てんこう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
てんこう
所属 九州工業大学
主製造業者 九州工業大学
公式ページ てんこう
状態 運用中
目的 地球低軌道環境の観測と情報の即時公開
先進材料の宇宙環境劣化観測
打上げ機 H-IIAロケット40号機
打上げ日時 2018年10月29日13時08分00秒[1]
物理的特長
本体寸法 H465×W500×D500㎜
質量 22.3㎏
軌道要素
周回対象 太陽
軌道 太陽同期軌道
搭載機器

地球低軌道環境観測衛星てんこうは、九州工業大学の学生が開発した人工衛星2018年10月29日H-IIAロケット40号機によって打ち上げられた。大分県航空機産業参入研究会に加入している大分県内中小企業4社が共同制作した。高度600km付近でコンピューターに誤作動を引き起こす宇宙線の観測などを行う。

概要[編集]

直径約50cmの14面体の形状をした重さ約23kgの超小型衛星[2]

九州工業大学がJAXAから採択され、4社とともに制作を行った。2017年7月にプロジェクトが始まり、1年間かけて完成させた[3]

出典[編集]