だし道楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
だし道楽の自動販売機。三井のリパークに設置されている。
ペットボトルのなかにはトビウオが入っている。
二反田醤油直営の吉浦店。元々はその店舗で使っているだし汁だった。

だし道楽(だしどうらく)は、有限会社二反田醤油が販売するだし醤油ペットボトルのなかに焼いたトビウオがそのままの姿で入っている点に特徴がある[1][2]。また、自動販売機による販売という珍しい手法をとっている[1]

製品 [編集]

だし道楽は、薄口醤油を基本とした関西風のだし製品である[3]。うどん・鍋・だし巻き卵など多くの料理に使えるとされる[1]

500ミリリットルのペットボトルを容器として販売されており[1]、このボトルは自動販売機で販売できるようにサイズを合わせたものである[2]広島県江田島の工場において、1日あたり2000本から2400本程度が生産されている[3]

ペットボトル容器のなかに入っているのが、九州産の焼あご、すなわちトビウオとこんぶである[1]。なお、「焼あご入り」の製品以外に、こんぶのみの入った「昆布入り」、焼あごに加えて宗田節を入れた「焼きあご・宗田節入り」の2種類の製品が存在する[4]。ボトルに入った焼あごは、砕くことでふりかけとして利用することもできるとされる[5]

自動販売機で販売されているため、通常のペットボトル飲料と勘違いして購入する消費者がいる可能性もあるが、そのような事態は起きていないという[2]。700円という値段を見れば通常の飲料ではないとわかるためであるが、外国人の利用者が誤解しないように、念のため自動販売機の機体に“Do not drink. This is a vending machine of dashi.”という注意書きがなされている[5]

販売の経緯[編集]

だし道楽を販売する二反田醤油は、もともとは醤油の販売をメインとするメーカーであった[1]。しかし、醤油の売れ行きが不調であったため、醤油の加工食品に事業を広げることとした[3]

この際、ポン酢、焼肉のたれなどを販売する案も上がったが、今後のだし市場の拡大に期待して、だしを販売することとした[3]。その後、3年間をかけて開発されただし商品が「だし道楽」である[3]

2003年に完成した「だし道楽」は、当初はデパートやスーパーでの販売も試みられたものの。好調とは言いがたかった[3]。そこで「だし道楽」を用いたうどん屋を開業することで、商品を宣伝しようとした[3]

しかし、うどん屋の営業時間は限られていたため、24時間販売を可能とするために、だしの自動販売機を設置して販売することを決めた[3][5]。2012年にはコインパーキングの「三井のリパーク」と提携するようになり、各地の駐車場に自動販売機を展開し、設置数が増加している[6]

2017年時点では、全国およそ40箇所に設置されている[2]。今後も百貨店などでの販売を行うことはなく、自販機のみでの販売を続ける予定だという[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 近藤康介 (2016年11月26日). “自販機・飲む… ひと味違う「だし」の楽しみ”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社. 2018年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 江田島の二反田醤油のトビウオ丸ごと1匹入りの自販機「だし」が全国で人気”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2017年9月18日). 2018年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 平井幸奈 (2017年8月1日). “食の訪問記(12) だし道楽広島では当たり前!? 自動販売機で売られるダシ”. カレッジカフェ. 日本経済新聞社. 2018年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  4. ^ 商品のご紹介”. 有限会社二反田醤油. 2018年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月6日閲覧。
  5. ^ a b c ネクスト編集部 (2017年6月3日). “ネットで話題「だしの自販機」 兵庫県内にも続々”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. 2019年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  6. ^ 村山恵二 (2017年1月25日). “トビウオまるごと、だし汁ボトル 知らないとギョッ”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2018年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月15日閲覧。