つくし (フェリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つくし
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 阪九フェリー[1]
運用者 阪九フェリー[1]
建造所 三菱重工業下関造船所[1]
母港 神戸港
姉妹船 やまと[1]
航行区域 限定沿海[1]
船級 JG[1]
信号符字 JJ4050
IMO番号 9263162
MMSI番号 431301679
経歴
起工 2002年12月6日[1]
進水 2003年2月20日[1]
竣工 2003年
就航 2003年6月12日
現況 就航中
要目
総トン数 13,353 トン[1]
載貨重量 6,457 トン[1]
全長 195.0 m[1]
垂線間長 180.0 m[1]
全幅 26.4 m[1]
喫水 6.87 m[1]
満載喫水 6.7 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 Wartsila 16V-38B×2 [1]
推進器 可変ピッチプロペラ 2軸[1]
出力 27,400 PS
最大速力 26.04ノット[1]
航海速力 23.5ノット[1]
航続距離 4,000海里[1]
旅客定員 667名[1]
乗組員 33名[1]
車両搭載数 トラック229台、乗用車138台[1]
テンプレートを表示

つくしは、阪九フェリーが運航しているフェリー

概要[編集]

ニューはりまニューせとの代船として三菱重工業下関造船所で建造され、2003年6月12日に「ニューせと」と交代で神戸 - 新門司航路に就航した。

2020年夏ごろに就航する「せっつ」型新造船第2船の導入後は、脱硫装置を取り付けた上で同年秋より貨物需要の高い泉大津 - 新門司航路に転配され週2往復の増便分を受け持つ予定[2]

船内[編集]

船室[編集]

船室タイプ一覧
クラス 部屋数 設備
特等室 2名×4室 バス・トイレ・テレビ付
1等洋室 2名×32室 テレビ付、身体障害者専用室・レディース禁煙室の設定あり
1等和室 3名×12室 テレビ付
2等指定A 1名×36室 テレビ付
2等指定B 4名×30室 テレビ付、2段ベッド、レディース禁煙室の設定あり
1名×20室
2等室 15室 レディース禁煙室の設定あり

船内設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • エントランスロビー
  • プロムナード
  • キッズルーム
  • リラックスルーム

供食・物販設備

  • 売店
  • レストラン

娯楽設備

  • カラオケルーム
  • ゲームコーナー

入浴設備

  • 展望浴室
  • シャワールーム

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]