つるばむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つるばむ
つるの剛士スタジオ・アルバム
リリース
録音 2010年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 浅見真人
チャート最高順位
つるの剛士 年表
つるのおと
2009年
つるばむ
(2010年)
ちゅるのうた
2011年
テンプレートを表示

つるばむ』は、つるの剛士の3枚目のアルバムで、初のオリジナルアルバムである。2010年10月20日ポニーキャニオンから発売された。

3rdシングルシュガーバイン/Two weeks to death」(アルバム未収録)と同日発売である。

概要[編集]

2009年4月にカバーアルバム『つるのうた』でソロデビューしたつるの剛士の、初のオリジナルアルバム。アルバムタイトルは「つるの剛士の元気が出る、泣ける、感動する……1stオリジナルアルバム」の略[1]

カバーを歌うことで日本の音楽への理解が深まったこと、いろいろなアーティストと関わりが持てたことなどから、「本当だったらオリジナルとカバーを出す順番が逆だと思うけど、この順番は大正解だった」と語っている[2]。収録候補曲は50曲を超え、「アコギ1本で歌えるもの」を基準に選曲された[3]。カバーアルバムで多く披露したバラードのほか、自身が(羞恥心としてのCDデビュー)以前からやってきたロックの部分を出した「カタログ的なアルバム」を自負している[4]

シングル「メダリスト」を含めて計4曲の作詞をしている。「メダリスト」「正直者」「伝えたいこと」は[5]、「バンドサウンドだったり、応援歌となると自分の言葉でないと歌えなくて」と、出来上がっていた歌詞に対し自ら書き直しを懇願した[4]

CD onlyとCD+DVDの2種形態での発売で、ジャケット写真の仕様は異なる。ジャケット・ブックレットグラフィックに使われているモンキーは私物である[6]

収録曲[編集]

  1. メダリスト
    2ndシングル。
    フジテレビ系『柔道世界選手権2010 東京』テーマソング。
  2. 正直者
    • 作詞:つるの剛士 / 松原さらり、作曲:南田健吾、編曲:井出泰彰 / 南田健吾
    新学社「全家研ポピー」CMソング。
  3. ありのまま
    • 作詞・作曲:O-live、編曲:tasuku
  4. Love Letter
    1stシングル(両A面)。
    岸谷がエレクトリック・シタールの演奏で参加。
  5. 会いたくて
    • 作詞:yoko、作曲:KEN for 2 SOUL MUSIC Inc.、編曲:2 SOUL for 2 SOUL MUSIC Inc.
  6. 夏のわすれもの feat. 東京スカパラダイスオーケストラ
    1stシングル(両A面)。
    日本テレビ系『スッキリ!!』6月テーマソング。
    レコチョク』CMソング。
  7. はやぶさ
    • 作詞:つるの剛士、作曲:山田竜平、編曲:鈴木Daichi秀行
    テレビ朝日系『やじうまテレビ!』テーマソング。
    小惑星探査機はやぶさのニュースを見て歌にしたいと思い、歌詞を一日で書き上げた[2]
  8. 伝えたいこと
    • 作詞:つるの剛士 / 山田竜平、作曲:山田竜平、編曲:tasuku
  9. オレンジ
    杉山のバンド・JIGSOULの作品として発表されていた楽曲。
  10. オメデトウ feat. KOHEI JAPAN
    自身がナレーションを担当する映画『うまれる』(2010年11月6日公開)の主題歌。同作のサウンドトラック『映画「うまれる」サウンドトラック』にも収録[7]
  11. 大きな夢 小さな声
    • 作詞・作曲・編曲:KAN
    KANは管弦楽団の指揮、チェレスタの演奏でも参加[4][8]ピアノ塩谷哲
  12. 新しい明日へ
    • 作詞:遠藤幸三、作曲・編曲:真崎修
    2ndシングルカップリング。
    日本テレビ系『TheサンデーNEXT』エンディングテーマ。
  13. 死ぬまで夢を見る男

DVD[編集]

  • つるロックフェス2010ダイジェスト映像
2010年8月11日に逗子マリーナで行われたつるの主催の音楽イベント『つるロックフェスティバル2010』の映像。アルバムにも参加している東京スカパラダイスオーケストラ、KOHEI JAPANのほか、THE BOOMなどが出演。フェス出演者全員で披露した「風になりたい」などが収録されている。
  • 「シュガーバイン」特別映像
シュガーバイン」レコーディング風景映像(ワンコーラス分の長さ)。the pillowsが出演。

脚注[編集]

  1. ^ “マルチな才能を発揮する、つるの剛士の本業とは?”. Webオリ★スタ. (2010年10月26日). オリジナル2016年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304190844/http://onlystar.oricon.co.jp/news/music/322/ 
  2. ^ a b 有名人が語る男前の条件「つるの剛士」. INLIFE.
  3. ^ “つるの剛士 『つるばむ』、『シュガーバイン/Two weeks to death』”. TOWER RECORDS ONLINE. (2010年10月20日). http://tower.jp/article/interview/2010/10/20/70893 
  4. ^ a b c “つるの剛士、『“夢”がいっぱい詰まった、初のオリジナルアルバムが完成!』”. ORICON STYLE. (2010年10月20日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/2010/turuno1020/index.html 
  5. ^ 「正直者」と「伝えたいこと」は別の作詞家との連名。「メダリスト」はつるの単体の名義であり、元の作詞者については明言されていない。
  6. ^ “『つるばむ』”. つるの剛士オフィシャルブログ つるたけ日記. (2010年9月22日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/1490 
  7. ^ 映画「うまれる」 - 商品
  8. ^ “【金曜コラム #280】『手荷物検査場Fを通過した正面』”. KAN オフィシャルウェブサイト. (2010年9月24日). http://www.kimurakan.com/column/cbn280.php