できたて厨房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

できたて厨房(できたてちゅうぼう)とは、ローソン北海道及び東北地区に設置されている「うどんそば」の販売および提供を行う店舗である[1]

概要[編集]

2000年代中盤から「さぬきうどんローソン」・「うどんローソン」を北海道及び関西の郊外店で展開しており[2][3][4]、これが前身となっているが、当時の調度品に比べて本格的なつくりになっているところも多く見られる。既存の店舗に併設されており、厨房とイートインスペースと呼ばれるテーブル等を備え付けた喫食スペースが設けられている[2]。客は入口若しくは喫食スペース近くにある商品名カードを抜き取ってレジに提示し料金を支払い、商品を購入する。そのまま喫食スペースで食事を行うか、若しくは持ち帰り用容器を利用し持ち帰ることが可能である。店舗内の調理スペースで店員によって調理されており[1]、あらかじめ冷凍されているうどんやそばはレンジ・お湯による解凍及び加熱、カレーや丼物はパッケージされたものをお湯で加熱して提供する。揚げ物は店舗備え付けのフライヤーで調理し盛りつけられる。厨房には「だしロボ」と呼ばれる装置が備え付けられており、ボタンを押すだけで「うどんの出汁」「そばの出汁」がどんぶりに注がれるようになっている。ホームページはない。また、うどんと手作りおにぎりの販売店舗であっても「できたて厨房」の名称を使わない店舗もある。

メニュー[編集]

その他麺類のメニューや丼物は季節や店舗により違いがあり、基本メニューはうどんとそばとカレーの3種類。カレー(うどん・そば)のように、丼物の具をトッピングしたメニューも存在する。

サイドメニュー・オプション[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]