とおとうみ浜松オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Golf pictogram.svgみんなでつくるゴルフトーナメント
とおとうみ浜松オープン
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2011年
開催地 静岡県
開催コース グランディ浜名湖ゴルフクラブ
基準打数 Par72
ヤーデージ 7054Yards(2012年)
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 1億円
開催月 5月
廃止 2012年
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 268 日本の旗 小林正則(2011年)
通算スコア -20 日本の旗 小林正則(2011年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
アメリカ合衆国の旗 J・チョイ(2012年)
テンプレートを表示

みんなでつくるゴルフトーナメント とおとうみ浜松オープン( - はままつ - )は2011年2012年に行われていた日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメントで、静岡県浜松市西区にあるグランディ浜名湖ゴルフクラブ(リゾートトラスト運営)を舞台にして開催されていた。

概要[編集]

2011年に浜松市が市制施行100周年を迎えるにあたり、これを記念した大会となっている[1]

この大会は「みんなでつくるゴルフトーナメント」を合言葉に、メインスポンサーを持たず、ゴルフトーナメントとしては珍しい「地産地消」をコンセプトとした大会運営を行なうとしており、運営資金のほとんどをチケット収入から得ている[2]。前売りチケットには「ウェルカムパーティー参加権」「プロアマ競技への参加権が当たる抽選券付き」といった特典がついていた[3]。また会場の運営にはボランティアを募ることとしていた[4]

しかしこれが結果的に仇となってしまったほか、更にスポンサー企業の撤退なども影響し2012年大会をもって打ち切られることとなった[5]

2012年実績、賞金総額1億円、優勝賞金2000万円。

歴代優勝者[編集]

回数 開催年 優勝者名 スコア 開催コース 備考
第1回 2011年 日本の旗 小林正則 -20 グランディ浜名湖ゴルフクラブ 石川遼とのプレーオフを制す
第2回 2012年 アメリカ合衆国の旗 J・チョイ -16

テレビ放送[編集]

BSデジタル放送BS-TBSが、全4日間、各日5時間にわたる大規模な生中継を行った[6]。一方で地上波での中継は行われなかった。2012年は唯一地上波中継のない国内男子ツアーの大会となった[7]

脚注[編集]

  1. ^ 日本初!地域・市民参加型ゴルフトーナメント「とおとうみ浜松オープン」 Archived 2011年5月22日, at the Wayback Machine. - 浜松市シティプロモーション情報サイト「浜松の元気」
  2. ^ 「とおとうみ浜松オープン」の開催まであと100日、歴史の新たな幕があく![リンク切れ] - JGTO公式サイト
  3. ^ ご当地のプロの宮本勝昌が「初代チャンピオンを目指す」 - JGTO公式サイト
  4. ^ 大会コンセプト - 大会公式サイト
  5. ^ 男子ツアー「とおとうみ浜松オープン」来季は打ち切り - スポニチアネックス(2012年11月20日) ※2012年12月7日閲覧。
  6. ^ BS-TBS とおとうみ浜松オープン
  7. ^ 地上波中継がローカル放送となる大会は「長嶋茂雄招待セガサミー杯」(2010年まで。2011年から全国ネットに昇格)や「トーシンゴルフトーナメント」などがある。

関連項目[編集]