てんそう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
てんそう
性別 女性
身長 173cm
スリーサイズ B83 W58 H81
基礎霊力 440漬け物石
好きな下着 男物のトランクスを時々はいている
趣味 絵画(鑑賞するのも、書くのも)
誕生日 5月13日
年齢 200歳とちょっと
序列 6位
指輪 左手親指
担当声優 小林晃子

てんそうは、ライトノベル漫画アニメ作品『いぬかみっ!』に登場する架空の人物である。

人物[編集]

血液型はAB型。川平薫の犬神。ファッションモデルのような高い身長と目が隠れるほどの長い前髪が特徴。画家であり、絵はプロ級の腕前。似顔絵を描くのに1分とかからない早業を持ち、全ての作品はモデルの好みに従ったデザインである。また、いぐさとは同人誌製作に協力する事が多いようで、いぐさの趣味に共感する等、やや腐女子の気がある。

無口な芸術家志向で、何を考えているのか良くわからず発言はほとんど抑揚の無い一言ですまし、天井をぼーっと見ていることが多いために薫の犬神の中でも特に コミュニケーション不全と名高い(しかし、赤道斎とは気が合うらしい)。大抵の物事には動じない性格だが、両の瞳を直に見られるのだけは強烈に恥ずかしがる。前髪を上げた時のてんそうは、薫の犬神の中でもトップクラスといっていいほどの美少女である(前髪を上げている絵は11巻表紙、同巻内の挿絵、最終巻の見開き絵などで確認できる)。

ごきょうやフラノとよく一緒に行動しており、二人同様、薫以前にも何人かの主人に仕えていた事があり、仕えた主人の似顔絵を大切に持っているらしい。

登場当初、電撃hp版と文庫小説版でキャラクターデザインが違っていた。現在は若月の初稿デザインに近かった文庫小説版のキャラクターデザインが正式のものとなっており、アニメ版などの他メディア作品でもそれが踏襲されている。

劇中の活躍[編集]

第1部[編集]

名前が出されて本格的に登場するのは、6巻以降である。薫の犬神達の中では基本的に穏健派。

川平啓太とコミュニケーションを初めてとったのは、序列争いの時である。啓太に気に入ってもらうべく、出来るだけ望みのままに、美化120%の方針で啓太の似顔絵を描き、啓太から好評価を得ている。

また、続いて啓太と留吉とタヌキと河童の描かれている絵も制作しており、タイトル名は「人と動物の絆」というものである。

その後、序列争いを決める内容が「薫の寝室を探す」に変わってからは、ごきょうやフラノの二人で薫の寝室を探し当ててしまい、そこに眠っていた川平カオルの氷塊を発見してしまった。ただし、ごきょうやの方針で、この件については見なかった事にしようという事で、誰にも話す事は無かった。

また、啓太が川平宗太郎に似てきていると思っている。

第2部[編集]

当初は、いぐさと共に啓太総受けの新作夏コミを4冊分製作していたが、薫捜索の事もあって断念する。

啓太達のいる日本には、フラノに次いで二番目に帰ってきており、その際に、薫の捜索について大きく関係しているという四体の精霊の内、『大樹の精霊』を連れてきている。

素肌や下着を晒されても、常識的に恥ずかしい衣装やポーズを取らされても、さらには官能小説を周囲の前で朗読しても一向に平気であったのだが(逆に、啓太のトラウマスイッチが入ってしまった)、啓太に間近で前髪で隠していた両目を見られてしまった際には、一変して恥らっている。

ごきょうやの話によれば、割と鋭い面があるらしく、なでしこの話した四体の精霊についても割と深い所まで、気付いていたかもしれないとの事である。