だからその手を離して

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > だからその手を離して
だからその手を離して
B'zシングル
初出アルバム『B'z
B面 ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜
リリース
規格
録音
ジャンル
時間
レーベル BMGビクター
作詞・作曲
プロデュース 中島正雄
B'z シングル 年表
  • だからその手を離して
  • (1988年)
B'z 収録曲
だからその手を離して
(1)
Half Tone Lady
(2)
Half Tone Lady
(2)
ハートも濡れるナンバー
〜stay tonight〜

(3)
ゆうべのCrying
〜This is my truth〜
(4)
ミュージック・ビデオ(short ver.)
「だからその手を離して」 - YouTube
テンプレートを表示

だからその手を離して」(だからそのてをはなして)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。1988年9月21日にBMGビクターからデビューシングルとして発売された。

解説[編集]

デビューアルバム『B'z』と同時リリースされた[1]。B'zのシングルでは唯一、アナログ盤 (レコード)も発売された。

当時、2曲目は「2nd beat」という言い方はされず、普通にカップリングと言った。2nd beatと言う呼称は4thシングル『BE THERE』から使われることになる。当時はほとんど無名だったこともあり、オリコン集計でもカウントされないほど売れなかった。

2人の英語クレジットは、3rdミニ・アルバム『MARS』まで松本が"TAKAHIRO MATSUMOTO ON GUITAR"、稲葉が"KOHSHI INABA ON VOCAL"だった。後に担当パート表記のみが小文字になるが、パート表記の頭文字は大文字である。

表ジャケットの上半分の写真は、デビューアルバム『B'z』からの流用である[2]。裏ジャケットの写真はアルバムの裏ジャケットとは異なり、アルバムの歌詞カードの裏面[注釈 1]にあたる部分の写真を流用したものである。

収録曲[編集]

  1. だからその手を離して (3:50)
    軽くダンサブルなデジタルビートが主体で、ギターボーカル以外がすべて打ち込みで出来上がっている。
    松本のギターはかなり奥の方で聞こえ、後の作品と比べかなりおとなしいミックスになっている。また、稲葉の声がかなり硬く軽い。
    PV撮影はジャケット撮影と同時に行われ[3]、ジャケットに使用された白いマネキンや本作と1stアルバム『B'z』のジャケットで着ている衣装で映るシーンもある。また、一部シーンは千葉県九十九里浜で撮影され、台風接近の悪天候の中で行われた[4][3]
  2. ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜 (4:38)
    1曲目同様、打ち込み主体の曲。松本と稲葉の持つブルース色が随所ににじみ出ている作品である。

バージョン違い[編集]

だからその手を離して[編集]

  • DA・KA・RA・SO・NO・TE・O・HA・NA・SHI・TE -OFF THE LOCK STYLE-
    全英詞バージョン。デジタルダンスビート色がさらに強調され、演奏時間は7分を超える。ミニアルバム『BAD COMMUNICATION』と非公認アルバム『Flash Back -B'z Early Special Titles-』に収録。
  • だからその手を離して -Mixture Style-
    再録バージョンで、原曲とは異なりハードロック調となっている[5]。27thシングル『今夜月の見える丘に』とマスト・アルバム『B'z The "Mixture"』に収録。

ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜 [編集]

  • STAY TONIGHT
    「ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜」の別バージョンで、『B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"』、『B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"』で披露された。音源化はされていないが、『LIVE RIPPER』に一部ではあるが映像が収録されている。このバージョンのタイトルは同作の収録曲目に記載されたもの。このアレンジが後述の「SLAVE TO THE NIGHT」の原型となっている。
  • SLAVE TO THE NIGHT
    7thアルバム『The 7th Blues』に収録されたバージョン。上記の「STAY TONIGHT」を基に更にアレンジを加え、歌詞が英語に書き直されている。タイトルや曲構成ごと大幅に変更されたB'zの中でも非常に珍しい楽曲である。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

だからその手を離して

ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜

  • B'z
  • The 7th Blues (全英詞バージョン「SLAVE TO THE NIGHT」)
  • DEVIL (全英詞バージョン「SLAVE TO THE NIGHT」)

ライブ映像作品[編集]

だからその手を離して

ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 折り畳まれた状態においてジャケットを表面とした場合の裏面。

出典[編集]

  1. ^ “B'z、30年間の歩み&功績を紹介する特設ページがオープン”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2018年9月21日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/68010/2 2020年5月8日閲覧。 
  2. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories II』エムアールエム、2013年、135頁。
  3. ^ a b 『be with!』第79巻、B'z Party、2008年10月。
  4. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1988-1998』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ(初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
  5. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、234頁。