ちびっこ何でもやりまショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ちびっこ何でもやりまショー
ジャンル バラエティ番組
放送時間 月曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1971年10月4日 - 1971年12月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 三波伸介
ほか
テンプレートを表示

ちびっこ何でもやりまショー』(ちびっこなんでもやりまショー)は、1971年10月4日から同年12月27日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

毎回5人の女子小学生が出場していたコンテスト形式の視聴者参加型番組で、3つのコーナーを通して「ミスかわいこちゃん」を決めていた。司会は三波伸介が務めていた。

進行[編集]

前述のとおり、毎回5人の女子小学生たちが出場。出場者たちはそれぞれ自身の推薦者を連れて参加していた(推薦者たちも全員小学生だった)。

第1コーナーは「特技コーナー」で、出場者たちが各々の特技を披露していた。続く第2コーナーは「ゲストコーナー」で、各回のゲスト審査員に因む事を出場者たちにやってもらっていた。小松政夫がゲストの回では、小松の得意とする淀川長治のものまねを競技種目にしていた。そしてラストの第3コーナーは「質問コーナー」で、ゲスト1人と男子小学生9人の計10人の審査員が出す質問に出場者たちが答えていた。出場者たちが全員水着姿になるコーナーもあったが、途中で着衣姿に変わっていた。

全ての審査が終わったら、ゲスト審査員がドラムロールとともに出場者の1人に王冠を被せて「ミスかわいこちゃん」を発表。受賞者にはトロフィーと賞品を贈呈していた。また、出場者全員に参加賞を贈っていた。

オープニングとエンディングでは、トレーナーとミニスカ姿の4人の女子小学生たちが素足で椅子に上がり、椅子の上でゴーゴーを踊っていた。

日本テレビ系列 月曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
めくらのお市
(1971年4月12日 - 1971年9月27日)
ちびっこ何でもやりまショー
(1971年10月4日 - 1971年12月27日)
正義を愛する者 月光仮面
(1972年1月10日 - 1972年10月2日)