ちいさいぜ!ちょこやまくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ちいさいぜ!ちょこやまくん
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日0時20分 - 0時45分
放送期間 2013年4月12日 - 4月26日、2015年3月27日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 クリエイティブネクサス日本放送協会[1][2]
企画 クリエイティブネクサス
原作 発見研究所『ちいさいぜ!ちょこやまくん』
プロデューサー 古山洋輔
出演者 児嶋一哉(主演)
宇野実彩子(ヒロイン)
ナレーター 加賀美幸子
外部リンク ちいさいぜ!ちょこやまくん
テンプレートを表示

ちいさいぜ!ちょこやまくん』は、発見研究所による日本の漫画作品であり、2013年・2015年にNHKワンセグ2NHK教育テレビジョンで放送された番組『青山ワンセグ開発』内の5分間ミニドラマである[3][4][5][6][7][8]

概要[編集]

  • 最初の主人公・「ちょこやまくん」横山弘は、テレビ雑誌で取り上げられるキャラクターで、2011年にメディアファクトリーの第10回ダ・ヴィンチキャラブック大賞で金賞を受賞した[9][10][11]
  • 2012年1月20日、1冊目の単行本がメディアファクトリーから発行される。2012年6月15日、2冊目の『ちいさいぜ!ちょこやまくん2』の発売を記念しており、毎週木曜日ダ・ヴィンチ電子ナビの公式サイトで週刊『ちょこやまくん』の連載を開始する[12]
  • 2013年4月12日 - 4月26日、『青山ワンセグ開発』で毎週1話の実写ドラマ化された作品を披露し、レギュラー番組企画に参加する[13][14][15][16]。2013年5月3日、「生放送スペシャル」に投票数で負けて落選する[17][※ 1]
  • 2015年1月16日、2013年度の敗者として「復活バトル・冬 1月期」の2回目に優勝となる。1月30日、生放送された決勝戦に優勝して、新作企画を開始する[18][※ 2]。3月27日、『青山ワンセグ開発』の最終回に旧作3話のダイジェストと新作3話が一挙放送される[※ 3]

放送内容[編集]

  • 2013年4月12日、第1話「ちょこやまくん合コンへ行く」。
  • 2013年4月19日、第2話「ちょこやまくん派遣社員にときめく」。
  • 2013年4月26日、第3話「ちょこやまくんカラオケへ行く」。
  • 2015年3月27日、「ちょこやまくんスペシャル」(第1話 - 第3話の総编集、第4話「ちょこやまくんプレゼンをする」・第5話「ちょこやまくんキャバクラに行く」・第6話「ちょこやまくんデートをする」)

キャスト[編集]

挿話[編集]

新代田ミサ[編集]

  • 原作小説には登場しないドラマ版オリジナルのキャラクターであり、出演当時では26歳の宇野実彩子(うのみさこ)によって創造されるヒロイン[19]
  • 宇野実彩子の自体において、友人の児嶋一哉がドラマ初主演を務める本作に友情出演である。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 児嶋一哉が生出演。
  2. ^ 古山洋輔、宇野実彩子が生出演。
  3. ^ 古山洋輔、児嶋一哉、宇野実彩子が同番組に出演。
出典
  1. ^ ちいさいぜ!ちょこやまくん”. テレビドラマデータベース. 2015年12月9日閲覧。
  2. ^ “ちいさいぜ!ちょこやまくん”新作スペシャル”. テレビドラマデータベース. 2015年12月9日閲覧。
  3. ^ いよいよ今週から対決が始まります!”. 古山洋輔. Twitter. 2015年12月9日閲覧。
  4. ^ 来週16日、NHK 青山ワンセグ開発で「ちょこやまくん」が放送”. 古山洋輔. Twitter. 2015年12月9日閲覧。
  5. ^ 「ちょこまくん」皆様のおかげで、動画再生&コメントを増やし、ありがとうございます。”. 古山洋輔. Twitter. 2015年12月9日閲覧。
  6. ^ 今週30日(金)0:20〜<木曜深夜>からNHKEテレ青山ワンセグ開発で「ちょこやまくん」決勝戦。”. 古山洋輔. Twitter. 2015年12月9日閲覧。
  7. ^ お待たせしました!今週26日(木曜深夜)24:20〜「ちょこやまくんSP」です。”. 古山洋輔. Twitter. 2015年12月9日閲覧。
  8. ^ 本日26日深夜24:20〜NHK Eテレ「ちょこやまくんSP」やります。”. 古山洋輔. Twitter. 2015年12月9日閲覧。
  9. ^ “思わず共感!あるあるネタ満載”. ジェイ・キャスト. (2012年2月1日). http://www.j-cast.com/s/bookwatch/2012/02/01120682.html 2015年12月9日閲覧。 
  10. ^ “ダヴィンチで金賞!  思わず共感!あるあるネタ満載”. ジェイ・キャスト. (2012年2月7日). http://www.j-cast.com/trend/2012/02/07121414.html 2015年12月9日閲覧。 
  11. ^ 第10回 ダ・ヴィンチ キャラブック大賞”. CJキューブ. 2015年12月7日閲覧。
  12. ^ 毎週木曜更新! 週刊 「ちょこやまくん」”. ダ・ヴィンチ. ジュピターエンタテインメント. 2016年2月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  13. ^ “アンジャッシュ児嶋、ドラマ初主演で“おちょこな男”好演”. ナタリー (ニュースサイト). (2013年3月29日). http://natalie.mu/owarai/news/87621 2015年12月9日閲覧。 
  14. ^ “AAA・宇野実彩子、『青山ワンセグ開発』のアンジャッシュ児嶋初主演ドラマにヒロイン役で出演”. BARKS. (2013年4月4日). http://www.barks.jp/news/?id=1000089029 2015年12月9日閲覧。 
  15. ^ “AAAメンバー、視聴者参加型ドラマに出演決定”. モデルプレス. (2013年4月4日). http://mdpr.jp/news/detail/1234740 2015年12月9日閲覧。 
  16. ^ “AAAの宇野実彩子、アンジャッシュ児嶋の初主演ドラマ『ちいさいぜ! ちょこやまくん』に出演!”. CDジャーナル. (2013年4月5日). http://www.cdjournal.com/main/news/-/51028 2015年12月9日閲覧。 
  17. ^ “アンジャ児嶋危うし、今晩生放送でドラマ枠投票最後のお願い”. ナタリー (ニュースサイト). (2013年5月2日). http://natalie.mu/owarai/news/89860 2015年12月9日閲覧。 
  18. ^ 青山ワンセグ開発 復活バトル・冬1月期 勝利企画決定!”. スーパー・ブレーンNEX. 2015年12月9日閲覧。
  19. ^ “器の小さい男がいまモテる!? 『ちょこやまくん』がまさかの実写ドラマ化へ”. ダ・ヴィンチ (ジュピターエンタテインメント). (2013年4月11日). http://ddnavi.com/news/133672/a/ 2015年12月9日閲覧。