こびとづかん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

こびとづかん』は、なばたとしたかによりデザインされたキャラクターおよび絵本作品。全身タイツを着たような風貌のコビトを少年が観察するという設定の絵本『こびとづかん』が2006年長崎出版より発売され、以後シリーズ化。2013年、版権がロクリン社に移る。キャラクターグッズDVD、ゲームソフトなど各種メディア展開されている。

キャラクター・データバンク主催のライセンシング・オブ・ザ・イヤー2011でグランプリを受賞した[1]。2020年4月時点で絵本のシリーズ累計発行部数は270万部を突破している[2]

書籍[編集]

  • こびとづかん ISBN 978-4860951085 (2006/05/01)
  • こびと大百科 ISBN 978-4860952815 (2008/10/30)
  • こびと観察入門(1) ISBN 978-4860954130 (2010/09)
  • かく・きる・ぬーるこびとドリル ISBN 978-4860954659 (2011/07)
  • ぬりえ こびとづかん ISBN 978-4896018103 (2011/10/04)
  • みんなできーるこびとドリルX ISBN 978-4860954802 (2012/01/25)
  • こびとづかんトランプ ISBN 978-4344976481 (2013/02)
  • こびと自遊帳 ISBN 978-4907542016 (2013/12/14)
  • 新種発見!こびと大研究 ISBN 978-4860955410 (2013/12/14)
  • こびと大百科 増補改訂版 ISBN 978-4907542030 (2014/03/15)
  • みんなのこびと ISBN 978-4907542047 (2014/04/15)
  • こびと観察入門(1) 増補改訂版 ISBN 978-4907542054 (2014/04/15)
  • こびとかるた ISBN 978-4907542078 (2014/09/26)
  • こびとづかんびっくりおりがみ ISBN 978-4907542122 (2014/12/01)
  • ちんしもっこう なぞなぞこびとづかん ISBN 978-4907542108 (2014/12/05)
  • こびとメガドリル ISBN 978-4907542153 (2015/03/30)
  • はじめてのこびとづかん ファンブック ISBN 978-4091051493 (2015/06/12)
  • こびと大図鑑 ISBN 978-4907542177 (2015/06/25)
  • こびとづかん ひらめきおりがみ ISBN 978-4907542481 (2017/09/14)
  • こびと桃がたり ISBN 978-4907542603 (2018/05/09)
  • おでかけポケット図鑑 日本のこびと大全 野原や畑編 ISBN 978-4907542726 (2019/04/23)

DVD[編集]

ポニーキャニオンより発売されているCGアニメーション。映像制作は「ビットワールド」「シャキーン!」(NHK Eテレ) を手がけるディレクションズ。2012年には『こびと劇場』としてワーナー・マイカル・シネマズで劇場公開された[3]

  • こびと観察入門 モモジリ クサマダラ モクモドキ編 ISBN 978-4865290844 (2014/07/25)
  • こびと観察入門 ハナガシラ キノコビト バイブスマダラ編 ISBN 978-4865290851 (2014/07/25)
  • こびと観察入門 シボリ カワ ホトケ アラシ編
  • こびと観察入門 ケダマ ヤマビコ イエ タカラ編
  • こびと観察入門 マモリ アマクリ シシャワ編
  • こびと観察入門 カブト タケノ ノミビョウタン編

ゲーム[編集]

ゲームソフト[編集]

こびとづかん こびと観察セット
2012年7月26日日本コロムビアより発売されたニンテンドー3DS用ソフト[4]
こびとを採集・観察して図鑑をつくりあげていくほか、ニンテンドー3DSのカメラ機能でコビトとの記念撮影や顔写真の合成によるナリキリ体験も出来る。
こびとづかん こびとの不思議 実験セット
2013年12月12日に日本コロムビアより発売されたニンテンドー3DS用ソフト[5]
ストーリー仕立てのゲーム構成になったほか、収録こびと数や写真用のフレーム・スタンプを増量している。
こびとゲーム大全
2016年10月6日に日本コロムビアより発売されたニンテンドー3DS用ソフト。

ゲームアプリ[編集]

こびとづかん
キューマックスにより2011年9月20日GREE、同年12月21日Mobage2012年10月31日Mixiから提供されているソーシャルゲーム。2012年3月7日にはGREEとMobageのスマートフォン版が利用可能になっている。2013年12月25日からentag!でも利用可能。登録会員数が2012年8月3日に100万人を突破した[6]。アイテム課金制。
こびと観察パズル
キューマックスにより2013年7月12日iOS用に、9月3日Android用に配信されているパズルゲーム。アイテム課金制。

テレビアニメ[編集]

スピンアウト扱いの『ちょびっとづかん』のタイトルで、2016年7月より5分枠のショートアニメとして放送。

登場キャラクター[編集]

メインキャラクター[編集]

