出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平仮名
文字
字源 に濁点
JIS X 0213 1-4-34
Unicode U+3062
片仮名
文字
字源 チに濁点
JIS X 0213 1-5-34
Unicode U+30C2
言語
言語 ja
ローマ字
ヘボン式 JI
訓令式 ZI(DI)
JIS X 4063 di
発音
IPA d͡ʑi̞
種別
濁音
「ぢ」の筆順
「ヂ」の筆順

は、仮名のひとつであり、に濁点をつけた文字となる。四つ仮名の一つ。 日本語音節のひとつとして用いられ、1モーラを形成する。

日本語における発音[編集]

  • 現代標準語の音韻: 1子音と1母音」から成る音。語中においては舌の前部を上歯茎の後ろに付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声歯茎硬口蓋破擦音、すなわち「ち」の有声化音。また語頭や促音・撥音の後では舌の前部を上歯茎の後ろから硬口蓋近くの範囲に付けずに近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声歯茎硬口蓋摩擦音、すなわち「」の子音の有声音である。それら二つの「ぢ」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。大体において破擦音は語頭、撥音の後ろで現れ、摩擦音は語中で現れる。
  • 上代には舌先の破裂音を子音とする /di/ であったと考えられるが、室町時代末には口蓋化した摩擦音を伴う /dʒi/ に転じていた。江戸時代に入ると「ぢ」(/dʒi/)と「じ」(/ʒi/)の発音上の区別が失われ、仮名遣いの混乱を生じるようになった。拗音の場合も同様である[1]
  • 「ぢ」は「」と同じ発音であり、現代標準語では「ぢ」と「じ」を音の上で区別しない。現代仮名遣いでは例外を除いて「ぢ」で書かれてきたものをすべて「じ」で書く。例外として同音の連呼によって生じている場合(「ちぢむ」「ちぢれる」など)若しくは二語の連合によって生じている場合(「はなぢ」「そこぢから」など)には「ぢ」を用いることとされ、現代語の一般的意識では二語に分解しにくい語については「じ」を本則としつつ「ぢ」も可としている(「世界中」など)[2]有声歯茎硬口蓋摩擦音[ʑ]有声歯茎硬口蓋破擦音[d͡ʑ]または国際音声記号では有声後部歯茎摩擦音[ʒ]有声後部歯茎破擦音[d͡ʒ]で記述される。どちらかといえば[ʑ, d͡ʑ]が近く、[ʒ, d͡ʒ]で表される場合でも英語のvisionなどの s や j とは異なっている。濁音も「ち」同様、調音点が異なっている。「だ、で、ど」と同じ調音点で発音すると/di/となる。こちらも中世以降日本語から消えていた音であり、近代になって外来語等のなかで復活した(現在「でぃ」「ディ」または「じ」「ジ」と表記される)。
  • 発音Japanese di.ogg [ヘルプ/ファイル]

ぢ に関わる諸事項[編集]

  • を平仮名で「ぢ」と表記することがある。痔薬販売会社のヒサヤ大黒堂がシンボルマークとして「ぢ」の文字を使用していることから広まったもので、本来の平仮名表記は「じ」である。ヒサヤ大黒堂のほか、痔治療薬「レンシン」(指定第2類医薬品)がこの文字を広告用のぼり等で使用している。
  • 「ち」が濁音化し「ぢ」と表記される地名がある。
  • 韓国料理チヂミは、朝鮮語だが「ヂ」が使用される。同様で朝鮮語を日本語表記する場合には「ぢ」が使用される事も多い。
  • 漫画で時々、「○○ぢゃねーか!」といったセリフ表記がみられるが、この表記方法は歴史的仮名遣いでは正しい物で、実際に大正年間及び戦前昭和期に発表された漫画及び小説の中では、ごく普通に使われていた。
  • 上述のように近代以降、外来語の表記として用いられたが、オレンジ(orange)、エンジン(engine)、ベンジン(benzine)、ジャーナリズムjournalism)など、原語が/di/と発音しない語であっても「ヂ」を当ててきた例もある。
    • 会社名としては「エンヂンメンテナンス株式会社」などがある。
    • 1952年に発売されたカブの販売キャッチコピーは『白いタンクに赤いエンヂン』と表記された。
    • 開業年代の古いガソリンスタンドなどでは給油中エンジン停止の注意書きが「給油中エンン停止」と表記されている例が稀にある。
    • エステーから発売されているシミ取り剤に「アルプスベンヂン」がある[4]。また、大和薬品工業から発売されているシミ取り剤に「ダイワ Aベンヂン」がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国語大辞典小学館、2001年、第2版。
  2. ^ 現代仮名遣い 本文 第2(表記の慣習による特例) Archived 2013年6月21日, at the Wayback Machine. 文化庁
  3. ^ 「宮沢賢治―素顔のわが友」佐藤隆房(富山房企畫 2012年)
  4. ^ アルプスベンヂン エステー

関連項目[編集]