つみきみほ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つみき みほ
本名 森 みほ(結婚後)
富山 みほ(出生名)
生年月日 (1971-04-13) 1971年4月13日(48歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
血液型 O型
職業 女優
活動期間 1985年 -
配偶者 森博之 (舞台俳優)
事務所 マッシュ
公式サイト 有限会社マッシュ
主な作品
テレビドラマ
かりん
映画
花のあすか組!
櫻の園
テンプレートを表示

つみき みほ1971年4月13日 - )は、日本女優である。所属事務所は有限会社マッシュ千葉県市川市出身。東京都立代々木高等学校卒業。

人物・来歴[編集]

中学校在学中の1985年昭和60年)に、オーディション『The Audition '85 -吉川晃司主演映画 第3弾ヒロイン募集』で10万人の中からグランプリに選出され、1986年4月に映画 『テイク・イット・イージー』でデビューした。その後も女優として、映画テレビドラマのほか、舞台でも活躍している。左利き

芸能事務所は渡辺プロダクションに所属したのちに、セブンスエンタープライズ、クロスロードを経て、有限会社マッシュへ移籍した。

1996年平成8年)4月14日に舞台俳優の森博之と結婚し、5月22日に生放送番組『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」にゲスト出演した際に、司会のタモリに語る形で公表した。つみきが森の両親に「息子さんを下さい」とプロポーズした。2児の母親で、夫の仕事に伴い石川県に居住していたが娘の独立を機に単身上京し、2019年に離婚した[1]

小説家の早見慎司は、著書『少女ヒーロー読本』で「最強のジャンル女優つみきみほ」の一章を割いてつみきについて論じ、デビュー以前から彼女をイメージした『夏街道』などの小説「水淵季里」シリーズを書き続け、小説家を志すきっかけになるなどの影響を受けた[2]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

MV[編集]

音楽作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 備考
1st 1987年6月21日 森へ帰ろう
  1. 森へ帰ろう
  2. CASTLE ON A CLOUD
    • 作詞:Herbert Kretzmer/作曲:Claude-Michel Schonberg/編曲:松本晃彦
※「CASTLE ON A CLOUD」はミュージカル『レ・ミゼラブル』より。
2nd 1987年6月21日 少年
  1. 少年
3rd 1988年7月21日 時代よ変われ
  1. 時代よ変われ
  2. サヨナラのあくる日
※「時代よ変われ」はコンピレーション・アルバム『イエローマジック歌謡曲』にも収録された。
4th 1989年5月21日 君はララバイ
  1. 君はララバイ
    • 作詞:森本抄夜子/作曲:八田雅弘/編曲:清水信之
  2. 星の人
    • 作詞・作曲:中川進/編曲:松本晃彦
※「星の人」はアルバム『つみきみほ』からのリカット。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 備考
1st 1988年8月21日 つみきみほ
BEST 2003年1月16日 Myこれ!クション つみきみほ BEST ポニーキャニオン企画の「Myこれ!クション」シリーズの1枚として発売。

その他[編集]

1989年に渋谷TAKE OFF 7他で行われたライブにて「風をあつめて」(はっぴいえんど)、「電気とミント」(PSY・S)のカバー、つみきみほ自身の作詞によるオリジナル楽曲5曲(「悲しみのビーズ」「金髪男の話」他タイトル不明)が披露[5]されたが現在これらの楽曲は未発売である。

脚注[編集]

  1. ^ 女優・つみきみほ「実は、昨年離婚しました」生放送で結婚発表、“逆プロポーズ”も振り返る テレ朝POST 2020年1月21日
  2. ^ 早見慎司『少女ヒーロー読本』原書房、2015年、ISBN 978-4-562-05133-5、pp.316-365。
  3. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004144
  4. ^ a b つみきみほのTV出演情報”. ORICON STYLE. 2016年10月31日閲覧。
  5. ^ CBS・ソニー出版『TYO』VOL.18より