カクレモモジリ
- 島本須美
主人公。おっとり系で冒険が大好きな女の子。体から甘い匂いを出す。問題児でよくトラブルを起こしては、以下の4人を巻き込むが本人は気にしていない。声を担当した島本はナレーションも担当。
リトルハナガシラ
声 - ニーコ
カクレモモジリの友達。関西弁で、気が短く怒りっぽい男の子。
ホトケアカバネ
声 - 平山笑美
同上。敬語で話す、楽天家。5人の中では唯一飛行が可能。
タカラコガネ
声 - 沢城千春
同上。キザでマイペースな外国訛りの口調で話す。
クサマダラオオコビト
声 - 柳橋なつみ
同上。普段はのんびり屋だが、一度焦ると落ち着きのないあわてん坊で汗かき。

その他のキャラクター[編集]

ベニキノコビト
声 - 荒浪和沙
シボリオオチチ
声 - 津久井彩文

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「I Like It」
歌 - TEMPURA KIDZ
シーズン2 主題歌「クレイジーコースター」
歌 - ぐーちょきぱー

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル
1話 ちょびっとたちの冒険
2話 幸運のホトケアカバネ
3話 カクレモモジリ占い!?
4話 気にするネガティブ
5話 リトルハナガシラがアブダクション
6話 ちょびっとのちいさーい悩み
7話 シボリオオチチを守れ!
8話 喧嘩が止まらない!?
9話 ちょびっと達のかくれんぼ
10話 狙われたタカラコガネ
11話 ホトケアカバネはずっと浮いている?
12話 大きなごちそうの行方!
13話 虫を捕まえる!
14話 ちょびっと川くだり
15話 ちょびっと総選挙
16話 カクレモモジリ、ホントは良い奴説?
17話 カクレモモジリがダイエット!?
18話 伝説のモモ、発見!?[7]
19話 それぞれのトウチン活用術!
20話 ちょびっと上手な仲直り!
21話 人気者になりたい!
22話 脱皮したい!
23話 トウチンが取れた!?
24話 100回目のしゃっくり
25話 リトルハナガシラの過去
26話 シボリオオチチを笑わせろ!
27話 素敵なランチ
28話 お金で解決!?
29話 入れ替わっちゃった!?
30話 ちょびっと共同生活
31話 オオカミで危機一髪!
32話 ついてるクサマダラ!?
33話 ちょびっとゾンビ
34話 ローラー捜索大作戦
35話 仲間を知ったベニキノコビト
36話 金のモモ銀のモモ
37話 ダウジングで伝説の桃探し!?
38話 ホトトギスは何て鳴く?
39話 モモの寝ている間に…
40話 ホトケアカバネの修行
41話 ついに見つけた!?伝説のモモ
42話 混ぜれば混ぜるほど…
43話 ビッグドリーマー
44話 抜き打ち検査
45話 美味しい罠
46話 仲良くなりたい
47話 ちょびっと相撲
48話 ハナガシラの一発ギャグ
49話 こわ〜いお約束
50話 バンドやろうぜ!
51話 ちょびっとお花見
52話 ママになったカクレモモジリ

放送局[編集]

日本国内 地上波テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2016年7月3日 - 日曜 20:55 - 21:00 キッズステーション 日本全域 CS放送/製作委員会参加/リピート放送あり
2016年7月7日 - 木曜 21:55 - 22:00 TOKYO MX 東京都
2016年7月12日 - 火曜 1:34 - 1:39(月曜深夜) テレビ金沢 石川県 作者の出身地
2016年7月16日 - 日曜 不定期(土曜深夜) 関西テレビ 近畿広域圏 音エモン』内
2016年9月1日 - 金曜 0:54 - 0:59(木曜深夜) 福島中央テレビ 福島県
2016年10月1日 - 土曜 1:30 - 1:40(金曜深夜) 中京テレビ 中京広域圏 『しばさきのちょびっとChuun』内
2016年10月6日 - 木曜 11:25 - 11:30 山口放送 山口県

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Licensing of The Year 2011”. キャラクター・データバンク (2011年). 2011年12月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月28日閲覧。
  2. ^ “目黒・鷹番の出版社が「こびとづかん」ビデオ通話用の背景画像を無料配布”. 自由が丘経済新聞. (2020年4月6日). https://jiyugaoka.keizai.biz/headline/1801/ 2021年1月21日閲覧。 
  3. ^ “キモカワイイ!?それともキモイ?衝撃の絵本「こびとづかん」が劇場上映決定!”. シネマトゥデイ. (2012年2月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0039122 2012年6月28日閲覧。 
  4. ^ “不思議な生きもの“コビト”がいっぱい 『こびとづかん こびと観察セット』ニンテンドー3DSで登場”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2012年5月10日). http://www.famitsu.com/news/201205/10014458.html 2012年6月28日閲覧。 
  5. ^ “ニンテンドー3DS用ソフト『こびとづかん こびとの不思議 実験セット』の発売日が12月12日に変更”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2013年9月30日). http://www.famitsu.com/news/201309/30040884.html 2013年11月5日閲覧。 
  6. ^ “ソーシャルゲーム「こびとづかん」の累計登録者数が100万人を突破”. 4Gamer.net (Aetas). (2012年8月6日). http://www.4gamer.net/games/178/G017863/20120806026/ 2013年3月20日閲覧。 
  7. ^ 公式サイトでは17話のサブタイトルに誤記載されている
  8. ^ テレビ放送対象地域の出典: