ちゃぶ台返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ちゃぶ台

ちゃぶ台返し(ちゃぶだいがえし)は、ちゃぶ台をひっくり返す行為、又はその行為より転じた慣用表現である。

ひっくり返す行為[編集]

「ちゃぶ台返し」はたいていの場合、両手の手のひらを上に向けの端を掴み、そのまま真上に放り投げるようにして行われる。このために、卓上にある食器その他は派手に宙を舞うものの、空中で半回転して裏向きになったちゃぶ台の下敷きになるように押しつぶされ、あまり遠くに飛ばないことが多い。

作品におけるちゃぶ台返し[編集]

テレビ作品

テレビアニメ『巨人の星』において、主人公の父親星一徹食事の最中、卓上に食器類や食べ物が乗っている状態のちゃぶ台をひっくり返すシーンが、毎回エンドロールにて放映されていた[注 1]。アニメ『銀魂』でもこの描写があったが劇中では「星一徹クラッシュ」と呼ばれていた。

テレビドラマにおいては、『寺内貫太郎一家』にて、主人の貫太郎が食事をぶちまけるシーンがたびたび登場した[注 2]

このように『ガンコ親父が激怒した時に「ちゃぶ台をひっくり返」して、まわりが見えないほどの問答無用の怒りを表す』という映像イメージが一般化していった。

笑いの演出のモチーフとして。例えばバラエティ番組めちゃ×2イケてるッ!』の1コーナー、爆烈お父さんにて加藤浩次扮する親父が行う[注 3]

映画作品
  • 業田良家原作の映画『自虐の詩』にて、葉山イサオに扮する阿部寛が実に見事な「ちゃぶ台返し」のシーンを数多く披露している。
ゲーム

競技[編集]

  • 岩手県紫波郡矢巾町のショッピングモール「アルコ」では、競技として「ちゃぶ台返し世界大会」が毎年6月第4土曜日に開催されている。

慣用表現[編集]

転じて、この「ちゃぶ台返し」が理不尽な様子から、『トップが強権を使い、企画・仕様などをご破算にしてやり直させる』ことを「ちゃぶ台返し」と称することがある。例えば任天堂のゲームクリエイター・宮本茂はゲーム作りへのこだわりから、ほぼできあがったものを大幅にやり直させることがしばしばあり、自らそれを「ちゃぶ台返し」と呼んでいる(:Upending the Tea Table[1]宮本茂#ちゃぶ台返しも参照)。また橋下徹大阪府知事選挙時、府庁改革に対して「府庁解体」を行うとして「ちゃぶ台をひっくり返す」と発言した[2]。また2012年11月、田中真紀子文部科学大臣が、2013年春に新規開校予定であった大学3校に対して、内の認可手続き完了の直前に独断で不認可の意向を示した際、様々なメディアから「ちゃぶ台返し」と揶揄された[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ しかし、実際劇中で一徹がちゃぶ台をひっくり返したのは2回のみである。しかも、エンディングについても、実際は飛雄馬の言動に激怒した一徹がちゃぶ台を押しのけて飛雄馬を殴りつけるシーンであり、結果的にちゃぶ台はひっくり返っているもののその様相はいわゆる「ちゃぶ台返し」ではない。2008年12月18日放送『思い込みは一生の恥!クイズ本当にそれでいいんですね?』にて第2話、第120話の2回あることが判明した。また、原作漫画に至っては1回もひっくり返していない(該当する場面は存在するが、ちゃぶ台はひっくり返っていない)。なお、そのちゃぶ台は丸いテーブルのイメージがあるが、実際は四角である。
  2. ^ 連想的に「ちゃぶ台返し」と称されることが多いが、実際に劇中で使われていたのは折りたたむことのできない木製のテーブルである。
  3. ^ これは「平和な家族団欒の図」が混乱に陥る落差が引き起こす笑いであり、桂枝雀が提唱した「緊張の緩和」理論における「へん」に相当する。

出典[編集]

  1. ^ Iwata Asks : Luigi's Mansion: Dark Moon : Upending the Tea Table” (英語). Nintendo of America. 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ しかしその後一転して府庁職員の前で話す際には「皆さん(府庁職員)の盾、サンドバッグになります。一緒にスクラムを組んでください」と対応を180度変えた。(『スポーツ報知』 2008年1月11日)
  3. ^ “田中真紀子大臣のちゃぶ台返し 3大学不認可に「やっぱり」の声”. J-CAST. (2012年11月5日). http://www.j-cast.com/2012/11/05152780.html 2013年1月26日閲覧。 
  4. ^ “ちゃぶ台返し”. 47NEWS (秋田魁新報). (2012年11月4日). オリジナル2013年5月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130507122716/http://www.47news.jp/47topics/e/235875.php 2013年1月26日閲覧。 

関連項目[編集]