つくばゴールデンチャレンジカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つくばゴールデンチャレンジカップは、全国のクラブ野球チームと茨城ゴールデンゴールズが対戦する大会である。第1回の正式名称は「つくばゴールデンチャレンジ 水戸信金カップ」。

主催等[編集]

概要[編集]

この大会は得点は競わず、パフォーマンス・プレー内容を報道陣・観客らが100点満点で採点する試合形式である。年間の優勝チームはランキングにより決める。YBCフェニーズ千葉熱血MAKINGなどの5チームが参戦を表明している。初戦の茨城ゴールデンゴールズ - 一球幸魂倶楽部(旧埼玉硬式野球倶楽部)戦は2006年4月29日茨城県つくば市(旧桜村地区)のさくら運動公園野球場(つくば市桜庁舎前)で開かれる。2006年11月12日まで全15試合を同球場にて行う。

沿革[編集]

  • 2006年2月 日本野球連盟理事会において、特定非営利活動法人茨城ゴールデンゴールズ理事長の萩本欽一から、有料試合の「ゴールデンチャレンジカップ」開催につき申請がなされた。理事会においては試合の形式等を勘案するとして、その場では結論が出されなかった。
  • 2006年4月5日 日本野球連盟の了承が得られ、萩本欽一が、全国のクラブ野球チームと茨城ゴールデンゴールズが対戦する「つくばゴールデンチャレンジカップ」を開催すると表明。

試合日程[編集]

(すべて2006年)

関連項目[編集]