企画協力:D3 Company、メビウス
  • 制作協力:田辺エージェンシー
  • ディレクター:多田羅敬二・小河原均(以上、D3 Company)
  • 演出:新井義春(D3 Company)
  • プロデューサー:梅沢汎(TBS)
  • 製作著作:TBS

補足[編集]

1986年10月から1987年3月頃までは花王を含む複数社(サッポロビール日清食品。時間は花王2'00"、サッポロと日清が各30")の提供で放送されていたこともあるが、1987年4月からは再び花王の一社提供で放送。以来、花王はこの時間帯の一社提供を続けている。 末期に出演していた笑福亭鶴瓶は、後に、同時間帯で放送される『A-Studio』でも司会を務めている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 読売新聞』(縮刷・関東版) 1986年(昭和61年)4月18日付朝刊、テレビ欄。
  2. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1988年(昭和63年)3月25日付朝刊、テレビ欄。
TBS系列 金曜 23:00 - 23:30
前番組 番組名 次番組
JNNニュースデスク(金曜)
(1975年4月4日 - 1986年3月28日)
※23:00 - 23:15
【金曜のみ30分繰り下げて継続】
JNNスポーツデスク(金曜)
(1978年4月7日 - 1986年3月28日)
※23:15 - 23:30 → 23:15 - 23:35
だぅもありがと!
(1986年4月18日 - 1988年3月25日)
金曜気分で!
(1988年4月 - 1989年3月)
TBS系列 花王一社提供番組
しゃれっぽクラブ
(1985年11月6日 - 1986年3月26日)
※水曜22:25枠
だぅもありがと!
(1986年4月18日 - 1988年3月25日)
金曜気分で!
(1988年4月 - 1989年3月)