てるづき (護衛艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
てるづき
Teruzuki (DD-116), Sawayuki (DD-125) en Asuka (ASE-6102) aan de Yoshikura Pier, -2 Jun. 2013 b.jpg
横須賀・吉倉桟橋に係留中の「てるづき」
基本情報
建造所 三菱重工業 長崎造船所
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 あきづき型
建造費 690億円
母港 横須賀
所属 第2護衛隊群第6護衛隊
艦歴
計画 平成20年度計画
発注 2008年
起工 2010年6月2日
進水 2011年9月15日
竣工 2013年3月7日
要目
排水量 基準 5,050トン
満載 6,800トン
全長 150.5m
最大幅 18.3m
深さ 10.9m
吃水 5.4m
機関 COGAG方式
主機 SM1Cガスタービンエンジン × 4基
出力 64,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大30kt
乗員 約200名
兵装 Mk.45 62口径5インチ単装砲 × 1基
高性能20ミリ機関砲CIWS) × 2基
90式SSM 4連装発射筒 × 2基
Mk.41 Mod29 VLS (32セル)
HOS-303 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60K 哨戒ヘリコプター ×1/2機
C4ISTAR MOFシステムSUPERBIRD B2)
海軍戦術情報システム
OYQ-11 ACDSリンク 11/14/16
FCS-3A FCS
レーダー FCS-3A 多機能レーダー × 1基
OPS-20C 対水上レーダー × 1基
ソナー OQQ-22 統合ソナー・システム
電子戦
対抗手段
NOLQ-3D 統合電子戦システム
Mk.137 6連装デコイ発射機 × 4基
その他 曳航具4型 対魚雷デコイ
投射型静止式ジャマー (FAJ) 4連装発射機 × 1基
自走式デコイ (MOD) 4連装発射機 × 1基
テンプレートを表示
「てるづき」(手前)と「キッド
「てるづき」に着艦するヘリコプター(「キッド」艦載機)

てるづきローマ字JS Teruzuki, DD-116)は、海上自衛隊護衛艦あきづき型護衛艦 (2代)の2番艦。艦名「てるづき」は、「照りかがやく月」に由来し、旧海軍秋月型駆逐艦2番艦「照月」や海上自衛隊の護衛艦隊初代旗艦を務めた護衛艦「てるづき」など伝統ある名称であり知名度が高いことから選定された[1]。なお、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては3代目に当たる。

艦歴[編集]

「てるづき」は、中期防衛力整備計画に基づき平成20年度計画5,000トン型護衛艦2245号艦として、三菱重工業長崎造船所で2010年6月2日に起工され、2011年9月15日に命名・進水、2012年7月28日に公試開始、2013年3月7日に就役し、第2護衛隊群第6護衛隊に編入され、横須賀に配備された。

2014年9月20日から12月14日までの間、米国サンディエゴ周辺海域で実施される多国間共同訓練TGEX KOA KAI EASTに参加した[2]

2017年3月11日第27次派遣海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖・アデン湾に向けて横須賀基地から出航した[3]。 その進出途上の3月21日から26日にかけてマレーシア海軍主催国際観艦式及びマレーシア海軍主催多国間海上演習に参加し[4]、任務終了後の帰国途上の9月11日にはインド洋インド海軍[5]、同月18日にはタイ海軍[6]共同訓練を行い、10月1日に帰国した[7]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
  林田嘉信 2011.9.15 - 2013.3.6 防大27期 ゆうだち艦長 てるづき艦長
 艦長
1 林田嘉信 2013.3.7 - 2014.3.23 防大27期 てるづき艤装員長 舞鶴地方総監部監察官   
2 宮路貴幸 2014.3.24 - 2016.2.28 防大33期 いかづち艦長
3 橋本聖一 2016.2.29 - やまぎり艦長

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]