つくし誰の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つくし誰の子
ジャンル テレビドラマ
脚本 橋田壽賀子
演出 早川恒夫
細野英延 ほか
出演者 池内淳子
杉村春子 ほか
製作
プロデューサー 早川恒夫 ほか
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1シリーズ
オープニング 近藤正臣「つくしの子守歌」
放送期間 1971年7月19日 - 1972年1月24日
放送時間 月曜21:00 - 21:56
放送枠 月曜スター劇場
放送分 56分
回数 28
第2シリーズ
放送期間 1972年6月12日 - 11月6日
放送時間 月曜21:00 - 21:56→21:00 - 21:55
放送枠 月曜スター劇場
放送分 56分→55分
回数 22
第3シリーズ
放送期間 1973年4月23日 - 11月26日
放送時間 月曜21:00 - 21:55
放送枠 月曜スター劇場
放送分 55分
回数 32
第4シリーズ
オープニング 中村雅俊「白い寫眞館」
放送期間 1974年10月21日 - 1975年4月14日
放送時間 月曜21:00 - 21:55
放送枠 月曜スター劇場
放送分 55分
回数 26

つくし誰の子』(つくしだれのこ)とは、1971年から1975年にかけて日本テレビ月曜スター劇場で放送されたテレビドラマ。

舞台設定を変えつつ、4シリーズが放送された。4シリーズとも、血のつながりの無い母親と子供の関係を描いている。

第1シリーズ[編集]

1971年7月19日から1972年1月24日まで放送。4人の孤児を養子にした下町の弁当屋の女主人・夏目遊を主人公として描く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:橋田壽賀子
  • 演出:池田義一、細野英延
  • プロデューサー:早川恒夫、藤原千晶、平林邦介
  • 主題歌:「つくしの子守歌」(歌:近藤正臣、作詞:橋田壽賀子、作曲:伊部晴美)

第2シリーズ[編集]

1972年6月12日から11月6日まで放送。夫を亡くした女性が、夫の先妻の子、その先妻の連れ子と生活する様子を描く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:橋田壽賀子
  • 演出:結城章介、細野英延
  • プロデューサー:早川恒夫

第3シリーズ[編集]

1973年4月23日から11月26日まで放送。割烹旅館の女性が4人の血のつながらない子供と生活する様子を描いた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作・脚本:橋田壽賀子
  • 演出:結城章介、細野英延
  • プロデューサー:早川恒夫

第4シリーズ[編集]

1974年10月21日から1975年4月14日まで放送。実子と養女を育てる母親を描いた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:橋田壽賀子
  • 演出:細野英延
  • プロデューサー:早川恒夫
  • 主題歌:「白い寫眞館」(歌:中村雅俊、作詞:伊藤アキラ、作曲:クニ河内
日本テレビ 月曜21時台(月曜スター劇場
前番組 番組名 次番組
-
つくし誰の子(第1シリーズ)
日本テレビ系 月曜21時台(月曜スター劇場)
あの橋の畔で
つくし誰の子(第2シリーズ)
日本テレビ系 月曜21:55 - 21:56枠
(1972.06.12 - 09.25)
あの橋の畔で
※21:00 - 21:56
つくし誰の子(第2シリーズ)
【1分縮小して継続】
NNNニューススポット
【1分拡大して継続】
※21:55 - 22:00
(系列局により別番組)
日本テレビ系 月曜21時台(月曜スター劇場)
冬物語
つくし誰の子(第3シリーズ)
たんぽぽ(第1シリーズ)
日本テレビ系 月曜21時台(月曜スター劇場)
つくし誰の子(第4シリーズ)
たんぽぽ(第2シリーズ)